版元ドットコム

探せる、使える、本の情報

文芸 新書 社会一般 資格・試験 ビジネス スポーツ・健康 趣味・実用 ゲーム 芸能・タレント テレビ・映画化 芸術 哲学・宗教 歴史・地理 社会科学 教育 自然科学 医学 工業・工学 コンピュータ 語学・辞事典 学参 児童図書 ヤングアダルト 全集 文庫 コミック文庫 コミックス(欠番扱) コミックス(雑誌扱) コミックス(書籍) コミックス(廉価版) ムック 雑誌 増刊 別冊 ラノベ
関大初等部式思考力育成法研究<平成29年度版> 関西大学初等部(著) - さくら社
.

関大初等部式思考力育成法研究<平成29年度版>

発行:さくら社
B5判
縦257mm 横182mm 厚さ11mm
重さ 280g
190ページ
並製
価格 1,600円+税
ISBN
978-4-908983-19-1
Cコード
C0037
一般 単行本 教育
出版社在庫情報
在庫あり
初版年月日
2018年2月
書店発売日
登録日
2018年1月24日
最終更新日
2018年2月9日
このエントリーをはてなブックマークに追加

紹介

「新学習指導要領で求められる「深い学び」の鍵となる「見方・考え方」を子供が主体的・対話的に働かせる授業の実現を目指し、進化し続ける研究です。」(文部科学省初等中等教育局視学官 澤井陽介)

(新学習指導要領で描かれる学びの構造を)ずっと先取りしてきたのが関大初等部です!(関西大学総合情報学部教授 黒上晴夫)

考える力を鍛える授業で知られる関西大学初等部の最新実践について、主要教科19本と考える力を伸ばす独自の授業''ミューズ学習''6本を収録。
教科別に寄せられた指導助言者たちのコメントも必読です。

目次

関大初等部式思考力育成法研究〈平成29年度版〉

もくじ

Ⅰ 総論
研究主題「思考スキルを生かした授業デザイン―資質・能力を育成するために―」……8
1 主題設定にあたって
2 研究のねらい
3 研究の方法

Ⅱ 教科別授業実践
■国語科……………………………………13
1「比べる」思考スキルを活用した読書(本の紹介)の学習(1年)……14
2「順序立てる」思考スキルを活用した説明文の学習(1年)……20
3「要約する」思考スキルを活用した説明文の学習(3年)……26
4「多面的にみる」思考スキルを活用した物語文の学習(6年)……32
◎教材を通してどのような力を育成するのか――国立教育政策研究所・総括研究官 福本 徹……38

■社会科……………………………………39
5「多面的にみる」思考スキルを活用して水道水の安全性を見つめ直す学習(4年)……40
6「つなげる」思考スキルを活用して持続可能な水産業について考える(5年)……46
7「つなげる」思考スキルを活用して江戸幕府衰退の要因をさぐる学習(6年)……52
◎主体的・対話的で深い学びの授業改善――文部科学省初等中等教育局視学官 澤井陽介……58

■算数科……………………………………59
8「順序立てる」思考スキルを活用した筆算の学習(2年)……60
9「変換する」思考スキルを活用したわり算の学習(3年)……66
10「問いを見いだす」思考スキルを活用する合同な図形の学習(5年)……72
11「一般化」の思考スキルを活用した比の学習(6年)……78
◎算数科で育てたい資質・能力――埼玉大学教育学部 自然科学講座 二宮裕之……84

■理科……………………………………85
12「つなげる」思考スキルを活用したメダカの誕生の学習(5年)……86
13「多面的にみる」思考スキルを活用したものの燃え方についての学習(6年)……92
◎理科の授業パターンと思考スキル――関西大学総合情報学部 黒上晴夫……98

■英語科……………………………………99
14「比較・分類する」思考スキルを活用した英語学習(1年)……100
15「比較・分類する」思考スキルを活用した名詞の数量概念をとらえる学習(3年)……106
◎外国語活動・外国語科における資質・能力の育成――鳴門教育大学大学院学校教育研究科 泰山 裕……112

■生活科……………………………………113
16「広げる」思考スキルを活用した生活科の学習(2年)……114

■総合的な学習の時間……………………………………113
17 活動場面に適した思考スキルを選択・活用する総合的な学習の時間(4年)……120
◎「暗記・再生型」の授業を,「思考・発信型」の授業に――國學院大學人間開発学部初等教育学科 田村 学……126

■音楽科……………………………………127
18「広げる」思考スキルを活用し,体で音楽を表現する学習(2年)……128
◎身近な対象であるからこそ,自覚的に扱えるように――国立教育政策研究所・総括研究官 福本 徹……134

■道徳科……………………………………135
19「多面的にみる」思考スキルを活用した道徳(4年)……136

■ミューズ学習……………………………………143
20「いろいろなところからみる(多面的にみる)」技を習得するミューズ学習(1年)……144
21「分類する」思考スキルを習得するミューズ学習(2年)……150
22「組み立てる(構造化する)」技を習得するミューズ学習(3年)……156
23 思考スキルを組み合わせて活用することでiPadの活用法を明確にするミューズ学習(4年)……162
24「計画シート」の使い方を身につけるミューズ学習(5年)……168
25「計画シート」を活用するミューズ学習(6年)……174
◎ミューズ学習とメタ認知――関西大学総合情報学部 黒上晴夫……180

Ⅲ 研究結果のまとめと考察
1 研究の結果と考察……182
2 今後の課題……187

総括 新学習指導要領の構造と思考スキル・シンキングツール……188

前書きなど

著者◎関西大学初等部
◆執筆担当
Ⅰ 総論………………研究主任 古本温久

Ⅱ 教科別授業実践(掲載順)
■国語科
 福本 牧・金本竜一・西 勝巳・松本京子
■社会科
 石井芳生・堀 力斗・小森康裕・
■算数科
 古本温久・今田雅彦・山本文子・尾﨑正彦
■理科
 孕石泰孝・長戸 基
■英語科
 梅本龍多・Steven Wong・田渕良二・Michael Cafuta・関 温理
■生活科
 山本直樹
■総合的な学習の時間
 山田幸生・石井芳生・関 温理
■音楽科
 木村三津代
■道徳科
 山田幸生
■ミューズ学習
 金本竜一・山本直樹・今田雅彦・石井芳生・堀 力斗・尾﨑正彦

Ⅲ 研究結果のまとめと考察………………研究主任 古本温久

総括………………関西大学総合情報学部 黒上晴夫


◆指導助言者(寄稿・掲載順)
国立教育政策研究所・総括研究官 福本 徹
文部科学省初等中等教育局視学官 澤井陽介
埼玉大学教育学部 自然科学講座 二宮裕之
関西大学総合情報学部 黒上晴夫
鳴門教育大学大学院学校教育研究科 泰山 裕
國學院大學人間開発学部初等教育学科 田村 学

版元から一言

毎年研究発表会には1000人規模で参観希望者が集まり、思考スキルを使った授業づくりが常に注目を浴び続けている関大初等部。
開校以来7年間取り組んできた思考力、判断力、表現力を伸ばす授業は、新学習指導要領で示された資質・能力の育成につながってきます。

学習指導要領の改訂という大きな変化により、これからどんな授業が求められるのか。
教科毎の豊富な実践例と教科を横断する''ミューズ学習''で、読む人は明確なイメージが持てると思います。

上記内容は本書刊行時のものです。