版元ドットコム

探せる、使える、本の情報

文芸 新書 社会一般 資格・試験 ビジネス スポーツ・健康 趣味・実用 ゲーム 芸能・タレント テレビ・映画化 芸術 哲学・宗教 歴史・地理 社会科学 教育 自然科学 医学 工業・工学 コンピュータ 語学・辞事典 学参 児童図書 ヤングアダルト 全集 文庫 コミック文庫 コミックス(欠番扱) コミックス(雑誌扱) コミックス(書籍) コミックス(廉価版) ムック 雑誌 増刊 別冊 ラノベ
牧原憲夫著作選集 下巻 牧原 憲夫(著) - 有志舎
.

牧原憲夫著作選集 下巻 近代日本の文明化と国民化

発行:有志舎
四六判
324ページ
上製
価格 2,600円+税
ISBN
978-4-908672-34-7
Cコード
C1021
教養 単行本 日本歴史
出版社在庫情報
在庫あり
初版年月日
2019年9月30日
書店発売日
登録日
2019年8月8日
最終更新日
2019年9月25日
このエントリーをはてなブックマークに追加

書評掲載情報

2019-11-03 毎日新聞  朝刊
評者: 加藤陽子(東京大学教授・日本近代史)
2019-10-26 朝日新聞  朝刊

紹介

1990年代以降の日本近代史研究に大きな足跡を残した歴史家・牧原憲夫。その研究の中から牧原史学のエッセンスが詰まった代表的な論文を精選して収録。下巻は、国民国家論をめぐって展開された著者の文明化・国民化についての論考と、田中正造と山代巴を対象に歴史のなかの個人を論じた論文などを集成。国民国家論への批判に対して、みずからの理論的立場や歴史に対する姿勢を語ったものや、著者が長きにわたって関心を持ちつづけた山代巴に関する論考には、牧原史学の発想と方法が色濃く反映されている。

目次

Ⅴ 国民化の回路――文明化・祝祭・天皇
 一 文明開化論
 二 万歳の誕生
 三 巡幸と祝祭日――明治初年の天皇と民衆 
 四 日本はいつネーションになったか
Ⅵ 国民国家論への問題提起
 一 私にとっての国民国家論
 二 国民国家の発見――『幕末・明治期の国民国家形成と文化変容』を手がかりに
 三 国民国家における重層性と相互浸透をめぐって――『世紀転換期の国際秩序と国民文化の形成』を読んで
Ⅶ 歴史のなかの個人――田中正造と山代巴
 一 田中正造――被治者と治者のはざまに
 二 日常茶飯に人権の折り目を――山代巴さんの「戦争反省」の実践に学ぶ
 三 連帯と黙秘と――山代巴の運動論
 四 一途の焰

解説(藤野裕子・戸邉秀明)
牧原憲夫 著作目録

著者プロフィール

牧原 憲夫  (マキハラ ノリオ)  (

元・東京経済大学経済学部教員、2016年死去

上記内容は本書刊行時のものです。