版元ドットコム

探せる、使える、本の情報

文芸 新書 社会一般 資格・試験 ビジネス スポーツ・健康 趣味・実用 ゲーム 芸能・タレント テレビ・映画化 芸術 哲学・宗教 歴史・地理 社会科学 教育 自然科学 医学 工業・工学 コンピュータ 語学・辞事典 学参 児童図書 ヤングアダルト 全集 文庫 コミック文庫 コミックス(欠番扱) コミックス(雑誌扱) コミックス(書籍) コミックス(廉価版) ムック 雑誌 増刊 別冊 ラノベ
Huldufólk Íslands I 小川 周佑(著/文) - 石井図書製作
.
詳細画像 0 詳細画像 1 詳細画像 2 詳細画像 3 詳細画像 4

書店員向け情報

在庫ステータス

在庫あり

取次情報

取次: JRC
直接取引: あり(自社)

Huldufólk Íslands I アイスランド・謎の妖精「Huldufólk」を追う

このエントリーをはてなブックマークに追加
A4変型判
縦210mm 横297mm 厚さ2mm
重さ 154g
29ページ
価格 2,000円+税
ISBN
978-4-908480-01-0   COPY
ISBN 13
9784908480010   COPY
ISBN 10h
4-908480-01-X   COPY
ISBN 10
490848001X   COPY
出版者記号
908480   COPY
 
Cコード
C0072
一般 単行本 写真・工芸
出版社在庫情報
在庫あり
初版年月日
2019年10月1日
書店発売日
登録日
2020年8月5日
最終更新日
2020年9月3日
このエントリーをはてなブックマークに追加

紹介

北欧にある孤島の国・アイスランド。そこではHuldufólk(フルドゥフォルク)と呼ばれる妖精の一種に関する伝承が古くから伝えられている。2ヶ月半にわたり取材を行い、妖精の教会や妖精の交易地帯など、妖精について古くからの伝承が残る場所や、2010年以降実際に起こった妖精に関する事件の重要な場所を掲載した写真集。

目次

1 はじめに
2・3 Icelandic Elf School
4・5 Grásteinn(Reykjavík)
6・7 Svalþúfa-Þúfubjarg
8・9 Ófeigskirkja89
10・11 Arnarklettur
12・13 Reynisdrangar
14・15 The Arctic Henge
16・17 Hamarinn Cliffs
18・19 Hafnarfjorður
20・21 Reykjavík
22・23 Álfkonusteinn
24・25 Bjartmarssteinn
26・27 Songklettur
28・29 Snæfellsnes

前書きなど

北欧にある孤島の国・アイスランドでは、Huldufólk(フルドゥフォルク)と呼ばれる妖精の一種に関する伝承が古くから伝えられています。
日本において一般的に思い浮かべられる妖精像は、羽の生えた美しい少女の姿形をしたような、ふつうの人間からはかけ離れた美しく可憐なものと認識される場合が多いと思います。

しかしアイスランドの妖精Huldufólk は姿形が全く人間と同じで、大きさも人間と同じであり、外見的特徴は私たち人間と全く変わりません。またHuldufólk は人間と同じように男女の性別があり、農業や漁業などの職業を持ち結婚生活を営み、歳を重ねてやがてその命は尽きるなど、私たち人間と極めて類似した一生を送ります。つまり妖精Huldufólk の彼等や彼女たちは、人間と合わせ鏡のような存在として認識されているのです。現代のアイスランドにおいてもこの妖精の存在を信じる人々がおり、Huldufólk が原因となったとされる事件や騒動がテレビや新聞などのニュースで度々報じられています。

この写真集では2018 年に吉祥寺「クワランカ・カフェ」での写真展で展示された写真全点を収録し、妖精の教会や妖精の交易地帯など、妖精について古くからの伝承が残る場所や、2010 年以降実際に起こった妖精に関する事件の重要な場所の写真などを掲載しています。

版元から一言

日本ではアイスランドの妖精についての情報はほとんどありませんでした。今回著者の撮影した写真の多くは岩や石を撮ったもの。しかしその岩や石には大きな意味があります。著者のお話しを伺いその意味について知るうち是非とも形にしたいと思い今回の出版となりました。アイスランドに興味や関心がある方をはじめ、妖精など世界中にある伝統的な信仰や民俗に興味がある方に是非お読みいただければ幸いです。

著者プロフィール

小川 周佑  (オガワ シュウスケ)  (著/文

1985年生まれ。大学在学中にバックパッカーとして南米・中東・アフリカなどを旅し、卒業後は各国の歴史的事件・文化・民俗を取材する写真家・ライターに。2015年インド-バングラデシュの国境線変更と、それに伴い消滅した「謎の飛び地地帯」を日本人としては唯一取材。2018年謎の妖精「Huldufólk」にまつわる事件を取材にアイスランドへ。

上記内容は本書刊行時のものです。