版元ドットコム

探せる、使える、本の情報

文芸 新書 社会一般 資格・試験 ビジネス スポーツ・健康 趣味・実用 ゲーム 芸能・タレント テレビ・映画化 芸術 哲学・宗教 歴史・地理 社会科学 教育 自然科学 医学 工業・工学 コンピュータ 語学・辞事典 学参 児童図書 ヤングアダルト 全集 文庫 コミック文庫 コミックス(欠番扱) コミックス(雑誌扱) コミックス(書籍) コミックス(廉価版) ムック 雑誌 増刊 別冊 ラノベ
だれも「おかしい」と言わない小学校〈超管理教育〉の実態 平山裕人(著/文) - 寿郎社
.

だれも「おかしい」と言わない小学校〈超管理教育〉の実態

発行:寿郎社
四六判
228ページ
並製
価格 1,800円+税
ISBN
978-4-909281-28-9
Cコード
C0037
一般 単行本 教育
出版社在庫情報
在庫あり
初版年月日
2020年4月30日
書店発売日
登録日
2020年4月13日
最終更新日
2020年5月21日
このエントリーをはてなブックマークに追加

紹介

安倍政権下での“上意下達”の〈超管理教育〉の危うさを訴えるとともに〈学び〉の本質をさまざまな角度から掘り下げた、教師・保護者必読の書。

「これおかしくないですか?」
●職員会議が、管理職からの指示をパソコンで伝える場となっている。
●ほとんどの小学校教諭が「英語」を教える免許を持っていないのに、英語の授業をさせられている。
●授業時間が詰まり過ぎていて、子どもたちは給食を15分で食べなければならない。
●教員の仕事量は年々増え続けているのに、「働き方改革」で「残業するな」と管理職から言われる。そのために教員はみな家に仕事を持ち帰っている。
……他。

目次

第一章 四〇年で小学校教育はこんなに変わった
第二章 知られざる小学校の行事と驚きの教育内容
第三章 日本の教育史から「学び」を考える
第四章 ブラック化する現代教育
第五章 保護者に知っておいてもらいたいこと

前書きなど

日々「学力学力」と追い立てられ、テストの点数を上げることだけが求められる小学校の教育現場。教員も親も「何かが変だ」と思いながらも「何がどう変なのか」がわからないまま親は子どもを学校に通わせ、教員は上からの指示に従って一元的に子どもたちを管理・指導させられます。
そこに本来の教育はありません。現在の小学校はまるで規格(学力)の揃ったモノを作る工場のようです。……

著者プロフィール

平山裕人  (ヒラヤマヒロト)  (著/文

1958年、北海道小樽市生まれ。北海道教育大学卒。1981年から小学校教員となり、北海道内の小学校数校に勤務したのち、2019年に“平教員”のまま定年退職。現在、小樽市の自宅でひっそりと私塾を経営。『シャクシャインの戦い』(寿郎社)、『アイヌ地域史資料集』『ワークブック アイヌ・北方領土学習にチャレンジ』『アイヌ語古語辞典』『アイヌの歴史――日本の先住民族を理解するための160語』(以上、明石書店)など著書多数。

上記内容は本書刊行時のものです。