版元ドットコム

探せる、使える、本の情報

文芸 新書 社会一般 資格・試験 ビジネス スポーツ・健康 趣味・実用 ゲーム 芸能・タレント テレビ・映画化 芸術 哲学・宗教 歴史・地理 社会科学 教育 自然科学 医学 工業・工学 コンピュータ 語学・辞事典 学参 児童図書 ヤングアダルト 全集 文庫 コミック文庫 コミックス(欠番扱) コミックス(雑誌扱) コミックス(書籍) コミックス(廉価版) ムック 雑誌 増刊 別冊
鷹の台の黄昏 森 魚名(著) - 静人舎
.
【利用可】

書店員向け情報 HELP

書店注文情報

注文電話番号:
注文FAX番号:
注文メール:
注文サイト:

在庫ステータス

在庫あり

取引情報

取引取次:
トランスビュー     書店(直)
トランスビュー     八木     ト・日・他     書店
直接取引:あり
返品の考え方: 返品は承ります。

出版社への相談

店頭での販促・拡材・イベントのご相談がありましたらお気軽にご連絡ください。

鷹の台の黄昏 (タカノダイノタソガレ)

文芸
このエントリーをはてなブックマークに追加
発行:静人舎
四六判
縦188mm 横128mm 厚さ25mm
重さ 420g
448ページ
並製
定価 2,700円+税
ISBN
978-4-909299-23-9   COPY
ISBN 13
9784909299239   COPY
ISBN 10h
4-909299-23-8   COPY
ISBN 10
4909299238   COPY
出版者記号
909299   COPY
Cコード
C0093  
0:一般 0:単行本 93:日本文学、小説・物語
出版社在庫情報
在庫あり
初版年月日
2023年4月25日
書店発売日
登録日
2023年4月13日
最終更新日
2023年4月24日
このエントリーをはてなブックマークに追加

紹介

1970年代と80年代の東京を背景に、女性との関係を主軸に据え、主人公の知的遍歴、読書と研究の体験を重層的に織り交ぜた小説二篇。「聖処女讃歌」は吉行淳之介の『夕暮まで』を、「鷹の台の黄昏」は田山花袋の『蒲団』を彷彿とさせるものがあり、作者森魚名のダンディズム、「やさしさ」、廉直さがよく表れ、欲望を無理やり発動しない、積極的に対象と関わろうとしないナルシシズム、オナニズム、あるいは孤独なエゴイズムと表裏一体となった物語となっている。作中に「窃視」という言葉も自己言及的に使われているように、この2篇は自分史の体裁をとった「孤独な窃視者の夢想」でもある。

目次

鷹の台の黄昏
聖処女讃歌★ヴァージン・ブルース
自分史を仮構する・森魚名論(谷川渥)

前書きなど

●本書解説「自分史を仮構する・森魚名論」(谷川渥)より
 森魚名の魅力、そのダンディズム、「やさしさ」、正直さ、廉直さは、欲望を無理やり発動しない、積極的に対象と関わろうとしないナルシシズム、オナニズム、あるいは孤独なエゴイズムと表裏一体のものである。どこかに「窃視」という言葉も自己言及的に使われていたと思うが、ここに拙著のタイトルを援用させてもらうなら、自分史の体裁をとった本書を「孤独な窃視者の夢想」と呼びかえることもできそうである。
 いずれにせよ、「鷹の台の黄昏」の最後の一文こそ、安達史人=森魚名の実存の真骨頂を示していると言わねばならないだろう。「ただ、呼吸し、水割りを飲み、読書だけは終わることなく続き、追憶の感情の中で、ともかく〈生存〉を続けているだけなのであった」

著者プロフィール

森 魚名  (モリ ウオナ)  (

1943年生まれ
東京藝術大学美術学部芸術学科卒業
◉雑誌編集歴
「武蔵野美術」(武蔵野美術大学季刊誌)編集主幹
「游魚」(木の聲舎)編集・発行人
◉著書(研究書)
『神々の悲劇─ギリシア神話世界の光と闇』(北宋社)、『日本文化論の方法─異人と文学』、『漢民族とはだれか─古代中国と日本列島をめぐる民族・社会学的視点』(右文書院)、『東国武士政権――日記「玉葉」が伝えた鎌倉幕府の展開と、悲劇の武士たち』、『天皇学入門――われわれ日本人は、天皇をどう捉えてきたのか』(批評社)
◉著書(小説)
『偽装恋愛★ある痴人の告白』、『処女幻想譚★続・ある痴人の告白』(彩流社)
◉共著
『言葉空間の遠近法─安達史人インタビュー集』、『金石範《火山島》小説世界を語る!』(右文書院)、『大衆としての現在』、『吉本隆明ヴァリアント』(北宋社)

上記内容は本書刊行時のものです。