版元ドットコム

探せる、使える、本の情報

文芸 新書 社会一般 資格・試験 ビジネス スポーツ・健康 趣味・実用 ゲーム 芸能・タレント テレビ・映画化 芸術 哲学・宗教 歴史・地理 社会科学 教育 自然科学 医学 工業・工学 コンピュータ 語学・辞事典 学参 児童図書 ヤングアダルト 全集 文庫 コミック文庫 コミックス(欠番扱) コミックス(雑誌扱) コミックス(書籍) コミックス(廉価版) ムック 雑誌 増刊 別冊 ラノベ
加賀藩の明治維新 宮下 和幸(著) - 有志舎
.

加賀藩の明治維新 新しい藩研究の視座 政治意思決定と「藩公議」

発行:有志舎
A5判
394ページ
上製
価格 6,600円+税
ISBN
978-4-908672-31-6
Cコード
C3021
専門 単行本 日本歴史
出版社在庫情報
在庫あり
初版年月日
2019年6月30日
書店発売日
登録日
2019年5月22日
最終更新日
2019年7月2日
このエントリーをはてなブックマークに追加

紹介

北陸の大藩である加賀藩は、幕末政局において目立った動きを見せずに明治維新を迎えたとみなされ、加賀藩=「日和見」とのラベリングがなされてきた。しかし、それは正当な評価なのだろうか。本書は、加賀藩における政治意思決定のあり方や京都の政局への対応、さらに藩組織の改編や軍制改革、「西洋流」の受容などを明らかにし、そこから明治維新という変革の意義を積極的に追究していく。数ある藩研究の一事例にとどまらない、新しい藩研究を切り開く挑戦である。

目次

序章 幕末維新期の藩をどう論じるか
第一部 藩の政治過程における政治意思決定の様相
 第一章 文久・元治期における加賀藩の藩是と「藩論」  
 第二章 慶応末期加賀藩における政治過程と藩是・「藩論」  
 第三章 明治初年加賀藩の政治過程と職制改革の特質  
 第四章 明治初年の加賀藩における人材登用  
第二部 政策分析からみる組織と軍事
 第五章 幕末期における加賀藩上層部の体制と京都詰
 第六章 幕末期加賀藩における藩上層部の相克 
 第七章 加賀藩銃卒制度の成立・展開と動員の論理
 第八章 幕末期加賀藩軍制改革と戊辰戦争への動員
終章 藩研究の可能性

著者プロフィール

宮下 和幸  (ミヤシタ カズユキ)  (

1975年生まれ、金沢市立玉川図書館近世史料館学芸員

上記内容は本書刊行時のものです。