版元ドットコム

探せる、使える、本の情報

文芸 新書 社会一般 資格・試験 ビジネス スポーツ・健康 趣味・実用 ゲーム 芸能・タレント テレビ・映画化 芸術 哲学・宗教 歴史・地理 社会科学 教育 自然科学 医学 工業・工学 コンピュータ 語学・辞事典 学参 児童図書 ヤングアダルト 全集 文庫 コミック文庫 コミックス(欠番扱) コミックス(雑誌扱) コミックス(書籍) コミックス(廉価版) ムック 雑誌 増刊 別冊 ラノベ
日本の歩みを強く危惧する  - 寿郎社
.

日本の歩みを強く危惧する 93歳の原爆体験者からの訴え

発行:寿郎社
四六判
並製
価格 1,500円+税
ISBN
978-4-909281-17-3
Cコード
C0036
一般 単行本 社会
出版社在庫情報
在庫あり
初版年月日
2019年9月10日
書店発売日
登録日
2019年8月27日
最終更新日
2019年9月12日
このエントリーをはてなブックマークに追加

紹介

<憎悪>ではなく<和解>のために

明治以来、日本はアジアの近隣諸国に多大な加害を及ぼしながら、戦後、その責任の取り方が極めて不十分であった。そのため<和解>が未だできずにいる。特に安倍政権は過去を正当化し、米国の軍事力への依存を強め、近隣諸国との<対立>を激化させている。
今、日本はどのような道を進むべきなのか――。
広島で被爆し、肌で十五年戦争を知る最後の世代からの全身全霊のメッセージ。

上記内容は本書刊行時のものです。