版元ドットコム

探せる、使える、本の情報

文芸 新書 社会一般 資格・試験 ビジネス スポーツ・健康 趣味・実用 ゲーム 芸能・タレント テレビ・映画化 芸術 哲学・宗教 歴史・地理 社会科学 教育 自然科学 医学 工業・工学 コンピュータ 語学・辞事典 学参 児童図書 ヤングアダルト 全集 文庫 コミック文庫 コミックス(欠番扱) コミックス(雑誌扱) コミックス(書籍) コミックス(廉価版) ムック 雑誌 増刊 別冊 ラノベ
寄席の底ぢから 中村 伸(著/文) - 三賢社
.

寄席の底ぢから

発行:三賢社
四六判
縦188mm 横128mm
240ページ
価格 1,500円+税
ISBN
978-4-908655-10-4
Cコード
C0076
一般 単行本 諸芸・娯楽
出版社在庫情報
在庫あり
書店発売日
登録日
2018年7月5日
最終更新日
2018年9月16日
このエントリーをはてなブックマークに追加

書評掲載情報

2018-12-16 しんぶん赤旗
評者: 瀧口雅仁(芸能史研究家)
2018-11-09 サライ  12月号
2018-10-28 毎日新聞  朝刊
2018-10-13 十勝毎日新聞
2018-09-28 東京かわら版  10月号
2018-09-15 日本経済新聞  朝刊
2018-08-25 日刊ゲンダイ  
2018-08-21 散歩の達人  9月号

紹介

365日ほぼ無休で昼夜興行する究極の大衆劇場
寄席の魅力が満載!

落語、漫才、紙切り、曲芸、講談、物まね……。寄席はワッと笑って、気分よく帰ってもらうことを誰もが大事にしているから、想像以上に面白くて楽しい場所だ。笑いの中から逆境を乗り越えるヒントや活力をもらえたり、生きる勇気が湧いてくることもある。脈々と続く大衆娯楽としての歴史や文化も交えながら、その魅力や楽しみ方を余すところなく紹介!

著者より一言
落語ブーム到来。昔ながらの上野、新宿、浅草、池袋にある寄席にも活気が生まれています。落語のほかにも見どころたくさん。大人も子どもも楽しめる寄席演芸の魅力を、この一冊に凝縮しました。

目次

もくじ

寄席は皆さんが思っているより面白い

一 寄席の事件簿

寄席は楽しい場所か?
二〇一一年三月一四日、新宿末廣亭
誰もがまじめに芸と向き合った夜
なに語ったらいいのかわからなかったんですよ
場内大合唱の夕べ~二〇一一年九月、浅草
狂気をもった新真打~二〇一二年四月、新宿
あの鶴瓶が寄席に出る!~二〇一二年五月、新宿
深い時間に二ツ目が三人登場~二〇一二年一〇月、浅草
小三治五〇分の長講~二〇一三年正月、新宿
寝ると死にますよ~二〇一三年一二月、名古屋
寄席の写メタイムは盛り上がる
珍しい二度上がり~二〇一五年三月、新宿
フリースタイル落語の夜~二〇一六年三月、新宿
珍客到来~二〇一六年四月、浅草
師匠、そのネタ出ています~二〇一七年四月、池袋
何人殺すつもりか?~二〇一七年七月、池袋
破綻がないのが寄席

二 寄席の楽しみ方

都内には四軒の「定席」がある
そのほかの寄席
定席はすべて「色物席」である
寄席の番組は意外にうまくできている
出番によってネタは変わる
寄席ならではの伝統的な色物芸
色物芸はバラエティー豊か
漫才やコントは寄席のスパイスだ
想像する楽しみ、反応する楽しみ
寄席の客席は「お座敷」である
番組は一〇日ごとに変わる
三一日ある月の最終日は「余一回」
深夜寄席と夜の部の割引
客は寄席を選べるが、寄席は客を選べない
寄席囃子のいろいろ
寄席囃子のシンは三味線
寄席は着物姿の良さを鑑賞できる場である
寄席文字は辛うじて生き残った
寄席に行くなら体調のいい日に

三 寄席の歴史

四〇〇軒から一一軒へ
落語はとびきり遅咲きの芸能だった
「笑い噺」から落語へ
「カミシモ」の演出は歌舞伎から
寄席も歌舞伎も大打撃を受けた「天保の改革」
「落語色物席」が次々に生まれる
庶民の暮らしと寄席
三遊亭圓朝が変えた落語の立ち位置
珍芸四天王の登場
「落語研究会」が発足
外国人芸人や泥棒談義
東西交流とナンセンス落語
世の中が便利になると落語の客が減る
寄席が映画に食われる
禁演落語と敗戦
落語の時代の幕開け
『笑点』をつくった立川談志
落語協会分裂騒動と談志一門の脱退
落語ブームと地域寄席の広がりの中で


四 寄席のある街 

上野
広小路に響き渡るハネ太鼓の音色
始まりは幕末の安政時代
若手や中堅真打が腕を磨く場
大太鼓の長講やネタ出しの公演もある
大塚鈴本と講談本牧亭
上野の山と落語との不思議な関係

新宿
寄席提灯と寄席文字がかもし出す独特の風景
戦後の焼け跡に建った寄席
林家三平が象徴する昭和三〇年代の輝きと明るさ
一〇〇人の通より五〇〇人の一般のお客さんが大事
じつは創業以来ずっと場内アルコール禁止
寄席の建物が新宿区の地域文化財の第一号に認定
関東大震災後に発展したターミナル街

浅草 
元日の一番太鼓は朝八時半に鳴る
寄席オープンのきっかけは先のオリンピック
良い意味で「敷居の低い」寄席
再び浅草の街が変わる
芸人が気楽に歩く街

池袋
どこに座っても特等席
のどかな学生の街から巨大ターミナル街へ
街の変貌を見続けてきた寄席
待ち時間は長めで珍しいネタも出る
上演中の外出を許しているのは池袋だけ

五 寄席の底ぢから
寄席は何度ヘコんでも必ず蘇る
楽屋が若者を「芸人」にする
若手にとって寄席の出番は貴重な時間
スタイルは昔のままだが喋ることは今
日々試行錯誤できるのが寄席の良さ
同じネタを二度、三度聞く面白さ
嫌なことがあった日には寄席へ
五〇年後、一〇〇年後にも寄席を残すために

あとがき

定席および寄席案内

主な参考文献

著者プロフィール

中村 伸  (ナカムラ ノビル)  (著/文

1961年東京生まれ。出版社勤務からフリーランスに。編集者、伝記作家。落語は好きで、DVDブック『立川談志全集 よみがえる若き日の名人芸』(NHK出版)や、『談四楼がやってきた!』(音楽出版社)の製作に携わる。ほかに水木しげる著『ゲゲゲの人生 わが道を行く』、ポスターハリスカンパニーの笹目浩之著『ポスターを貼って生きてきた』などを構成・編集。

上記内容は本書刊行時のものです。