版元ドットコム

探せる、使える、本の情報

文芸 新書 社会一般 資格・試験 ビジネス スポーツ・健康 趣味・実用 ゲーム 芸能・タレント テレビ・映画化 芸術 哲学・宗教 歴史・地理 社会科学 教育 自然科学 医学 工業・工学 コンピュータ 語学・辞事典 学参 児童図書 ヤングアダルト 全集 文庫 コミック文庫 コミックス(欠番扱) コミックス(雑誌扱) コミックス(書籍) コミックス(廉価版) ムック 雑誌 増刊 別冊
ポストブラックメタル・ガイドブック 近藤知孝(著/文) - パブリブ
.

書店員向け情報 HELP

書店注文情報

注文サイト:

在庫ステータス

不明

取引情報

直接取引: あり(トランスビュー扱い)

出版社への相談

店頭での販促・拡材・イベントのご相談がありましたらお気軽にご連絡ください。
9784908468612

ポストブラックメタル・ガイドブック (ポストブラックメタル ガイドブック) 耽美・叙情・幻想・前衛

このエントリーをはてなブックマークに追加
発行:パブリブ
A5判
縦210mm 横148mm 厚さ18mm
304ページ
並製
価格 2,700円+税
ISBN
978-4-908468-61-2   COPY
ISBN 13
9784908468612   COPY
ISBN 10h
4-908468-61-3   COPY
ISBN 10
4908468613   COPY
出版者記号
908468   COPY
Cコード
C0073  
0:一般 0:単行本 73:音楽・舞踊
出版社在庫情報
不明
初版年月日
2022年9月1日
書店発売日
登録日
2022年7月15日
最終更新日
2022年7月15日
このエントリーをはてなブックマークに追加

紹介

ポストロックやトリップホップ、アンビエントなどを自由自在に取り込み、メインストリームにも波及……

ブラックメタルの古典的な手法や様式に囚われず、自由さと冒険心に溢れ、メタルから逸脱したスタイルであっても、「ブラックメタル」と名乗ることを許される寛容なジャンル

Alcest 子どもの頃の白昼夢フェアリーランドを音楽で表現する天才
Deafheaven 激情ハードコアとシューゲイザーを取り込んだブラックゲイズの立役者
Ulver 黎明期から存在しプログレッシヴ・ロックの地平をひた走る
Harakiri for the Sky 死をモチーフにした世界観と儚いメロディーをパワフルに聴かせる実力者
Liturgy あらゆる垣根を破壊する超越的ブラックメタルを追究する
Botanist 植物コンセプトにハンマーダルシマーを操る横国大出身の異才
Violet Cold Variousと呼ばれEDMやシューゲイザー、ポストロックを貪欲に取り込む
Ihsahn 闇の皇帝Emperorで知られるが自由な音楽探究の旅に出たプロフェッサー

「〇〇ゲイズが多すぎる」「My Bloody Valentine、Slowdiveの影響」「メタル界での「Harakiri」」「ノルウェーがブラックメタルをやめる問題」等のコラムも

