版元ドットコム

探せる、使える、本の情報

文芸 新書 社会一般 資格・試験 ビジネス スポーツ・健康 趣味・実用 ゲーム 芸能・タレント テレビ・映画化 芸術 哲学・宗教 歴史・地理 社会科学 教育 自然科学 医学 工業・工学 コンピュータ 語学・辞事典 学参 児童図書 ヤングアダルト 全集 文庫 コミック文庫 コミックス(欠番扱) コミックス(雑誌扱) コミックス(書籍) コミックス(廉価版) ムック 雑誌 増刊 別冊 ラノベ
人口の心理学へ 柏木 惠子(編) - ちとせプレス
.

人口の心理学へ 少子高齢社会の命と心

四六判
縦188mm 横128mm 厚さ20mm
296ページ
並製
価格 2,400円+税
ISBN
978-4-908736-00-1
Cコード
C1011
教養 単行本 心理(学)
出版社在庫情報
在庫あり
初版年月日
2016年6月
書店発売日
登録日
2016年5月30日
最終更新日
2018年2月26日
このエントリーをはてなブックマークに追加

紹介

人口が減り始めた日本。
私たちは命にどう関わるべきか?
命についての問題―生殖補助医療,育児不安,母性,親子,介護,人生の終末―に直面し苦悩し,格闘する心を扱う「人口の心理学」の提案!
心理学のみならず,人口学,社会学,生命倫理,日本近代史の第一線の論客が結集し,少子化,高齢化,人口減少に直面する日本社会のあり方を問う。

◎目次
序章 人口の心理学の視点―命と死と生涯発達 ●柏木惠子
第Ⅰ部 誕生―「授かる命」から「つくる命」へ
第1章 生殖補助医療・不妊治療のいま―心とテクノロジー ●小泉智恵・平山史朗
第2章 産む選択、産まない選択―出生前診断 ●玉井真理子
第3章 近代日本社会と子どもの命―子返しの習俗と規範の形成 ●太田素子
第4章 血がつながらない子どもの親になる―特別養子縁組による親子の形 ●富田庸子
第Ⅱ部 親子関係―「少子の子ども」と「長命の親」
第5章 子どもの価値―なぜ、女性は子どもを産むのか ●永久ひさ子
第6章 育児不安を考える―ライフコースの激変とアイデンティティの揺らぎ ●柏木惠子・加藤邦子
第7章 もたれ合う家族―日本の家族文化の問題 ●舩橋惠子
第8章 家族が変わる、老親介護も変わる―二一世紀の高齢者の介護と暮らし ●染谷俶子
第Ⅲ部 命の終わり方―「長命」は「長寿」か
第9章 人間の尊厳と死―「死の尊厳」の語られ方を読み解く ●大谷いづみ
第10章 変わるお葬式、消えるお墓―その実態と現代人の意識 ●小谷みどり
第11章 長生きすること―長命の価値と課題 ●森岡清美
終章 少子高齢社会の命と心―現在とこれから ●高橋惠子

コラム
1 子どもの誕生と死の意味―先人の日記や手紙からの示唆 ●柏木惠子
2 将来の日本がもつ人口問題とは? ●別府志海
3 日本の貧困 ●阿部彩
4 性・生殖と政治 ●高橋惠子
5 誕生のインファンティア ●西平直
6 生殖補助医療の死角―当事者の視点から ●加藤英明
7 「マタニティ・ハラスメント」は女性の身体性への差別 ●杉浦浩美
8 結婚、出産の価値の変化 ●本田由紀
9 なぜ少子に虐待か―家族臨床から見えること ●平木典子
10 嬰児殺に見る命の重み ●川﨑二三彦
11 「親孝行の終焉」の示唆するもの ●深谷昌志
12 平均寿命と健康寿命 ●菅原育子
13 介護保険制度 ●神前裕子
14 江戸時代の高齢化と看取りのシステム ●柳谷慶子
15 老人ホームに住むという選択 ●神前裕子
16 親孝行は美徳か?―親子間の資源の流れ再考 ●柏木惠子
17 長命化で厳しさを増す親と子のライフプラン ●畠中雅子

