版元ドットコム

探せる、使える、本の情報

文芸 新書 社会一般 資格・試験 ビジネス スポーツ・健康 趣味・実用 ゲーム 芸能・タレント テレビ・映画化 芸術 哲学・宗教 歴史・地理 社会科学 教育 自然科学 医学 工業・工学 コンピュータ 語学・辞事典 学参 児童図書 ヤングアダルト 全集 文庫 コミック文庫 コミックス(欠番扱) コミックス(雑誌扱) コミックス(書籍) コミックス(廉価版) ムック 雑誌 増刊 別冊 ラノベ
さようなら富士ゼロックス 阪東幸成(著/文) - ふらい人書房
.

さようなら富士ゼロックス Good bye Fuji Xerox

ビジネス
このエントリーをはてなブックマークに追加
B6判
64ページ
並製
定価 600円+税
ISBN
978-4-909174-07-9   COPY
ISBN 13
9784909174079   COPY
ISBN 10h
4-909174-07-9   COPY
ISBN 10
4909174079   COPY
出版者記号
909174   COPY
 
Cコード
C0034
一般 単行本 経営
出版社在庫情報
不明
初版年月日
2021年3月31日
書店発売日
登録日
2021年3月7日
最終更新日
2021年3月9日
このエントリーをはてなブックマークに追加

紹介

2021年3月31日を最後にFUJI XEROXは消えてしまう。いったい何が起きたのか? 富士フイルムが画策した米ゼロックスの買収は失敗した。ゼロックスの名が消え、富士フイルムビジネスイノベーションと名を変えて再出発する。何を失うのか? そもそも富士ゼロックスの強みとは何だったのか? 販売会社との軋轢は? サービスビジネスに明日はあるのか? 競合メーカーはラクになるのか? 富士ゼロックスの営業現場で働いてきた著者が自らの経験と共に社史には載らない会社の実態や社風に迫る哀惜のクロニクル。富士ゼロックス、富士フイルム、リコー、複合機ビジネスに関係する人々、必読の書。複写機から始まったビジネスは今サービスへ向かおうとしている。この先この業界にはどんな未来が待っているのだろうか。

版元から一言

新卒入社以来37年半を富士ゼロックスの販売部門だけで過ごした営業マンが、富士ゼロックスという会社の社風、文化、複写機業界の常識、競合メーカーとの差を、内部からの視点で克明に記述したクロニクルです。

著者プロフィール

阪東幸成  (バンドウ ユキナリ)  (著/文

立教大学英米文学科卒 1981年に富士ゼロックス入社 東京第2支社でセールスとなって以降、同社中央営業事業部で在日米軍担当、沖縄駐在、シカゴ駐在、外資系企業へのセールスマネージャーを経て、2012年にインターナショナル・マーケティング部長就任。2018年に定年退職。著書に『アメリカの竹竿職人たち』フライの雑誌社刊、『ウルトラライト・イエローストーン』、『釣り人の理由』ふらい人書房、他に『渓流賛歌』、『フライフィッシング・ジャーニー』、雑誌『フライの雑誌』、『フライロッダーズ』地球丸、『山釣りJOY』山と渓谷社など、主にフライフィッシングの雑誌、書籍に多くのエッセイ、物語を執筆。

上記内容は本書刊行時のものです。