目次

2 まえがき
4 ポスト・ブラックメタルの大別
5 近接ジャンル
6 目次

9 Chapter 1 Western Europe
10 Alcest 子どもの頃の白昼夢フェアリーランドを音楽で表現する天才
13 Blut Aus Nord プリミティヴに様々なジャンルを組み込んだアヴァンギャルドの覇者
16 Celeste 洞窟探検家を模したヘッドライトとストロボを組み込む激情ハードコア
18 Celesteインタビュー
22 Les Discrets 早々にブラックメタルから逸脱して可能性を広げたパイオニア
23 Les Discrets / Alcest
24 Alpha du Centaure / Aluk Todolo / Amesoeurs
25 Antagoniste / Archvile King / Asphodèle / Au Champ Des Morts
26 Aube / Blurr Thrower / BVDK / Celestial Vault
27 Cepheide / Contemplations / Daughters of Sophia
28 Decline of the I / Déluge
29 Deprived of Light / Dreams of the Drowned / End of Mankind / Forhist
30 The Great Old Ones
31 In Cauda Venenum / Je / Korsakov / Loth
32 Moonaadem / Morteminence / Mur
33 Mutiara Damansara / Nature Morte / Nesseria
34 Opprobre / Regarde Les Hommes Tomber / Smohalla
35 Throane / Vous Autres
35 ブラックメタルの中のポスト・ブラックメタル
36 Downfall of Gaia ハードコアの激情と大自然への敬意を音に込めてスタイルを広げ続ける
38 Imperium Dekadenz 歴史、人間の闇をアトモスフェリックでメランコリックな音世界で探求
40 Imperium Dekadenzインタビュー
42 Lantlôs ジャズやポストロックを取り込みエモまでをも行き来する
44 Lantlôsインタビュー
48 Harakiri for the Sky / Karg 死をモチーフにした世界観と儚いメロディーをパワフルに聴かせる実力者
51 Seagrave
51 メタル界の「Harakiri」
52 Agrypnie
53 Agrypnieインタビュー
56 Ära Krâ / Bonjour Tristesse / Celephaïs
57 Der Weg Einer Freiheit / Dreamshift
58 Farson / Frigoris / Frostreich
59 Galaktik Cancer Squad / Grauzeit
60 Groza / Heretoir / Immorior
61 Infesting Swarm / Kanonenfieber / King Apathy / Kultist
62 Melatonyn / Morphinist
63 Nemus / No Sun Rises / Pursued
64 Secrets of the Moon / The Soulscape Project / Thränenkind
65 Toadeater / Todtgelichter / Träumen von Aurora / Trautonist
66 Vargnatt / Ylva de Lune / Anomalie
67 Anomalie / Ellende
68 Frust / Joyless Euphoria / Aara
69 Blutmond / Euclidean / Yrre
70 An Autumn for Crippled Children ドゥームとデスメタルから着想得たミステリアスなメロディーメイカー
73 An Autumn for Crippled Childrenインタビュー
76 Déhà
78 Déhàインタビュー
81 Cold Body Radiation / Desolate Fields
82 Fluisteraars / Grey Aura / Håpløshet
83 Laster / Noctambulist / Sky's Pavilion
84 Terzij de Horde / Ande / Deuil
85 Drawn into Descent / Emptiness / Hamelin
86 Oathbreaker / Soul Dissolution / Soul Grip
87 Wiegedood
88 Fen ザ・フェンズ湿地帯にある自身の原風景を音で表現するパイオニア
90 Fenインタビュー
98 A Forest of Stars / Adorn / And Now the Owls Are Smiling / Asira
99 Ba'al / Bliss Signal / Caïna
100 Cistvaen / Corps Fleur
101 Ethereal Shroud / Five the Hierophant
102 Hypnologica / In Autumnus
103 Kassad
104 Magogaio / Misertus
105 Nietzu
106 Qafsiel / Roseceae / Saor
107 Self-Inflicted Violence
108 Sleeping Peonies / Sorrow Plagues / Strange Angels
109 Suicide Triangle / Svalbard / Underdark / Unmother
110 Voices
111 Altar of Plagues / Gaoth
112 Ihsahn 闇の皇帝Emperorで知られるが自由な音楽探究の旅に出たプロフェッサー
114 Solefald 変わり種のシンフォニックからボーダーレスに変化し続ける古豪
117 Sylvaine ポストロックの美しさとブラックメタルの激しさの境界に立つ新鋭
119 Sylvaine/Unreqvited
119 Sylvaineインタビュー
123 Ulver 黎明期から存在しプログレッシヴ・ロックの地平をひた走る
127 ノルウェーのブラックメタルがブラックメタルをやめる問題
128 Myrkur ベテランたちからのバックアップも篤く自身の表現を探求する才女
130 Oranssi Pazuzu インダストリアルやトリップホップを取り込んだ邪悪なサイケデリック
132 Blodstrupmoen / Dystopia Nå! / Glimt
133 Ved Buens Ende / Grift
134 Kørper / Lovesilkpalemilk / Lustre / Ofdrykkja
135 Palmless / Svartnad / Terra Tenebrosa / This Gift Is a Curse
136 Together to the Stars / Ajuna / Møl
137 Morild / Sunken / Auðn
138 Dynfari
139 A Pale December / Arctic Plateau
140 Ashes of Nowhere / Au Clair de Lune / Blaze of Sorrow
141 Deadly Carnage / Dreariness
142 Ephel Duath / Eyelessight / Falaise
143 Gospel of Wolves / Morwinyon / Noircure
144 O / Sovereign / SVNTH
145 Uno Sguardo Oltre / Wows / Foscor / Odregru
146 Trees, Cloud & Silence / Utopian Visions of Earth / Vallum / Benthik Zone
147 Gaerea
148 Shrouded Serenity / Vulpus / Isolde
149 レーベル特集

