版元ドットコム

探せる、使える、本の情報

文芸 新書 社会一般 資格・試験 ビジネス スポーツ・健康 趣味・実用 ゲーム 芸能・タレント テレビ・映画化 芸術 哲学・宗教 歴史・地理 社会科学 教育 自然科学 医学 工業・工学 コンピュータ 語学・辞事典 学参 児童図書 ヤングアダルト 全集 文庫 コミック文庫 コミックス(欠番扱) コミックス(雑誌扱) コミックス(書籍) コミックス(廉価版) ムック 雑誌 増刊 別冊 ラノベ
ベ平連とその時代 平井 一臣(著) - 有志舎
.

ベ平連とその時代 身ぶりとしての政治

発行:有志舎
四六判
340ページ
上製
価格 2,800円+税
ISBN
978-4-908672-41-5
Cコード
C1021
教養 単行本 日本歴史
出版社在庫情報
在庫あり
初版年月日
2020年7月25日
書店発売日
登録日
2020年6月4日
最終更新日
2020年7月15日
このエントリーをはてなブックマークに追加

紹介

ベトナム戦争が激化し、高度成長まっただ中の1965年、べ平連(ベトナムに平和を!市民連合)は登場した。それまでの社会運動とは違い、デモをしながら道行く人びとにカラフルなビラや花を配り、フォークソングを歌い、反戦スナック・喫茶店を開き、ユニークなミニコミを発行し、自由な発想で、「ふつうの市民」としてそれぞれの主体性を尊重しあい、各地で反戦の声を上げていった。彼ら/彼女らは多様な「身ぶり」を通して日常に新しい政治空間を創造していったのである。このような運動がなぜこの時代に登場し、全国に拡大していったのか。ベ平連の思想と行動の意味を現代史のなかから明らかにする。

目次

プロローグ 
第一章 ベ平連まで
第二章 ベ平連発足
第三章 「つなぎの運動」から「持続する運動」へ――初期ベ平連の運動
第四章 地域からのベ平連
第五章 脱走兵と七〇年安保
第六章 フォークソングとハンパク――対抗文化運動としてのベ平連
第七章 安保を過ぎて
エピローグ

著者プロフィール

平井 一臣  (ヒライ カズオミ)  (

鹿児島大学法文学部教授

上記内容は本書刊行時のものです。