版元ドットコム

探せる、使える、本の情報

文芸 新書 社会一般 資格・試験 ビジネス スポーツ・健康 趣味・実用 ゲーム 芸能・タレント テレビ・映画化 芸術 哲学・宗教 歴史・地理 社会科学 教育 自然科学 医学 工業・工学 コンピュータ 語学・辞事典 学参 児童図書 ヤングアダルト 全集 文庫 コミック文庫 コミックス(欠番扱) コミックス(雑誌扱) コミックス(書籍) コミックス(廉価版) ムック 雑誌 増刊 別冊 ラノベ
わたしとあなたで世界をやめてしまったこと 福島直哉(著/文) - 書肆子午線
..

わたしとあなたで世界をやめてしまったこと

発行:書肆子午線
A5変型判
120ページ
定価 2,400円+税
ISBN
9784908568091
Cコード
C0092
一般 単行本 日本文学詩歌
出版社在庫情報
不明
書店発売日
登録日
2016年10月30日
最終更新日
2016年11月30日
このエントリーをはてなブックマークに追加

紹介

屈折と断絶、そして邂逅と別離の限りなき反復。ふたつの若い身体に訪れる息詰まる試練を世界は新たな希望と見なすのだろうか。現代詩の現在に誕生した若々しい恋歌、福島直哉第一詩集刊行。

目次

いつかをどこかで待っている
さよならの意味が始まって
わたしが子供に帰るとき
蹲る砂浜
病室の空
冬の木霊
抽斗の手紙
牛の街
春の匂いが染みついて
森の駅
燐光の流れる川
薄明の朝
わたしのお墓
どこまでも流離うためのせかい
水平線の椅子
透き通る道
砂糖水の夜
海岸線の発光
無人の販売所
満月の夜

著者プロフィール

福島直哉  (フクシマナオヤ)  (著/文

一九八九年、神奈川県横浜市生まれ。

上記内容は本書刊行時のものです。