153 Chapter 2 Eastern Europe
154 ██████ / Dærrwin / Atanas / Autumn Nostalgie
155 Besna / Hænesy
156 Perihelion / Realm of Wolves / Stvannyr / Svoid
157 Vvilderness / Ygfan
158 Ennoven / Hegemone / Miasme / Misanthur
159 Mistral / Mord'A'Stigmata
160 Seagulls Insane and Swans Deceased Mining out the Void / Per Aspera / Dekadent / Autumn, Leaves, Scars
161 Negură Bunget
162 Agruss / GreyAblaze / N█O
163 Sidus Atrum / White Ward
164 Grav Morbus / Au-Dessus / Devlsy / N R C S S S T
165 Mora Prokaza / Zhmach / Deafknife / Délice
166 Empty Life / Epitimia / Grima
167 Haze of Summer / Howling North
168 Hvøsch / Lauxnos / L'Homme Absurde
169 Moxpa / Nazgulum / Nebula Orionis
170 Nimrud / Olhava
171 Second to Sun / Show Me a Dinosaur
172 Sivyj Yar
173 Skyforest/A Light In The Dark クラシカルな幻想性と都会的なスタイルを使い分ける孤高の表現者
175 Skyforest/A Light in the Darkインタビュー
178 Somn / Somnolences / Sterbefall / thehappymask
179 Toluca / Trna / Ultar
180 Veturheim / Vetvi(ветви) / Windbruch
181 Violet Cold Variousと呼ばれEDMやシューゲイザー、ポストロックを貪欲に取り込む
183 Violet Cold/Sadness/A Light in the Dark/Unreqvited/Show Me a Dinosaur
184 ブラックゲイズ

185 Chapter 3 Americas
186 Botanist 植物コンセプトにハンマーダルシマーを操る横国大出身の異才
188 Dawn of Ouroboros
189 Deafheaven 激情ハードコアとシューゲイザーを取り込んだブラックゲイズの立役者
191 Jack Shirleyインタビュー
194 Krallice トレモロ・マスターの異名を持ち不協和音デスメタルをも取り込む
197 Krallice / Dave Edwardson
198 Liturgy あらゆる垣根を破壊する超越的ブラックメタルを追究する
200 Liturgyインタビュー
205 Nachtmystium 様々なジャンルを手広く取り込むサイケデリック・ブラックメタル
207 Tombs グルーヴで攻めるがスラッジやドゥームと呼ばれることを否定する重鎮
209 Thurston Mooreとブラックメタル
210 A Pregnant Light
211 Purple Light
211 A Pregnant Lightインタビュー
219 Abigail Williams / Akaitsuki / An Open Letter
220 Anagnorisis The Apache Revolver / Ashbringer / Astronoid
221 Axioma / Barbelith / Black Table
222 Blue Noise / Bosse-de-Nage / Brought to the Water
223 Cailleach Calling / Cara Neir
224 Castevet / Celestial Dirge / The Chemical Mind
225 Chrome Waves / Clad in Darkness / Clouds Collide
226 Culak / Deadyellow
227 Deliria / Desiderium / Dust Sculptures / Eave
228 Echoes of the Moon / Eclipsus / Eye of Nix
229 Fatal Nostalgia / Feral Light
230 Funeralbloom / Ghost Bath
231 Glassing / Great Cold Emptiness
232 Greywoods / Griefloss / Hallowed Hands / Harrower
233 Jute Gyte / Karas
234 Kataan / Kivelak / Locrian
235 Lonely Star / Love // Paranoia / Mamaleek
236 Mare Cognitum / Moat / Morari
237 Morrow / My Purest Heart for You / Noctcaelador / Nullingroots
238 Prosperity Gospel / Pyramids / Sadness
240 Saeva / Sannhet
241 Sleep White Winter / Sleeping Ancient
242 So Hideous / Starer
243 Synthvvitch / Tanpopo Crisis
244 Underling / Vattnet Viskar / Vaura
245 Woe
246 Wounds of Recollection / Wreche
247 Zeal & Ardor
248 Unreqvited 美を極めたアトモスフェリックな雰囲気に鬼の絶叫が轟く若き実力者
250 Unreqvitedインタビュー
254 Astral Path / Basalte / Existe
255 Finnr's Cane / Forlesen / Ghosts of Neskowin / Gilded Lily
256 Hell Is Other People / I Believe / Malebranche / Naarvhal
257 Numenorean
257 Numenoreanインタビュー
261 Précipices / Respire
262 Scars from a Dead Room / Vitrail / Within Nostalgia / A Rose Dying in the Rain
263 A Rose Dying in the Rain / An Ocean of Light / Dotzd / ILU
264 Kolldbaakhel / Oculi Melancholiarum / Potemtum and Solitude / Walking over Strings
265 Dreams of December / Gray Souveniers / Kaatayra
266 Morte Rubra / Octobre / Sabackthanny
267 Shyy / Solifvgae / Tiyug / Yvyy
268 Huszar / Ghâsh / Lascar
269 Silence of the Old Man / Sunvher
270 My Bloody ValentineとSlowdive

