版元ドットコム

探せる、使える、本の情報

文芸 新書 社会一般 資格・試験 ビジネス スポーツ・健康 趣味・実用 ゲーム 芸能・タレント テレビ・映画化 芸術 哲学・宗教 歴史・地理 社会科学 教育 自然科学 医学 工業・工学 コンピュータ 語学・辞事典 学参 児童図書 ヤングアダルト 全集 文庫 コミック文庫 コミックス(欠番扱) コミックス(雑誌扱) コミックス(書籍) コミックス(廉価版) ムック 雑誌 増刊 別冊 ラノベ
68TH STREET 上田義彦(著) - ユナイテッドヴァガボンズ
.

68TH STREET

縦360mm 横254mm 厚さ23mm
重さ 1g
140ページ
上製
価格 10,000円+税
ISBN
978-4-908600-02-9
Cコード
C0072
一般 単行本 写真・工芸
出版社在庫情報
不明
初版年月日
2018年4月
書店発売日
登録日
2017年11月9日
最終更新日
2018年6月4日
このエントリーをはてなブックマークに追加

紹介

上田義彦は一枚の紙をモチーフに、ニューヨーク68丁目の部屋に落ちてくる、移ろい、刻々とその姿を変える光を追いかけ、完璧な美しさでモノクロームの印画紙の上に、上田にとっても命題であった写真の宿命である光と、それによって生まれる影として定着させた。その深淵な「光と影」の写真群は、撮影後すぐにニューヨークで、上田が信頼する旧知のアートディレクター、ファビアン・バロンに託され、撮影された時間軸そのままに光の軌跡として写真集に刻印された。印刷・製本は京都のサンエムカラー。数々の写真集や美術書、カレンダーなどの美術印刷で知られるサンエムカラーならではの1000dpi(通常の印刷物の約3倍の画素密度)の高精度印刷と、B4変形、ハードカバー、クロス掛け、フランス装で140ページ(通常のページ換算だと280ページ)、UVインクとエンボス加工も施した、日本の印刷技術と造本技術の粋を極めた仕上がり

目次

masa.sugatsuke@mac.com

版元から一言

日本の広告写真、ポートレイト写真の第一人者、上田義彦による光と影をめぐる写真の根元に迫る世界。世界トップのアートディレクター、ファビアン・バロンによる工芸品的デザイン&造本で限定千部、定価1万円で4月末発売!同名写真展もGallery916で4月21日より開催。

著者プロフィール

上田義彦  (ウエダ ヨシヒコ)  (

写真家/多摩美術大学グラフィックデザイン学科教授
1957年兵庫県生まれ。24歳の時プロフェッショナルとして写真家の道に入る。以来、透徹した自身の美学のもと、さまざまな被写体に向き合うことになる。ポートレート、静物、風景、建築、パフォーマンス等、カテゴリーを超越した作品は国内外で高い評価を得る。2015年には自身の30余年の活動を集大成した写真集『A Life with Camera』を出版。代表作のひとつであるアメリカンインディアンの聖なる森を捉えた『QUINAULT』(1993)は、その後も上田を森に誘い、2017年には約30年ぶりに再びQUINAULTの森、そして日本の屋久島の森、春日の森を撮影し、写真集『Forest 印象と記憶1989-2017』にまとめた。2014年、日本写真協会作家賞を受賞。同年から多摩美術大学教授として後進の育成にも力を注ぐ。

関連リンク

http://gallery916.com/

写真集と同名写真展開催!
上田義彦「68th Street 光の記憶」展
会期: 2018年4月21日(土)~ 5月20日(日)
平日 11:00~20:00 / 土日・祝日11:00~18:30
休廊:月曜日(祝日を除く)
入場料 : 一般 800円、大学生・シニア(60歳以上) 500円
高校生 300円、中学生以下無料 

上記内容は本書刊行時のものです。