版元ドットコム

探せる、使える、本の情報

文芸 新書 社会一般 資格・試験 ビジネス スポーツ・健康 趣味・実用 ゲーム 芸能・タレント テレビ・映画化 芸術 哲学・宗教 歴史・地理 社会科学 教育 自然科学 医学 工業・工学 コンピュータ 語学・辞事典 学参 児童図書 ヤングアダルト 全集 文庫 コミック文庫 コミックス(欠番扱) コミックス(雑誌扱) コミックス(書籍) コミックス(廉価版) ムック 雑誌 増刊 別冊 ラノベ
ゴーストダンス スーザン・プライス(著/文) - サウザンブックス社
.

ゴーストダンス

A5判
231ページ
並製
価格 1,900円+税
ISBN
978-4-909125-17-0
Cコード
C0097
一般 単行本 外国文学小説
出版社在庫情報
在庫あり
書店発売日
登録日
2020年1月28日
最終更新日
2020年4月2日
このエントリーをはてなブックマークに追加

受賞情報

1987年イギリス・カーネギー賞

紹介

「怖いんです、おばあさん。わたし、魔法使いになれなかったら、どうなるんですか」
「きっとなれるよ、あたしの賢い女の子」
「でも、もしなれなかったら-- 鉄の森で会えないじゃありませんか」
(本文より)

1991年に金原瑞人の訳で『ゴースト・ドラム 北の魔法の物語』として福武書店より刊行された、英国人作家スーザン・プライスによる「Ghost World」3部作シリーズの第1部『The Ghost Drum(ゴーストドラム)』が、同じ金原瑞人の改訳でサウザンブックスより蘇りました。美しい限定BOXに入れたゴーストシリーズ3冊セットはサウザンブックスのECショップのみで販売しています。


皇帝の圧政に苦しむ北の民を見かねた見習い魔法使いのシンジビスは、魔法使いである祖母の忠告に逆らい、皇帝の街へひとり向かう。そこは正しい者が処刑され、不正が横行する非道の街だった。シンジビスは皇帝を正しい道へ導こうと手を尽くすが、皇帝の残虐行為に拍車がかかるばかり。そのうえ、皇帝に取り入る偽の魔法使いが、シンジビスを亡き者にしようと企んでいた。やがて悪との対決のときを迎え、シンジビスの怒りが炸裂する!


■ゴーストシリーズ第一弾『ゴーストドラム』
すべてを支配された冬の国を駆ける
魔法使いの苛烈な物語、開幕。

■ゴーストシリーズ第二弾『ゴーストソング』
愛する息子は渡さない!
魔法使いに逆らった男の一言から始まる苛酷な運命の物語。

前書きなど

「怖いんです、おばあさん。わたし、魔法使いになれなかったら、どうなるんですか」
「きっとなれるよ、あたしの賢い女の子」
「でも、もしなれなかったら-- 鉄の森で会えないじゃありませんか」
(本文より)

著者プロフィール

スーザン・プライス  (スーザン・プライス)  (著/文

イギリスのブラック・カントリー工業地帯に生まれる。14歳のとき短編小説のコンクールで入賞して以来物語を書き続け、1987年『ゴースト・ドラム北の魔法の物語』でカーネギー賞、1999年にThe Sterkarm Handshakeでガーディアン子どもの本賞を受賞。翻訳刊行された作品に『エルフギフト 上・下』(ポプラ社)、『12の怖い昔話』、『500年の恋人』『500年のトンネル』(ともに東京創元社)など。

金原瑞人  (カネハラ ミズヒト)  (翻訳

1954年生まれ。翻訳家、法政大学社会学部教授。フィクション、ノンフィクション、児童書など、多ジャンルにわたって翻訳を手がけ、特に海外のYA(ヤングアダルト)作品を精力的に翻訳し、日本に紹介。訳書は550点以上。主な訳書に『武器よさらば』(ヘミングウェイ)、『青空のむこう』(シアラー)、『月と六ペンス』(モーム)、『このサンドイッチ、マヨネーズ忘れてる/ハプワース16、1924年』(サリンジャー)、『リズムがみえる』(アイガス)など。エッセイ集に『サリンジャーに、マティーニを教わった』『翻訳家じゃなくてカレー屋になるはずだった』など。日本の古典の翻案に『雨月物語』『仮名手本忠臣蔵』『怪談牡丹灯籠』など。ブックガイドに、『10代のためのYAブックガイド150!』、『13歳からの絵本ガイド YAのための100冊』、『翻訳者による海外文学ブックガイドBOOKMARK』など。

上記内容は本書刊行時のものです。