版元ドットコム

探せる、使える、本の情報

文芸 新書 社会一般 資格・試験 ビジネス スポーツ・健康 趣味・実用 ゲーム 芸能・タレント テレビ・映画化 芸術 哲学・宗教 歴史・地理 社会科学 教育 自然科学 医学 工業・工学 コンピュータ 語学・辞事典 学参 児童図書 ヤングアダルト 全集 文庫 コミック文庫 コミックス(欠番扱) コミックス(雑誌扱) コミックス(書籍) コミックス(廉価版) ムック 雑誌 増刊 別冊 ラノベ
北斗星に乗って 広小路 尚祈(著) - 桜山社
.
詳細画像 0

書店員向け情報

書店注文情報

注文サイト:

在庫ステータス

不明

取引情報

直接取引: あり(トランスビュー扱い)

出版社への相談

店頭での販促・拡材・イベントのご相談がありましたらお気軽にご連絡ください。
9784908957178

北斗星に乗って

このエントリーをはてなブックマークに追加
発行:桜山社
四六判
232ページ
並製
価格 1,500円+税
ISBN
978-4-908957-17-8   COPY
ISBN 13
9784908957178   COPY
ISBN 10h
4-908957-17-7   COPY
ISBN 10
4908957177   COPY
出版者記号
908957   COPY
Cコード
C0095
一般 単行本 日本文学、評論、随筆、その他
出版社在庫情報
不明
発売予定日
登録日
2021年7月3日
最終更新日
2021年8月6日
このエントリーをはてなブックマークに追加

紹介

上野発の夜行列車・寝台特急「北斗星」がつなぐ8つの短編小説。
青く美しいこの列車は、僕をもう一つの世界へ運んでくれる。

目次

・週末のサラリーマン
・美唄市の夫婦
・上京する新社会人
・名古屋の新婚さん
・おばさんの集団
・少年と父
・早期退職をしたおじさん
・酪農家の跡取り

版元から一言

北斗星は、かつて上野駅から札幌駅までを結んでいた寝台特急。
2015年に惜しまれながら27年間の役目を終えました。
企画者の私は会社員時代、北斗星での一人旅を通して車中での一期一会の出会いを楽しみました。
個室で自分ひとりと向き合う時間こそ大切なものでした。
とても貴重な体験だったと忘れることはありません。なんだか良い時代でした。

ーーー北斗星がつなぐ8つの書き下ろし短編。
青く美しいこの列車は、僕をもう一つの世界へ運んでくれる。ーーー
数々のドラマは北斗星で起こっている。

著者プロフィール

広小路 尚祈  (ヒロコウジ ナオキ)  (

1972年、愛知県岡崎市に生まれる。高校卒業後、ホテル従業員、清掃作業員、タクシー運転手、不動産業、消費者金融など、10種類以上の職種を経験する。2007年、「だだだな町、ぐぐぐなおれ」が第50回群像新人文学賞優秀作に選ばれた。2010年、「うちに帰ろう」が第143回芥川賞候補、2011年、「まちなか」が第146回芥川賞候補。著書に『うちに帰ろう』(文藝春秋)、『清とこの夜』(中央公論新社)、『金貸しから物書きまで』(中公文庫)、『いつか来る季節』(桜山社)、『今日もうまい酒を飲んだ』(集英社文庫)など。

上記内容は本書刊行時のものです。