版元ドットコム

探せる、使える、本の情報

文芸 新書 社会一般 資格・試験 ビジネス スポーツ・健康 趣味・実用 ゲーム 芸能・タレント テレビ・映画化 芸術 哲学・宗教 歴史・地理 社会科学 教育 自然科学 医学 工業・工学 コンピュータ 語学・辞事典 学参 児童図書 ヤングアダルト 全集 文庫 コミック文庫 コミックス(欠番扱) コミックス(雑誌扱) コミックス(書籍) コミックス(廉価版) ムック 雑誌 増刊 別冊
学校のデジタル化は何のため? 為田 裕行(著) - さくら社
.

書店員向け情報 HELP

書店注文情報

注文電話番号:
注文FAX番号:
注文メール:

在庫ステータス

在庫あり

取引情報

取引取次: 日教販
直接取引: あり(自社)

出版社への相談

店頭での販促・拡材・イベントのご相談がありましたらお気軽にご連絡ください。
9784908983573

学校のデジタル化は何のため? (ガッコウノデジタルカワナンノタメ) 教育ICT利活用の目的9類型 (キョウイクアイシーティリカツヨウノモクテキキュウルイケイ)

このエントリーをはてなブックマークに追加
発行:さくら社
A5判
縦210mm 横148mm 厚さ75mm
88ページ
並製
定価 1,500円+税
ISBN
978-4-908983-57-3   COPY
ISBN 13
9784908983573   COPY
ISBN 10h
4-908983-57-7   COPY
ISBN 10
4908983577   COPY
出版者記号
908983   COPY
Cコード
C0037  
0:一般 0:単行本 37:教育
出版社在庫情報
在庫あり
初版年月日
2022年3月24日
書店発売日
登録日
2022年2月25日
最終更新日
2022年3月15日
このエントリーをはてなブックマークに追加

紹介

GIGAスクール時代の研修テキストに最適!
児童生徒「一人1台」の情報端末が整備され、いよいよ待ったなしの活用に迫られる学校。
「なぜ学校にICTが必要なのか?」「情報端末はどう使えばいいのか?」「そもそもどうして…?」
沸き上がる疑問に答えつつ、教育ICT利活用の目的を明確に分類し、学校のデジタル化についての考え方をわかりやすく説きました。

◎そもそも、導入された「教育ICTを授業で使う」ことは目的ではなく、手段です。「教育ICT を授業で使う」という手段が、目的化してしまっていることが多くあるのですが、ここで一度立ち止まって、「何のために教育ICT を授業で使うのか」ということを考える必要があります。
◎何のためにICT を使うのかというのは、目的です。目的が明確になっていなければ、ICT の活用が成功しているのか失敗しているのかもわかりません。成功していない場合には、改善をしていかなくてはなりませんが、そのときにも目的がなければ改善もできません。ICT が目的に応じた使い方がされているかどうかを見るために、導入するときに明確に目的をもっていなければなりません。
(以上、本書第4章「教育ICT 利活用の目的9 類型」より)

目次

第1章 GIGA スクール構想により進む整備
  1 教育のデジタル化は進んでいる
  2 教育ICTの活用に唯一の正解はない
  3 同じ環境ができたここからがスタート

第2章 「なぜ学校にICTが必要なのか」を、学校が自分で考える
  1 ICTは汎用的なツール
  2 デジタルは、我々にとってどのような存在か?
  3 大事なのはなぜ(=Why)

第3章 一人1台、学びの道具として使うとはどういうことか?
  1 淑徳小学校:自分の好きなスタイルで感想を書く
  2 新渡戸文化小学校:アナログとデジタルで自分の色を創る
  3 奈良女子大学附属中等教育学校:ゲストティーチャーがリモートで参加する
  4 静岡県立掛川西高等学校:授業で使う教材をデジタル化する

第4章 教育ICT 利活用の目的9類型
  類型1:興味喚起
  類型2:モチベーション喚起
  類型3:理解促進
  類型4:授業効率化
  類型5:進捗確認・理解度確認
  類型6:教材拡充
  類型7:表現手段拡充・思考手段拡充
  類型8:情報共有手段の拡充
  類型9:学習環境の拡充
  ■9つの類型の何を目指すのか?

第5章 学校教育施策と重ね合わせて見る
  1「令和の日本型学校教育の姿」と教育ICT利活用の目的
  2 学習活動分類と教育ICT利活用の目的

第6章 学校だからこそのデジタル化
  1 教えるための道具として使うのか? 学ぶための道具として使うのか?
  2 「学ぶための道具」になることを目指すことが必要
  3 教える側の論理、学ぶ側の論理
  4 学校で「しなければならないこと」

版元から一言

「一人1台情報端末」が本格的に始まったいま、本書は学校管理職に必携です。情報教育担当や研究主任になったものの「ICT活用をどう推進していけばいいのか…」と頭を捻っている先生にもぴったりです。学級担任の先生も、本書を読むことでICT活用に、授業にしっかりとした基盤ができるはずです。
多くの学校現場を見聞した知見を踏まえつつGIGAスクール時代の学校の在り方を説く本書には、その言葉こそ使われていないものの、学校、授業、そして学びについての「本質」が示されています。

著者プロフィール

為田 裕行  (タメダ ヒロユキ)  (

フューチャーインスティテュート株式会社 代表取締役
教育ICTリサーチ 主宰
■経歴
慶應義塾大学総合政策学部卒業後,大手学習塾企業へ就職。一斉指導、個別指導,合宿教育などの現場で鍛えられ,1999年フューチャーインスティテュートの設立に参画。東京都における教師への教材開発支援に関わり,現場への教育ICT導入の可能性を模索。幼稚園・小学校・中学校・高校・大学の教壇に立つと共に,学校の先生向けの研修プログラム設計,授業計画コンサルテーション,教育テレビ番組や幼児向け教材,サービスなどの教育監修を行っている。
■外部委員等
戸田市教育委員会 21世紀型スキル育成アドバイザー,ICT CONNECT 21 EdTech推進SWGサブリーダー,成城学園情報一貫教育推進検討委員会アドバイザー,セサミストリート・ティーチャー
■著書『一人1台のルール』2021年,共著『学校アップデート』2020年(いずれもさくら社)

上記内容は本書刊行時のものです。