版元ドットコム

探せる、使える、本の情報

文芸 新書 社会一般 資格・試験 ビジネス スポーツ・健康 趣味・実用 ゲーム 芸能・タレント テレビ・映画化 芸術 哲学・宗教 歴史・地理 社会科学 教育 自然科学 医学 工業・工学 コンピュータ 語学・辞事典 学参 児童図書 ヤングアダルト 全集 文庫 コミック文庫 コミックス(欠番扱) コミックス(雑誌扱) コミックス(書籍) コミックス(廉価版) ムック 雑誌 増刊 別冊
中皮腫とともに生きる 大島寿美子(編) - 寿郎社
.
【利用可】

書店員向け情報 HELP

書店注文情報

注文電話番号:
注文FAX番号:
注文メール:
注文サイト:

在庫ステータス

在庫あり

取引情報

直接取引: あり
返品の考え方: 地方・小出版流通センターの了解が必要

出版社への相談

店頭での販促・拡材・イベントのご相談がありましたらお気軽にご連絡ください。

中皮腫とともに生きる (チュウヒシュ ト トモニ イキル) 希少・難治性がん患者と家族の26の「ものがたり」 (キショウナンジセイガンカンジャトカゾクノニジュウロクノモノガタリ)

このエントリーをはてなブックマークに追加
発行:寿郎社
四六判
縦188mm 横127mm 厚さ18mm
重さ 290g
232ページ
並製
価格 2,000円+税
ISBN
978-4-909281-42-5   COPY
ISBN 13
9784909281425   COPY
ISBN 10h
4-909281-42-8   COPY
ISBN 10
4909281428   COPY
出版者記号
909281   COPY
Cコード
C0047  
0:一般 0:単行本 47:医学・歯学・薬学
出版社在庫情報
在庫あり
初版年月日
2022年7月15日
書店発売日
登録日
2022年6月22日
最終更新日
2022年10月19日
このエントリーをはてなブックマークに追加

紹介

病いによってどう生活が変わり、どんな困難に直面するのか?
2人に1人ががんになり、3人に1人ががんで亡くなる時代。本書は5年生存率が一割程度という希少・難治性がんである中皮腫になった人々の体験的知識を伝達する本です。26人の患者・家族の「ものがたり」が、いま、困難に直面している人に《前に進む力》をもたらします。

目次

はじめに――希少・難治性がん患者と家族の26の「ものがたり」
Ⅰ 中皮腫と診断されて
1 保育士の仕事と治療の両立……鹿川真弓(沖縄県)
2 子どもたちの前では絶対に泣かない……Y・O(静岡県)
3 サポートされる側とする側の両方を経験して……原修子(埼玉県)
4 中皮腫の仲間たちとともに……右田孝雄(大阪府)
5 家族の励ましと社員の頑張りに支えられて……平田勝久(岐阜県)
6 がんはハンデじゃない……田中奏実(北海道)
7 中皮腫になって得られた出会いと経験……舘山亮(北海道)
8 医師として働き、患者として助けられて……中島喜章(新潟県)
9 功を奏したセカンドオピニオン……山中伸治(東京都)
10 この素晴らしい日々が長く続くように……尾上一郎(兵庫県)
11 自分が納得できる人生を送れたら……黒木公明(山口県)
12 「今はあかん」と誓って生き延びた……田村勝也(大阪府)
Ⅱ 家族としての思い
13 無理せず、のらりくらりといきましょう……黒田しげみ(埼玉県)
14 患者としてのがん体験から娘としてのがん体験へ……浅原和香子(大阪府)
15 四人の子を残して何も言わずに逝った夫……小菅千恵子(埼玉県)
16 祈るような思いで寄り添い続けた二年間……後藤里美(愛知県)
17 悔いの残らない看病ができた……栗田悦子(群馬県)
18 母の死を語ったときにようやく涙がこぼれた……松島恵一(埼玉県)
19 本当の娘のように看病して……松島和枝(埼玉県)
20 夫の死から三五年後の公務災害申請……後藤雅子(大阪府)
21 ヤンチャな笑顔を守りたくて……福田靖美(兵庫県)
22 一人にしないで、一緒に連れていって……有賀忍(東京都)
23 互いへの思いを伝え合って最期を迎えられた……影山小百合(静岡県)
24 変化していった夫婦の関係……尾上貴美子(大阪府)
25 父の最期を看取って……山田哲也(大阪府)
26 無我夢中でサポートして寄り添った日々……内田優子(大阪府)
Ⅲ 中皮腫の仲間をサポートし続ける……右田孝雄×大島寿美子
おわりに――気持ちの分かち合いと体験的知識の伝達

前書きなど

2005年、「中皮腫」という言葉を多くの人がメディアを通して知ることになりました。アスベスト(石綿)を取り扱う工場の従業員や家族、近くの住民に中皮腫や肺がんなど深刻な健康被害が出ていることがわかったのです。中皮腫とは、内臓を覆う膜の表面にある「中皮」と呼ばれる細胞から発生する悪性のがんで、アスベストを吸い込むことで発症します。しかし潜伏期間が40年にも及ぶことがあり、患者はある日突然「中皮腫」といわれ戸惑います。本書の執筆者は全国の中皮腫患者と家族・遺族の26人です。現在闘病中の人も、長期生存を果たしている人も、病気の家族を支えている人も、家族を見送った人もいます。医学的な情報は病院や資料から得られますが、病いによって生活がどう変わり、どのような困難に直面し、どう対処するのか、どんな気持ちになるのかは当事者の言葉でなければ分かりません。〔はじめにより〕

版元から一言

ある日突然、難治性がんと診断された人々。その患者本人と家族たちが、闘病生活の苦しみ、悲しみ、喜びを「等身大のことば」で綴ったがん体験記。苦しんでいるのは自分一人ではない――ということが分かる本です。

著者プロフィール

大島寿美子  (オオシマスミコ)  (

1964年東京生まれ。千葉大学大学院理学研究科修了。北海道大学医学研究科修了(医学博士)。共同通信、ジャパンタイムズ記者を経て、現在、北星学園大学文学部心理・応用コミュニケーション学科教授。NPO法人キャンサーサポート北海道理事長。
著書に『がんの「語り」――語り手の養成から学校・医療・企業への派遣まで』(共著、寿郎社)、『「絆」を築くケア技法 ユマニチュード――人のケアから関係性のケアへ』(誠文堂新光社)、
『アスベスト禍はなぜ広がったのか――日本の石綿産業の歴史と国の関与』(共著、日本評論社)、
編書に『北海道でがんとともに生きる』(寿郎社)などがある。

上記内容は本書刊行時のものです。