版元ドットコム

探せる、使える、本の情報

文芸 新書 社会一般 資格・試験 ビジネス スポーツ・健康 趣味・実用 ゲーム 芸能・タレント テレビ・映画化 芸術 哲学・宗教 歴史・地理 社会科学 教育 自然科学 医学 工業・工学 コンピュータ 語学・辞事典 学参 児童図書 ヤングアダルト 全集 文庫 コミック文庫 コミックス(欠番扱) コミックス(雑誌扱) コミックス(書籍) コミックス(廉価版) ムック 雑誌 増刊 別冊 ラノベ
経済視点で学ぶ歴史の授業 梶谷 真弘(著) - さくら社
.

経済視点で学ぶ歴史の授業

発行:さくら社
A5判
縦210mm 横148mm 厚さ12mm
160ページ
並製
価格 1,800円+税
ISBN
978-4-908983-44-3
Cコード
C0037
一般 単行本 教育
出版社在庫情報
在庫あり
初版年月日
2020年6月11日
書店発売日
登録日
2020年5月28日
最終更新日
2020年6月11日
このエントリーをはてなブックマークに追加

紹介

経済視点で歴史が動く!
中学校レベルの歴史授業に経済の視点を用いた画期的な学習理論。経済を捉える3領域・9視点を用いて歴史上のトピック49を紐解けば、その時代の躍動が感じられ、がぜん探究意欲が湧いてきます。
この学習で歴史を通した〈見方・考え方〉がわかり、現代の事象に活用・応用する力がつけられます。
3領域:【意思決定】【影響】【経済全体の動き】
9視点:〈希少性〉〈トレードオフ〉〈インセンティブ〉〈コスト〉〈市場〉〈交易〉〈政府の政策〉〈税〉〈経済システム〉

目次

第1章 経済の視点を取り入れた歴史学習理論
 1 なぜ歴史を学ぶのか
 2 歴史で何をどのように学ぶのか
 3 なぜ経済の視点が必要なのか
 4 どのように経済の視点を用いるのか

第2章 歴史学習に取り入れる経済の視点
 1 経済の前提
 2 意思決定
 3 影響
 4 経済全体の動き

第3章 経済の視点を取り入れた歴史学習法
 1 経済の視点を取り入れた学習法
 2 経済視点の系統的学習
 3 政策評価学習
 4 意思決定学習

 column・「経済」とは

第4章 経済の視点で歴史学習実践
 古代
 1 国が栄える条件① 古代エジプトの繁栄
 2 国が栄える条件② 古代エジプトの衰退
 3 国が栄える条件③ ローマ帝国
 4 減税で勢力をのばした イスラム帝国
 5 縄文時代の経済活動
 6 鉄から見えるヤマト王権
 7 社会保障の先駆けだった出挙
 8 大都市成立の条件 奈良
 9 修理できなかった羅城門
 10 貧富の差が生んだ唐の繁栄
 11 貿易で力をつけた平氏①
 12 貿易で力をつけた平氏②
 13 平氏滅亡の謎
 column・古代

 中世
 1 政府の成立要件 鎌倉幕府
 2 利益を優先した足利義満
 3 日明貿易廃止の謎
 4 徳政令で得する人、損する人
 5 制度が生み出した者たち 倭寇
 6 ザビエルからみる国際情勢
 7 キリシタン大名の本当のねらい
 8 織田信長の経済政策① 比叡山延暦寺焼き討ち
 9 織田信長の経済政策② 強さの秘密は経済政策
 10 兵農分離の経済効果
 11 秀吉はどうして朝鮮侵略を行ったのか
 column・中世

 近世
 1 徳川家康の財政再建
 2 江戸幕府の財政的欠陥
 3 「天下の台所」をつくった男
 4 文化を支えた昆布ロード
 5 経済発展の基盤をつくった生類憐みの令
 6 吉宗は名君か①
 7 吉宗は名君か②
 8 経済を熟知した老中・田沼意次の改革
 9 天明の飢饉は天災?人災?
 10 社会保障を充実させた松平定信
 column・近世

 近代
 1 イギリスの繁栄① マグナカルタ
 2 イギリスの繁栄② 海賊を利用したエリザベス女王
 3 イギリスの繁栄③ 国債と銀行
 4 金で勝ち、金で負けたナポレオン
 5 アメリカの発展① 国土買い取りの経済効果
 6 アメリカの発展② 第一次世界大戦とエネルギー革命
 7 薩摩藩の藩政改革① 調所広郷の財政改革
 8 薩摩藩の藩政改革② 島津斉彬の改革
 9 坂本龍馬は何をしたのか
 10 お金で成功した廃藩置県
 11 明治政府の財政難を救った渋沢栄一
 12 お酒で賄った日清戦争の戦費
 13 田中正造のメッセージ
 14 伊庭貞剛のメッセージ
 15 経済の視点で領土拡大を批判した男 石橋湛山
 column・近代

版元から一言

信長の比叡山焼き討ちの真相が!
「インセンティブ」「交易」「希少性」から坂本龍馬が!
歴史を経済から捉えると真相が見えてくる――。……「100万人が受けたい授業」の河原和之先生ご推薦。

中学生にも身近な経済という視点を通じて見る事で、歴史の授業は暗記科目から面白いケーススタディへと様変わりします。本書では前半部分が経済の視点を取り入れた歴史学習の理論解説、後半は学習法と実践例の紹介になっています。おススメは第三章で提案されている3つの学習法。どれも秀逸です。政策評価学習なんて大いに授業が盛り上がるでしょう。また、そこで身に着けた考え方は生徒達が今後の人生の中で物事を判断する時に幾度となく用いるものになるのではないでしょうか。

著者プロフィール

梶谷 真弘  (カジタニ マサヒロ)  (

1986年生まれ。大阪府立豊中支援学校を経て、現在大阪府茨木市立南中学校教諭。授業研究サークル「KIT」代表。支援教育研究サークル「SPEC」代表。「授業のネタ研究会 関西支部」事務局。
社会科、特別支援教育に造形が深く、著書に『学級経営&授業のユニバーサルデザインと合理的配慮』(明治図書)、分担執筆に『主体的・対話的で深い学びを実現する! 100万人が受けたい社会科アクティブ授業モデル』(明治図書)、『中学社会科“アクティブ・ラーニング発問"174  わくわくドキドキ地理・歴史・公民の難単元攻略ポイント)』『対話的深い学びを測る新授業の評価 新中学社会の定期テスト  地理・歴史・公民 全単元の作問技法&評価ポイント』『子どもと社会をつなげる!「見方・考え方」を鍛える社会科授業デザイン』(以上、学芸みらい社)、『新任1年目でもうまくいく! 子どもの心をパッとつかむ驚きの授業ルール』(学陽書房)など。雑誌原稿多数。

上記内容は本書刊行時のものです。