版元ドットコム

探せる、使える、本の情報

文芸 新書 社会一般 資格・試験 ビジネス スポーツ・健康 趣味・実用 ゲーム 芸能・タレント テレビ・映画化 芸術 哲学・宗教 歴史・地理 社会科学 教育 自然科学 医学 工業・工学 コンピュータ 語学・辞事典 学参 児童図書 ヤングアダルト 全集 文庫 コミック文庫 コミックス(欠番扱) コミックス(雑誌扱) コミックス(書籍) コミックス(廉価版) ムック 雑誌 増刊 別冊 ラノベ
元商社マン教師の学級経営革命 木下山多(著/文) - さくら社
.

元商社マン教師の学級経営革命

発行:さくら社
四六判
縦188mm 横128mm 厚さ12mm
200ページ
並製
価格 1,600円+税
ISBN
978-4-908983-26-9
Cコード
C0037
一般 単行本 教育
出版社在庫情報
在庫あり
初版年月日
2019年3月25日
書店発売日
登録日
2019年2月27日
最終更新日
2019年3月22日
このエントリーをはてなブックマークに追加

紹介

こんな教師が学校や[よのなか]を変えていく!
「生徒をレールに乗せて管理する」のではなく「それぞれの幸せに導く」時代になった。今こそ常識を疑い、本質を見極める「革命」が必要だ。――教育改革実践家・藤原和博氏推薦の書!

元商社マンというバックグラウンドに加え、脳科学や心理学に裏付けられた理論を用いて実践した著者ならではの学級経営。
「その結果、生徒達はおもしろいくらいにどんどん変わっていきました。 授業態度、成績、運動能力、学級での振る舞い、友人関係、親子関係などなど。私は学校の許可を取りながら新しい取り組みをどんどん行いました。英語の授業、ホームルーム、学級経営、生徒指導、保護者とのやり取りなど、それはいわゆる学校の常識と言われるものとはかなり異なるやり方でした。しかしながら、それは中学校の範疇を超えて学級集団を、ひいては組織を経営(マネジメント)していくうえで本質的に必要なものでもありました。」(本書「はじめに」より)
教師をはじめ、人を育てるすべての人が身につけておきたい究極のリーダーシップがここにあります。

目次

第1章 学級経営革命3つの大原則
 ①学級経営は学力に大きく影響する
 ②〈管理〉ではなく、〈安全・安心〉
 ③保護者との協力体制を築く
第2章 広く信じられている嘘、まちがいを正す【学級経営編】
 ①教師は聖人君子であってはならない
 ②教師こそどんどんあやまる
 ③学級は厳しく管理しない
 ④イタズラを奨励する
 ⑤生徒と真剣に勝負する
 ⑥教師の失敗談や弱みは公開する
 ⑦「いじめは無くならない」が「無くす」ことはできる
 ⑧生徒はどんどん贔屓する
 ⑨長所伸展ではなく短所克服を
 ⑩「自分のして欲しいことを人にも」は大きなまちがい
 ⑪〈失敗〉を存在させない
 ⑫タブーこそ教師が教える
 ⑬夢が無いのは悪いことではない
第3章 広く信じられている嘘、まちがいを正す【学習指導編】
 ①わかりやすい授業をしない
 ②予習は成績を下げる
 ③教えるべきは「学習内容」よりも「勉強のやり方」
 ④苦手な科目には教科外の担任が関わる
 ⑤評価は自分でさせる
第4章 プロアクティブ型教師のススメ
 ①問題は起こるのが当然
 ②先に仕掛けることの重要性
 ③保護者に協力を求める
 ④保護者とのやり取りの仕方で信頼関係は大きく変わる
 ⑤しかるときは一対一で、ほめるときは〈三角ほめ〉で
 ⑥連絡先を公開する
 ⑦夢は強く願うと叶いにくくなる
 ⑧学校に通う意味、勉強が必要な理由
第5章 教師に求められる在り方
 ①上手にほめて、上手にしかる
 ②〈行動〉と〈人格〉を切り離す
 ③生徒にレッテルを貼らない
 ④生徒を変えようとしない
 ⑤〈ALL OK〉
 ⑥「こそ泥」にならない
第6章 究極のリーダーシップとは?
 ①そもそも「リーダーシップ」とはなにか?
 ②いかにしてリーダーシップを発揮するか
 ③異なるレベルで考える
 ④〈メタレベル〉のリーダーシップが最高なのか?

版元から一言

こんな先生がいたのか!
世界を股にかけて活躍するエリート商社マンが、酒鬼薔薇事件をきっかけに「このままでは日本はとんでもないことになってしまう。どうしても世の中を変えたい」と思い選んだ道は中学校教師でした。

サンタ先生がそのユニークな経歴の中で自ら学び実践してきた学級経営のノウハウを、本書で惜しみなく伝授。経営、リスク管理など、ビジネス本でおなじみの項目が学校という現場で具体的に展開されます。「予習は成績を下げる」など、心理学をベースにした解説も納得です。

しかしビジネスと違い、教師が目指すものは利益ではありません。
自分の指導によって生徒達が得られるもの、それを最大化するために学級経営をレベルアップする先に何があるのか。後半部分では教師の使命について考えが一層深まります。

大きな目標も、まずは日々の学級経営から。

 教師が生徒におこなうべきは〈管理〉ではなく、〈安全・安心〉を与えること(本書p.16)

本書で繰り返しでてくるこの言葉は、腹にストンと落ちます。
あるがままの自分を受け入れてくれる場所。こんな学級を生徒達は待っています。

著者プロフィール

木下山多  (キノシタ サンタ)  (著/文

合同会社un-Limited School代表/NPO法人日本スクールコーチ協会 副理事長
ニュートラルベースNLP®開発者&マスタートレーナー/米国NLP協会認定トレーナー・アソシエイト/Project Adventureファシリテーター/[よのなか]科マスターティーチャー
1992年大阪教育大学卒。総合商社に12年勤務の後、よのなかを変えようと中学校教師に転職し11年勤務。独自の英語教育法、生徒指導法、学級経営を展開し、2015年に独立。ネガティブでもポジティブでもなく、ニュートラルな状態を最善とする『ニュートラルベースNLP®』を開発。全国の企業や各種団体、個人に向けて、また海外においても、人の活かし方、自分の活かし方を伝えるべく、メンタルケア、リーダーシップ、モチベーションアップなどの講演、セミナー、 個人セッションを多数開催している。著書に『サンタが贈るお母さんの教科書』(こう書房)、『今日から子どもと心がかよう魔法のことば』(明日香出版社)等。
HP: https://unlimitedschool.jp/

上記内容は本書刊行時のものです。