271 Chapter 4 Oceania, Asia, Africa and Others
272 Germ デプレッシヴ、プログレッシヴを組み合わせるトリックスター
274 Aquilus / Christian Cosentino / Hope Drone
275 Illyria / Imperfectionist / Internal Harvest / Joy
276 Mesarthim / Oar / Skyborne Reveries
277 Vixenta / Acrosome / Ketoret
278 Etheraldine / Forelunar / Sparkle / Nishaiar
279 Constellatia / Raat / Serigala
280 Pure Wrath
281 Lament
281 Pure Wrathインタビュー
284 Soulless / Calvaire / Mi'raj Aswad
285 Elcrost / Asthenia/虚症
286 Deep Mountains/深山 / Dopamine
287 Voyage in Solitude / Madmans Esprit / Rustylake/锈湖 / Reverie Noire
288 Vampillia 日本発アンダーグラウンドで存在感を放つブルータル・オーケストラ
290 VMO
290 「いいにおいのする○○」
291 Al-Kamar / Arzert / Cohol
292 Deathbed / Desire of the Moth / Heaven in Her Arms
293 Malikliya / Pale / Onryō / Sawagi~騒乱~
294 Shadowgazer / 明日の叙景 / 親指〆器
295 雲雀 / 夢中夢 / Abstract Void
296 Archivist / Bizarrekult / De Arma
297 Gråtfärdig / In Luna / Lice
298 Montes Insania / Old Silver Key / Ser / Silver Knife
299 Súl ad Astral / Súl ad Astral / T.O.M.B.
300 索引
303 あとがき

