版元ドットコム

探せる、使える、本の情報

文芸 新書 社会一般 資格・試験 ビジネス スポーツ・健康 趣味・実用 ゲーム 芸能・タレント テレビ・映画化 芸術 哲学・宗教 歴史・地理 社会科学 教育 自然科学 医学 工業・工学 コンピュータ 語学・辞事典 学参 児童図書 ヤングアダルト 全集 文庫 コミック文庫 コミックス(欠番扱) コミックス(雑誌扱) コミックス(書籍) コミックス(廉価版) ムック 雑誌 増刊 別冊 ラノベ
吉野作造と関東軍 藤村 一郎(著) - 有志舎
.

吉野作造と関東軍 満蒙権益をめぐる民本主義と統帥権の相克

発行:有志舎
四六判
320ページ
上製
価格 2,600円+税
ISBN
978-4-908672-32-3
Cコード
C1021
教養 単行本 日本歴史
出版社在庫情報
在庫あり
初版年月日
2019年8月25日
書店発売日
登録日
2019年7月1日
最終更新日
2019年8月19日
このエントリーをはてなブックマークに追加

紹介

戦前日本は、軍の外交容喙による権力の分裂という問題を抱えていた。シビリアン・コントロールのほころびが見え、外国駐留軍が存在する現代日本は、これを過去の話として片付けられない。本書は、外地駐留軍としての関東軍とその問題点を追及する政治学者・吉野作造を共に追いかけ、近代日本を変えた満洲事変への道を再検討する。両者の国際秩序構想などを中心に、「大正デモクラシー」をペンで牽引した吉野と剣の力で時代を動かそうとした関東軍との攻防を描き出す。

目次

はじめに 吉野作造と関東軍
第一章 日露戦争期から第一次世界大戦まで
第二章 第一次世界大戦末の対中国政策とシベリア出兵
第三章 ワシントン会議
第四章 奉天軍閥の危機
第五章 国民革命期の対満蒙政策
第六章 満洲事変
おわりに 「デモクラシー」と軍部

著者プロフィール

藤村 一郎  (フジムラ イチロウ)  (

鹿児島大学准教授

後藤 啓倫  (ゴトウ ヒロミチ)  (

九州大学大学院法学研究院協力研究員

上記内容は本書刊行時のものです。