目次

序章 人口の心理学の視点―命と死と生涯発達 ●柏木惠子
第Ⅰ部 誕生―「授かる命」から「つくる命」へ
第1章 生殖補助医療・不妊治療のいま―心とテクノロジー ●小泉智恵・平山史朗
第2章 産む選択、産まない選択―出生前診断 ●玉井真理子
第3章 近代日本社会と子どもの命―子返しの習俗と規範の形成 ●太田素子
第4章 血がつながらない子どもの親になる―特別養子縁組による親子の形 ●富田庸子
第Ⅱ部 親子関係―「少子の子ども」と「長命の親」
第5章 子どもの価値―なぜ、女性は子どもを産むのか ●永久ひさ子
第6章 育児不安を考える―ライフコースの激変とアイデンティティの揺らぎ ●柏木惠子・加藤邦子
第7章 もたれ合う家族―日本の家族文化の問題 ●舩橋惠子
第8章 家族が変わる、老親介護も変わる―二一世紀の高齢者の介護と暮らし ●染谷俶子
第Ⅲ部 命の終わり方―「長命」は「長寿」か
第9章 人間の尊厳と死―「死の尊厳」の語られ方を読み解く ●大谷いづみ
第10章 変わるお葬式、消えるお墓―その実態と現代人の意識 ●小谷みどり
第11章 長生きすること―長命の価値と課題 ●森岡清美
終章 少子高齢社会の命と心―現在とこれから ●高橋惠子

コラム
1 子どもの誕生と死の意味―先人の日記や手紙からの示唆 ●柏木惠子
2 将来の日本がもつ人口問題とは? ●別府志海
3 日本の貧困 ●阿部彩
4 性・生殖と政治 ●高橋惠子
5 誕生のインファンティア ●西平直
6 生殖補助医療の死角―当事者の視点から ●加藤英明
7 「マタニティ・ハラスメント」は女性の身体性への差別 ●杉浦浩美
8 結婚、出産の価値の変化 ●本田由紀
9 なぜ少子に虐待か―家族臨床から見えること ●平木典子
10 嬰児殺に見る命の重み ●川﨑二三彦
11 「親孝行の終焉」の示唆するもの ●深谷昌志
12 平均寿命と健康寿命 ●菅原育子
13 介護保険制度 ●神前裕子
14 江戸時代の高齢化と看取りのシステム ●柳谷慶子
15 老人ホームに住むという選択 ●神前裕子
16 親孝行は美徳か?―親子間の資源の流れ再考 ●柏木惠子
17 長命化で厳しさを増す親と子のライフプラン ●畠中雅子

前書きなど

日本の人口現象―少子化,高齢化,人口減少―つまり,人間の生と死の問題が,私たちの命についての心とその表現としての行動とに深く関わっていることを明らかにしたいと,本書を企画しました。
人口現象では人間の数(量)の変化に注目が集まりがちです。しかし,この量の変化に潜んでいる,あるいは,量の変化をもたらしている私たちの「命についての考え方」,つまり,質の変化こそが検討されるべきでしょう。人間がどのようにして生まれ,生まれた命をどのように扱い,どのように命を終えるかについての考え方に,革命的ともいえる重大な変化が起こっていることに注目するべきです。本書は,この変化の事実とそこに起こっている問題を明らかにし,さらに,新しい方向を見出すことを企図しています。

版元から一言

発達心理学を長年にわたりリードしてきたお二人がタッグを組み,現代の日本が直面する人口に関する問題―少子,高齢,人口減少―が私たちの命や死,そして心の発達に何をもたらすのかを読み解いていきます。今後の日本社会のあり方,そして自分たちの生き方を考える,刺激に満ちた1冊です。

著者プロフィール

柏木 惠子  (カシワギ ケイコ)  (

1960年,東京大学大学院人文科学研究科博士課程単位取得退学。教育学博士。現在,東京女子大学名誉教授。
主要著作:『子どもという価値―少子化時代の女性の心理』(中央公論新社,2001年),『家族心理学―社会変動・発達・ジェンダーの視点』(東京大学出版会,2003年),『日本の男性の心理学―もう1つのジェンダー問題』(共編,有斐閣,2008年),『家族を生きる―違いを乗り越えるコミュニケーション』(共編,東京大学出版会,2012年),『おとなが育つ条件―発達心理学から考える』(岩波書店,2013年)

高橋 惠子  (タカハシ ケイコ)  (

1968年,東京大学大学院教育学研究科博士課程修了。教育学博士。現在,聖心女子大学名誉教授。
主要著作:『人間関係の心理学―愛情のネットワークの生涯発達』(東京大学出版会,2010年),『第二の人生の心理学―写真を撮る高齢者たちに学ぶ』(金子書房,2011年),『発達科学入門(全3巻)』(共編,東京大学出版会,2012年),『絆の構造―依存と自立の心理学』(講談社,2013年)

上記内容は本書刊行時のものです。