版元ドットコム

探せる、使える、本の情報

文芸 新書 社会一般 資格・試験 ビジネス スポーツ・健康 趣味・実用 ゲーム 芸能・タレント テレビ・映画化 芸術 哲学・宗教 歴史・地理 社会科学 教育 自然科学 医学 工業・工学 コンピュータ 語学・辞事典 学参 児童図書 ヤングアダルト 全集 文庫 コミック文庫 コミックス(欠番扱) コミックス(雑誌扱) コミックス(書籍) コミックス(廉価版) ムック 雑誌 増刊 別冊 ラノベ
創られた「人種」 黒川 みどり(著) - 有志舎
.

創られた「人種」 部落差別と人種主義(レイシズム)

発行:有志舎
四六判
280ページ
上製
定価 2,600円+税
ISBN
978-4-908672-01-9
Cコード
C1021
教養 単行本 日本歴史
出版社在庫情報
在庫あり
初版年月日
2016年2月
書店発売日
登録日
2016年1月14日
最終更新日
2016年10月17日
このエントリーをはてなブックマークに追加

紹介

国連人権理事会をはじめとする世界的な人種主義をめぐる議論においては、日本の部落問題は当然のごとくそのなかに位置づけられている。にもかかわらず、日本国内でまだその認識が薄い。しかし明治以後、部落問題は「人種が違う」といった「人種」のアナロジーとして常に語られてきた。そして、こういった語りは、まぎれもなく近代が創り出したものであり、部落問題はたんなる封建遺制ではなく、近現代社会が存続させてきたものである。本書は、明治から現代まで、様々な「部落」についての言説やその差別の思想・論理を丁寧に跡づけながら、国民化の語りのなかで人種主義(レイシズム)を形成し、部落差別を継続し続けてきた近現代日本社会のありようを問い直す。

目次

はじめに
一 「人種」という語りの成立
 1 「種姓」観念と「天理人道」
 2 人類学による「学知」の付与
 3 「習慣ハ第二ノ天性」
二 もう一つの「人種」
 1 被差別部落の〈発見〉
 2 「特殊部落」という「人種」
 3 起源論による対抗――大和同志会
三 「人種」から「民族」へ
 1 「同一民族」のなかの「異種」
 2 「人種」と「民族」のはざま
 3 「階級」による「烙印」の消去
 4 「日本民族」への包摂
四 「人種」という語りの「消滅」/その後
 1 「特殊部落」という語り
 2 「市民社会」の陰――中上健次の作品と思想から
 3 「被差別部落」という語りの無化/後退
参考文献

著者プロフィール

黒川 みどり  (クロカワ ミドリ)  (

静岡大学教授

上記内容は本書刊行時のものです。