版元ドットコム

探せる、使える、本の情報

文芸 新書 社会一般 資格・試験 ビジネス スポーツ・健康 趣味・実用 ゲーム 芸能・タレント テレビ・映画化 芸術 哲学・宗教 歴史・地理 社会科学 教育 自然科学 医学 工業・工学 コンピュータ 語学・辞事典 学参 児童図書 ヤングアダルト 全集 文庫 コミック文庫 コミックス(欠番扱) コミックス(雑誌扱) コミックス(書籍) コミックス(廉価版) ムック 雑誌 増刊 別冊
削ぎ落とすこと. 倫理. 教育. Armin Hofmann(著) - TypeShop_g Press
.
詳細画像 0 詳細画像 1 詳細画像 2 詳細画像 3 詳細画像 4
【利用可】

書店員向け情報 HELP

書店注文情報

注文FAX番号:

在庫ステータス

不明

取引情報

直接取引: あり

出版社への相談

店頭での販促・拡材・イベントのご相談がありましたらお気軽にご連絡ください。

削ぎ落とすこと. 倫理. 教育. (ソギオトスコト リンリ キョウイク)
原書: Reduction. Ethics. Didactics.

このエントリーをはてなブックマークに追加
発行:TypeShop_g Press
B6変判
縦167mm 横127mm 厚さ13mm
重さ 199g
230ページ
価格 3,200円+税
ISBN
978-4-909178-02-2   COPY
ISBN 13
9784909178022   COPY
ISBN 10h
4-909178-02-3   COPY
ISBN 10
4909178023   COPY
出版者記号
909178   COPY
Cコード
C0070  
0:一般 0:単行本 70:芸術総記
出版社在庫情報
不明
書店発売日
登録日
2023年10月10日
最終更新日
2023年11月17日
このエントリーをはてなブックマークに追加

紹介

スイス・バーゼル派のグラフィック デザイナー、アーミン・ホフマンの生誕百年記念出版の完全邦訳。 彼の作品は、いうまでもなく世界中の何世代にもわたるグラフィックデザイナーや教師に影響を与えてきた。 本書はプロフェッショナルとしての創造的な作品、デザイン教育という職業に対する倫理的信念が歴史とともに実感できる。そして、ホフマンが 生み出した実践的な教育方法に適用された 教訓原則の包括的な世界を読み取ることができるバイブルといえる。また、普遍の国際的な影響力について、ワインガルトらの個人的な洞察の証言も豪華掲載。

目次

削ぎ落とすこと.
倫理.
教育.
オリジナル原稿とデザインプロセス.
寄稿者のエッセイ.
イメージギャラリークレジット.

前書きなど

本書の内容は全てオリジナルの資料を使用している。ホフマンの大規模な個人アーカイブへ直接アクセスすることは不可欠だった。このアーカイブには彼の作品全体、書籍のオリジナル原稿、文書、専門誌への寄稿だけではなく、多くの未発表原稿、構想のスケッチ、ノート、写真も含まれている。多くの貴重な資料のおかげで、本書はデザインに関する現代を代表する論証となった。著者の狙いは主観的な解釈を提供したり、芸術史の観点から分類したりすることではなく、読者にアーミン・ホフマンの奥深く多面的な作品にできる限りそのまま自然に没入してもらうことにある。(本書について より)

版元から一言

ヴィンケルハーケン叢書の第二弾。大手出版社で刊行する書籍ではなく、個人が発する声のような出版の土壌について長年思案していたが、自身が未熟であったり、周辺環境の変貌などの理由が多々あったため、本書をどのように世間に伝えるべきか悩んだ。はっきり言って、現在の日本のグラフィックデザイン界とその周辺の教育環境に絶望したからでもある。しかし、折あるごとに、絶え間なくある禅のスートラの断片が頭に浮かんだ。偶然、字休菴という自前の茶室のコンセプトといえる最近手に入れた掛け軸、元伯宗旦筆「一人傳虚萬人傳實漫々」がまさしくそれだった。この書の奥儀にある通り、真実を体験した者にしか理解できなかったことを正確な日本語として残しておかねばならない。ヴィンケルハーケン叢書の真髄がここにある、そう確信した。(あとがき より)

著者プロフィール

Armin Hofmann  (アーミン ホフマン)  (

数々の国際的な文化名誉をもつデザイナー。バーゼル・スクール・オブ・デザイン (Schule für Gestaltung Basel) の設立に尽力した。代表的なポスターは、ニューヨーク近代美術館などにパーマネントコレクションとして所蔵されている。1965 年に名著Arthur Niggli Verlag「Graphic Design Manual – Principles and Practice」を独仏英3カ国語表記のインターナショナル版で出版し、業界内で教科書として人気を集めた。邦訳はグラフィック社『グラフィック デザイン マニュアル/理論と演習』大智浩訳。2020年12月18日に死去。100歳没。

中村麻衣子  (ナカムラ マイコ)  (翻訳

東京生まれ。日本女子大学大学院、博士 (文学)
東京都立大学大学教育センター 准教授
専門・研究分野は20世紀イギリス・アイルランド文学・文化研究。ナショナリズムの文学と歴史、クィア批評、フェミニズム。「コンスタンス・マルキェヴィッチとエヴァ・ゴア=ブース:闘うアイルランドの娘たち」(音羽鶴見書店『わたくしを生きた女性たち―20世紀イギリス女性評伝集』)、「転倒するスキャンダル―W.B. イェイツによる英雄創造」(彩流社『揺るぎなき信念:イギリスロマン主義論集』)など。

越朋彦  (コシ トモヒコ)  (翻訳

東京生まれ。レディング大学大学院、Ph.D. (文学)
東京都立大学人文社会学部 准教授
専門・研究分野は17世紀イギリス文学 (特にトマス・トラハーンの作品)、子ども表象、紅茶の文化史。『現代イギリス小説の子どもたち―無垢と邪悪を超えて』(単著、研究社、近刊)、「17 世紀イングランドの茶関連文献における茶の「効能」について」(論文、十七世紀英文学会編『十七世紀英文学における病と癒し』金星堂)、マークマン・エリスほか『紅茶の帝国―世界を征服したアジアの葉』(翻訳、研究社)、アドリアン・フルティガー『図説 サインとシンボル』(翻訳、小泉均監訳、研究社)など。

上記内容は本書刊行時のものです。