版元ドットコム

探せる、使える、本の情報

文芸 新書 社会一般 資格・試験 ビジネス スポーツ・健康 趣味・実用 ゲーム 芸能・タレント テレビ・映画化 芸術 哲学・宗教 歴史・地理 社会科学 教育 自然科学 医学 工業・工学 コンピュータ 語学・辞事典 学参 児童図書 ヤングアダルト 全集 文庫 コミック文庫 コミックス(欠番扱) コミックス(雑誌扱) コミックス(書籍) コミックス(廉価版) ムック 雑誌 増刊 別冊 ラノベ
鳥は飛ぶのが楽しいか チャン・ガンミョン(著/文) - 堀之内出版
.
詳細画像 0

書店員向け情報 HELP

書店注文情報

注文電話番号:
注文FAX番号:
注文メール:
注文サイト:

在庫ステータス

在庫あり

取引情報

取引取次: 鍬谷|トランスビュー
直接取引: なし
返品の考え方: 常時返品可。

出版社への相談

店頭での販促・拡材・イベントのご相談がありましたらお気軽にご連絡ください。
9784909237552

鳥は飛ぶのが楽しいか
原書: 산 자들

このエントリーをはてなブックマークに追加
発行:堀之内出版
四六判
縦188mm 横130mm 厚さ19mm
368ページ
並製
定価 1,800円+税
ISBN
978-4-909237-55-2   COPY
ISBN 13
9784909237552   COPY
ISBN 10h
4-909237-55-0   COPY
ISBN 10
4909237550   COPY
出版者記号
909237   COPY
Cコード
C0097  
0:一般 0:単行本 97:外国文学小説
出版社在庫情報
在庫あり
初版年月日
2022年3月21日
書店発売日
登録日
2020年8月6日
最終更新日
2022年3月24日
このエントリーをはてなブックマークに追加

書評掲載情報

2022-04-20 統一日報
MORE
LESS

紹介

ソウルのセヨン高校で給食費の横領事件が発覚。
動揺する学生たち、加熱するマスコミ、事態を抑え込もうとする教師たち、迫る大学入試……。
追及の先頭に立つ級友とともにビラまきをおこなった3年生のジェムンは、学校に対する怒りと、大学入試に影響が出ることを心配する母親との間で揺れていた。
不正義に直面したとき、私たちは立ち向かうことができるのだろうか?

大人の不正義をめぐって若者たちのさまざまな思いが交錯する表題作をはじめ、職場、就職活動、フランチャイズ店舗、ストライキ現場などで“希望”を求めて闘う人々が交差する10編の連作小説。
元新聞記者として現代韓国社会のリアルを鋭く見つめてきた気鋭の作家が贈る、闘いと希望の書。

――――
ここに登場する“働く人”は、私であり、あなただ。
私たちはこうやって行き過ぎた競争に極限まで追い詰められてきたと、何度も頷いた。
最低賃金で働き、家賃の安いアパートを借りるにも障壁があり、住んで、食べて、働く、という生きる基本が侵され続けている。
「でも、それ、間違ってる」
読みながら、そう確信させられた。その確信は抗い、変えようとする大切な第一歩だ。
あきらめるな、働く私たち!
――和田靜香さん 激推し

目次

鳥は飛ぶのが楽しいか 目次

日本の読者へ

第1部 切る
 バイトをクビに
 待機命令
 工場の外で

第2部 闘う
 ヒョンス洞パン屋三国志
 人の住む家
 カメラテスト
 対外活動の神

第3部 耐える
 みんな、親切だ
 音楽の価格
 鳥は飛ぶのが楽しいか

作家の言葉
訳者解説

版元から一言

【ブックデザイン】平山みな美
【装画】藤巻佐有梨
【組版】江尻智行(トム・プライズ)
【印刷製本】中央精版印刷株式会社

著者プロフィール

チャン・ガンミョン  (チャン ガンミョン)  (著/文

チャン・ガンミョン 張康明/장강명 1975年、ソウル生まれ。延世大学都市工学科卒業。建築関係で就職したが肌に合わず、新聞社「東亜日報」に入社し新聞記者となる。2011年、長編小説『漂白』で作家としてデビュー。現在は退職し文筆業に専念している。社会批評からSF まで幅広い作品で知られ、韓国文学に新しい活気を吹き込んでいる。ハンギョレ文学賞、秀林文学賞、済州4・3平和文学賞、文学トンネ作家賞などを受賞。
邦訳書に、『韓国が嫌いで』(吉良佳奈江 訳、ころから)、『我らが願いは戦争』(小西直子訳、新泉社)。そのほかの主な作品に、『コメント部隊』、『大晦日、またはあなたが世界を記憶する方式』など。

吉良 佳奈江  (翻訳

吉良佳奈江 1971年静岡県生まれ。法政大学講師。東京外国語大学日本語学科、朝鮮語学科卒。おもな翻訳にチャン·ガンミョン『韓国が嫌いで』(ころから)、チョン・ソンテ『二度の自画像』(東京外国語大学出版会)、ソン・アラム『大邱の夜、ソウルの夜』(ころから)など。

上記内容は本書刊行時のものです。