版元ドットコム

探せる、使える、本の情報

文芸 新書 社会一般 資格・試験 ビジネス スポーツ・健康 趣味・実用 ゲーム 芸能・タレント テレビ・映画化 芸術 哲学・宗教 歴史・地理 社会科学 教育 自然科学 医学 工業・工学 コンピュータ 語学・辞事典 学参 児童図書 ヤングアダルト 全集 文庫 コミック文庫 コミックス(欠番扱) コミックス(雑誌扱) コミックス(書籍) コミックス(廉価版) ムック 雑誌 増刊 別冊 ラノベ
新「ニッポン社会」入門 英国人、日本で再び発見する コリン・ジョイス(著/文) - 三賢社
.

新「ニッポン社会」入門 英国人、日本で再び発見する

発行:三賢社
四六判
216ページ
価格 1,400円+税
ISBN
978-4-908655-00-5
Cコード
C0098
一般 単行本 外国文学、その他
出版社在庫情報
在庫あり
書店発売日
登録日
2016年2月2日
最終更新日
2018年1月17日
このエントリーをはてなブックマークに追加

書評掲載情報

2016-04-10 朝日新聞
評者: 横尾忠則(美術家)
2016-02-21 毎日新聞

紹介

10年ぶり、あの快作がパワーアップして帰ってきた。デビュー作『「ニッポン社会」入門』で、日本社会の本質を鮮やかに描き出したコリン・ジョイスが、再びその真相に深く迫る抱腹必至のエッセイ集。今回も、思いもよらないような発見と磨き上げられたユーモアが満載。目からうろこが落ち、へそが茶をわかす――日本論なら、この人におまかせ!

目次

ぼくが日本を離れた本当の理由
1 永遠に解けないニッポンの謎
2 テレホンカードの密やかな愉しみ
3 はったり利かせて、目指せ「日本通」
4 ナマハゲに捧げる、ささやかな忠告
5 外国人をからかうなら、今だ!
6 「半熟ニホンゴ」の話し方
7 やっぱり、日本語はおもしろい
8 ボクのニッポン赤面体験
9 ゆるキャラ、侮るなかれ
10 川べりの優雅な少年たち
11 二つの国のサッカー、その理想と現実
12 「モンキー」は、ぼくのヒーロー
13 お願いだから、ぼくにその話を振らないで
14 「あまり知られていない」ニッポン
15 「日本人、変わってる?」
16 日本は今日も安倍だった
17 あのとき思ったこと、いま思っていること
18 知らなかったことだけで、一冊の本になる
著者あとがき
訳者あとがき

著者プロフィール

コリン・ジョイス  (コリン ジョイス)  (著/文

1970年、ロンドン東部のロムフォード生まれ。オックスフォード大学で古代史と近代史を専攻。92年来日し、高校の英語教師、『ニューズウィーク日本版』記者、英紙『デイリーテレグラフ』東京特派員を経て、フリージャーナリストに。07年に渡米し、10年帰国。著書に『「ニッポン社会」入門』、『「アメリカ社会」入門』、『「イギリス社会」入門』、『驚きの英国史』など。

森田浩之  (モリタヒロユキ)  (翻訳

ジャーナリスト。立教大学兼任講師。ロンドン・スクール・オブ・エコノミクス(LSE)メディア学修士。主な訳書にコリン・ジョイス『「イギリス社会」入門』、『驚きの英国史』。著書に『メディアスポーツ解体』、『スポーツニュースは恐い』など。

上記内容は本書刊行時のものです。