版元ドットコム

探せる、使える、本の情報

文芸 新書 社会一般 資格・試験 ビジネス スポーツ・健康 趣味・実用 ゲーム 芸能・タレント テレビ・映画化 芸術 哲学・宗教 歴史・地理 社会科学 教育 自然科学 医学 工業・工学 コンピュータ 語学・辞事典 学参 児童図書 ヤングアダルト 全集 文庫 コミック文庫 コミックス(欠番扱) コミックス(雑誌扱) コミックス(書籍) コミックス(廉価版) ムック 雑誌 増刊 別冊
やってみた!  いのちを守る64の防災活動 関西大学初等部6年生(第11期生)(著) - さくら社
.
詳細画像 0 詳細画像 1 詳細画像 2
【利用可】

書店員向け情報 HELP

書店注文情報

注文電話番号:
注文FAX番号:
注文メール:

在庫ステータス

在庫あり

取引情報

取引取次: 日教販   書店
直接取引: あり(自社)

出版社への相談

店頭での販促・拡材・イベントのご相談がありましたらお気軽にご連絡ください。

やってみた! いのちを守る64の防災活動 (ヤッテミタ イノチヲマモルロクジュウヨンノボウサイカツドウ) 小学生の体験レポート+専門家のアドバイス (ショウガクセイノタイケンレポート プラス センモンカノアドバイス)

このエントリーをはてなブックマークに追加
発行:さくら社
A5判
縦210mm 横148mm 厚さ10mm
168ページ
並製
定価 1,500円+税
ISBN
978-4-908983-72-6   COPY
ISBN 13
9784908983726   COPY
ISBN 10h
4-908983-72-0   COPY
ISBN 10
4908983720   COPY
出版者記号
908983   COPY
Cコード
C0037  
0:一般 0:単行本 37:教育
出版社在庫情報
在庫あり
初版年月日
2024年2月3日
書店発売日
登録日
2024年1月10日
最終更新日
2024年2月9日
このエントリーをはてなブックマークに追加

紹介

小学1年生の時に大阪府北部地震を体験した関西大学初等部6年生の児童たちは、災害学習を通じて防災意識を高めてきました。市民救護団体や防災士の方々と協力して防災イベントも行いながら「災害被害≒0」を目指すためにはどうすればよいかを考え続け、たどり着いたのが、「一人でも多くの人に、今より高い防災意識を持っていただくこと」を目的に、自分たちが実際にやってみたリアルな防災活動の記録を本にして多くの人に知ってもらうことでした。
何かを実際にやってみる。それが「このままではいけない」と考え始めるきっかけになります。
テーマは、防災グッズの準備から、防災食・非常食をつくっての実食レポート、避難場所・避難所や地域の防災状況の確認に及びます。さらに、災害時要配慮者に寄り添うことも忘れません。
そんな彼ら・彼女らに協力の手を挙げてくれたのが、関西大学社会安全学部の先生たち。小学生の視点で検証した防災活動に専門家によるポイントアドバイスが加わり、学校での防災教育はもちろん、各家庭で「わが家の防災準備」にも役立つ一冊となっています。

目次

CONTENTS
1 確認しよう わが家の地震対策
■体験したからやってみた! ■食器棚に滑り止めを敷いてみた! ■物が倒れてこないようにしてみた! ■テレビ台とテレビをくっつけてみた! etc.
2 作ってみよう 防災グッズ
■防災用リュック作ってみた! ■身近なもので明かりを作ってみた! ■紙皿にラップフィルムを使ってみた!■ペットボトル湯たんぽを作ってみた! etc.
3 食べてみよう 防災食・非常食
■非常食を作って食べてみた!■家にあるもので防災食を作ってみた!■非常食を水で工夫して作ってみた!■本当においしい防災食を調べてみた! etc.
4 行ってみよう 避難場所・避難所
■自分の街の防災マップを作ってみた!■避難施設まで歩いてみた!■お風呂の水で何ができるかやってみた!■ペットに避難生活を体験させてみた! etc.
5 聞いてみよう 地域の防災
■地域の防災訓練に参加してみた!■通勤・通学電車内で地震に遭ったら■地震について家族会議をしてみた! etc.
6 先ずは知ろう 災害時要配慮者
■目隠しをして廊下を端から端まで歩いてみた!■耳が不自由な人の苦労を体験してみた!■車椅子で移動してみた!■幼児が災害時に必要なものetc.

版元から一言

小学校6年生の子どもたち全員がそれぞれに考え抜き実践した「私たちの目線で大切だと考え」たことは、類のない価値をこの本に与えました。日常に追われる大人たちが見落としたり後回しにしがちなこと、それは子ども部屋に置いていた大きな収納家具やお湯で作る前提の防災食だったり、避難時の生活の質の確保(暑さもがまんすれば何とかなると思っていたりしませんか?)だったりするのですが、子どもの素直な目を通して見ると様々な気づきがあり改善点があります。同時に、災害時には弱者となる子どもが何に不安を感じるのか、何を必要だと考えているのかがよく分かるので、家族や組織で災害時の対応について話し合う機会につながります。慣れない道を使っての避難所行き、それも夜中かもしれない。子どもを連れてどのように行動したらよいかをリアルに想定し準備することが、本書を著した子どもたちが願ういのちを守る活動につながります。
●関西大学社会安全学部協力のもと、各レポートに寄せられたアドバイスは効果的で取り入れやすく必読です!

著者プロフィール

関西大学初等部6年生(第11期生)  (カンサイダイガクショトウブロクネンセイ ダイジュウイッキセイ)  (

学校がある高槻ミューズキャンパスには初等部・中等部・高等部、大学の社会安全学部が併設されており、初等部は、英語活動や国際理解学習、考えることを考えるミューズ学習など特徴的な学習を行っています。

上記内容は本書刊行時のものです。