版元ドットコム

探せる、使える、本の情報

文芸 新書 社会一般 資格・試験 ビジネス スポーツ・健康 趣味・実用 ゲーム 芸能・タレント テレビ・映画化 芸術 哲学・宗教 歴史・地理 社会科学 教育 自然科学 医学 工業・工学 コンピュータ 語学・辞事典 学参 児童図書 ヤングアダルト 全集 文庫 コミック文庫 コミックス(欠番扱) コミックス(雑誌扱) コミックス(書籍) コミックス(廉価版) ムック 雑誌 増刊 別冊 ラノベ
岩船 栗原洋一(著/文) - 書肆子午線
.

岩船

発行:書肆子午線
A5判
縦210mm 横148mm 厚さ5mm
重さ 200g
64ページ
並製
価格 2,000円+税
ISBN
978-4-908568-24-4
Cコード
C0092
一般 単行本 日本文学詩歌
出版社在庫情報
在庫あり
初版年月日
2019年9月30日
書店発売日
登録日
2019年9月17日
最終更新日
2019年9月30日
このエントリーをはてなブックマークに追加

紹介

「わが身はすでに/鈴虫の/うつせみの灰の身ならば/いまはただこのいつくしみの思いを/この枯野にしずめ/薄明の灰に帰らむ/おほかたの/常ならぬ世の/秋の果てに」(「鈴虫」より)

1990年代に『吉田』『草庭』の二冊の歴史的な詩集を発表し、以後も世界に対しマージナルな位置で孤独に詩作を続けてきた詩人・栗原洋一の26年ぶりの新詩集がついに刊行。
伊予風土記の逸文をモチーフに伊予松山の伝承や神話と詩人の「現在」が往還する長歌「岩船」とその反歌「櫂ノ歌」からなる表題詩篇「岩船」、広島への原爆投下という「歴史的惨事」に対峙する「宇品まで」「厳島」「創造者」など16篇の詩を収める。
栞=稲川方人/林浩平

はるか遠い古語の文献(「源氏物語」等々)に響いているのはあくまでも「現世」に他ならない。「現世」こそが「常ならぬ世」の彼岸であることを、詩集『岩船』はわれわれに教えるだろう。(稲川方人)

ハイデッガーがその詩論で唱えたように、我々は生の実存的な不安に晒されるなかで、Da「現」の根源的な顕現である「開け」を経験するために詩を書くのである。栗原氏が郷土松山の歴史の裂目に身を差し入れて、歴史事象を題材として詩を書くことこそが、自らの生を「現存在」として掴みとろうとする、のっぴきならない営為ではないだろうか。(林浩平)

目次

神野
枯葉
波動
告知
宿営地
岩船 岩船/櫂ノ歌
去年の舟
宇品まで
厳島
創造者

海の鏡
失踪者
鈴虫
白き象
焚火

著者プロフィール

栗原洋一  (クリハラヨウイチ)  (著/文

1946年愛媛県松山市生まれ。詩集に『吉田』(七月堂、1990年/新版・2009年)。『草庭』(思潮社、1993年)。

上記内容は本書刊行時のものです。