版元ドットコム

探せる、使える、本の情報

文芸 新書 社会一般 資格・試験 ビジネス スポーツ・健康 趣味・実用 ゲーム 芸能・タレント テレビ・映画化 芸術 哲学・宗教 歴史・地理 社会科学 教育 自然科学 医学 工業・工学 コンピュータ 語学・辞事典 学参 児童図書 ヤングアダルト 全集 文庫 コミック文庫 コミックス(欠番扱) コミックス(雑誌扱) コミックス(書籍) コミックス(廉価版) ムック 雑誌 増刊 別冊
戦前日本の私娼・性風俗産業と大衆社会 寺澤 優(著) - 有志舎
.

書店員向け情報 HELP

書店注文情報

注文電話番号:
注文FAX番号:
注文メール:

在庫ステータス

在庫あり

取引情報

取引取次:
  書店
JRC|八木
直接取引: なし

出版社への相談

店頭での販促・拡材・イベントのご相談がありましたらお気軽にご連絡ください。

戦前日本の私娼・性風俗産業と大衆社会 (センゼンニホンノシショウセイフウゾクサンギョウトタシュウシャカイ) 売買春・恋愛の近現代史 (バイバイシュンレンアイノキンゲンダイシ)

このエントリーをはてなブックマークに追加
発行:有志舎
A5判
326ページ
上製
定価 5,000円+税
ISBN
978-4-908672-61-3   COPY
ISBN 13
9784908672613   COPY
ISBN 10h
4-908672-61-X   COPY
ISBN 10
490867261X   COPY
出版者記号
908672   COPY
Cコード
C3021  
3:専門 0:単行本 21:日本歴史
出版社在庫情報
在庫あり
初版年月日
2022年12月30日
書店発売日
登録日
2022年11月1日
最終更新日
2022年12月20日
このエントリーをはてなブックマークに追加

紹介

近代日本の性風俗産業は、時代の潮流と共に多様に変化し新しいものが次々と生み出されていった。特に一九二〇年代以降、大衆化する社会のなかで、公娼制度のもとにあった遊廓などの娼妓から私娼である酌婦やカフェーの女給などへと、その産業の担い手たちは大きく変化していく。本書は、戦前の風俗や売買春に関する意識を問いつつ、公娼制度や廃娼運動中心の研究を超えてその構造を明らかにしていき、さらに男性側の心理も考察。それらから現代社会における売買春や性風俗をめぐる「常識」や前提を問い直し、再考していく。

目次

序章 近代日本における私娼・性風俗研究の可能性

第1部 大正期の私娼と〈準公娼制度〉への編入
 第1章 大正芸妓の売買春と黙認問題
 第2章 東京二大銘酒屋街形成と「私娼撲滅」の挫折
 補論① 戦前期の全国芸妓屋同盟会の設立と拡大

第2部 身売り問題と花柳界遊びにみる〈準公娼制度〉の限界
 第3章 身売りと都市売買春産業がかかえる問題
 第4章 花柳界がうみだす花柳界弱者と廃娼論
 補論② 大正期の「恋愛」論における「個」と人格

第3部 「エロ・グロ・ナンセンス」時代の到来
 第5章 一九三〇年代のカフェーの性風俗化による「女郎屋ハカイ」  
 第6章 カフェーにおける性の「大衆」化が示すもの
 第7章 ダンスホール閉鎖問題にみる戦時の性風俗・「自由恋愛」のゆくえ
  
終章 売買春・性風俗を変容させるもの 

著者プロフィール

寺澤 優  (テラザワ ユウ)  (

立命館大学衣笠総合研究機構専門研究員

上記内容は本書刊行時のものです。