版元ドットコム

探せる、使える、本の情報

文芸 新書 社会一般 資格・試験 ビジネス スポーツ・健康 趣味・実用 ゲーム 芸能・タレント テレビ・映画化 芸術 哲学・宗教 歴史・地理 社会科学 教育 自然科学 医学 工業・工学 コンピュータ 語学・辞事典 学参 児童図書 ヤングアダルト 全集 文庫 コミック文庫 コミックス(欠番扱) コミックス(雑誌扱) コミックス(書籍) コミックス(廉価版) ムック 雑誌 増刊 別冊 ラノベ
満洲国軍朝鮮人の植民地解放前後史 飯倉 江里衣(著) - 有志舎
.

書店員向け情報

書店注文情報

注文電話番号: 0359297350
注文FAX番号: 0359297352
注文メール: yushisha2005@gmail.com

在庫ステータス

在庫あり

取引情報

取引取次: ト|JRC|八木
直接取引: なし

出版社への相談

店頭での販促・拡材・イベントのご相談がありましたらお気軽にご連絡ください。
9784908672477

満洲国軍朝鮮人の植民地解放前後史 日本植民地下の軍事経験と韓国軍への連続性

このエントリーをはてなブックマークに追加
発行:有志舎
A5判
380ページ
上製
定価 6,800円+税
ISBN
978-4-908672-47-7   COPY
ISBN 13
9784908672477   COPY
ISBN 10h
4-908672-47-4   COPY
ISBN 10
4908672474   COPY
出版者記号
908672   COPY
Cコード
C3022
専門 単行本 外国歴史
出版社在庫情報
在庫あり
初版年月日
2021年2月25日
書店発売日
登録日
2021年1月6日
最終更新日
2021年2月18日
このエントリーをはてなブックマークに追加

紹介

日本がつくった満洲国軍に入り、日本の侵略戦争、植民地支配に積極的に協力したのは朴正熙元韓国大統領だけではない。朝鮮戦争の「英雄」と讃えられ、度々論争の的となってきた白善燁、朴正熙軍事独裁政権下で国務総理まで務めた丁一權、そして本書が注目する金白一……。彼らはいずれも植民地解放=日本敗戦後には韓国軍で将校となり、民間人を弾圧する側にまわった。本書は、満洲国軍での朝鮮人の軍事経験が韓国軍にどのように引き継がれたのかを問い、韓国における「親日派」問題とは何なのか、その歴史の深刻さを浮き彫りにする。

目次

序章 日本植民地下で培われた軍事経験の継続の問題を問う

第Ⅰ部 植民地下の朝鮮人と満洲国軍(1932~1945年)
 第1章 関東軍による朝鮮人支配の実態
 第2章 「五族協和」と「内鮮一体」の虚構
 第3章 朝鮮人部隊「間島特設隊」の虐殺経験
 補論 間島特設隊のもう一つの軍事経験

第Ⅱ部 植民地解放後の満洲国軍出身朝鮮人と韓国軍(1945~1948年)
 第4章 満洲国軍出身者の知られざる解放直後の「左翼」経歴
 第5章 韓国軍の民間人虐殺に満洲国軍出身者はいかにかかわったのか

終章 満洲国軍朝鮮人の植民地解放前後史から見えてくるもの

著者プロフィール

飯倉 江里衣  (イイクラ エリイ)  (

神戸女子大学文学部助教

上記内容は本書刊行時のものです。