前書きなど

吹雪のような、あるいは密室にこもったような邪悪で冷たいトレモロピッキング、電撃のようなブラストビートや荒々しいドラム、悪魔が乗り移ったかのような絶叫や断末魔にも似たヴォーカル。これらは、ブラックメタルと聞いた時に即座に思い浮かべる特徴である。そんなブラックメタルは、とにかくサブジャンルが多い。プリミティヴ・ブラックメタルやデプレッシヴ・ブラックメタル、シンフォニック・ブラックメタルなど枚挙に暇がない。音ではなく、地域で語られるカスカディアン・ブラックメタル、思想および主義主張で語られるトゥルー・ブラックメタル、NSBM(ナショナル・ソーシャリスト・ブラックメタル)というものもある。
本書で扱う主人公ポスト・ブラックメタルは、言葉が形成されて比較的日の浅いサブジャンルだ。そして非常に音楽的に説明のしづらいジャンルでもある。
「ポスト・ブラックメタルとはいったいどのような音なのか?」と問われた時、AlcestやDeafheavenのように幻想的で明るい、もしくは洗練されたお洒落な音だという漠としたイメージがあるようだ。しかしそれは、ポスト・ブラックメタルを紐解く上では誤謬を招く。
代表的なバンドであるAlcestの源流を辿ればBurzumに行き着くし、最初期のデモ作品はほとんどプリミティヴ・ブラックメタルかデプレッシヴ・ブラックメタルだ。Alcestに限らず、類するバンドのルーツには、デプレッシヴ・ブラックメタルの陰鬱さが横たわっていることも多い。だが、あくまで影響源でそれに縛られることはないようだ。ポスト・ブラックメタルという単語が存在する前から、意識的に伝統的なブラックメタルから逸脱していったバンドもいる。Ulver、Solefald、Ved Buens Ende、Blut Aus Nordらだ。彼らは早くから逸脱したブラックメタルを演奏し、様々なジャンルを貪欲に取り込み、前衛的な点を高く評価されてきた。特に、Blut Aus Nordが2003年に発表した『The Work Which Transforms God』は、雰囲気こそダークで陰湿、イメージする音とは異なるがシューゲイザー・ブラックメタル(ブラックゲイズ)の祖にもなっている。Ulverは、最初期の伝統的なブラックメタルのスタイルと訣別し、インダストリアルやトリップホップの素養を取り入れ、プログレッシヴ・ロックとしても評価されている。インダストリアルやトリップホップはBlut Aus Nordも積極的に導入し、彼らの代名詞である実験的なスタイルの重要な部分にもなっている。シンフォニック・ブラックメタルのカリスマEmperorで知られるIhsahnも、ソロプロジェクトではブラックメタルのフォーマットと距離を取るようなアプローチも多々見受けられる。日本でも、Vampilliaや夢中夢といったバンドはブラックメタルがこれほど広く認知される前よりポストロックやエレクトロニカ、ドゥームやドローンといった要素にブラックメタルを注入する独自性の高いスタイルを確立していた。これらの流れに連なるようにAlcestのデビュー作『Souvenirs d'un autre monde』でポスト・ブラックメタルという言葉が形として生まれ、2013年Deafheavenの『Sunbather』によって完全に固定された。同時に、ブラックゲイズという言葉も一人歩きしはじめ、それまで存在していたシューゲイザー・ブラックメタルという言葉に成り代わり、ポスト・ブラックメタルを形成する非常に重要なスタイルとして認知されるに至っている。
メンバー編成も自由でレコーディングをすれば即座にリリースするフットワークの軽いバンドも多い。独りバンドも多い。さらには、カバーアートの傾向やバンドロゴ、演奏スタイルも様々だ。ではポスト・ブラックメタルとは何なのか。プロデューサーのJack Shirleyによれば、「様々なジャンルを取り入れたブラックメタル」。「ポスト」と冠している以上、ポストメタルやポストロック、ポストパンクといったジャンルとも切っても切れないスタイルであり、ブラックメタルの古典的な手法や様式に囚われない自由なジャンルとも言える。あくまでブラックメタルを味つけるスパイスとしてキーボードなどが取り入れられるアトモスフェリック・ブラックメタルとも共振しているが、ポスト・ブラックメタルはブラックメタルらしい技法に拘泥しないバンドも多い。ほとんどドローンノイズやフューネラル・ドゥームなのにポスト・ブラックメタルというタグをつけているバンドもいる。メタルの要素を削ぎ落していくバンドも多いし、不思議とそれを許容する土壌が形成されているようにも思える。ポスト・ブラックメタルとタグをつけられた作品を聴いていく上で感じられるのは、実に多様性のあるサブジャンルだということ。方向性を定めてそれを突き詰めていくメタルの中でも、自由さと冒険心を持ったサブジャンルだということ。メタルから逸脱したスタイルであっても、ブラックメタルと名乗ることを許されている寛容さが目立つサブジャンルだということだ。
このガイドブックを手に取られた方は、「このバンドがない」と思われることもあろうが、意識的にアトモスフェリック・ブラックメタルやカスカディアン・ブラックメタルは多くを除外している。音の特性上、どうしても外せないものは収録した。逆に、Jack Shirleyの言葉に助けられて、異なるジャンルを取り込んでいるバンドは貪欲に取り上げていった。
ブラックメタル、ひいてはヘヴィメタルの中でも多様化の一翼を担うポスト・ブラックメタルについて、本書が一助になれば幸いだ。

著者プロフィール

近藤知孝  (コンドウ トモタカ)  (著/文

大阪府在住。大阪市内の広告代理店勤務。怪談好き。音源感想ブログ『むじかほ新館。 ~音楽彼是雑記~』を運営。ブログをはじめた理由は備忘録を残したかったのと、自分の感じた描写をジャンル関係なくアウトプットしたかったから。自発的に音楽を聴くようになったきっかけは、黒夢の「Mind Breaker」をラジオで聴いて。海外の音楽ではじめて買ったCDはRicky Martin。メタルの入口はEmperor。メタルを聴く以前は、Vampilliaのメンバーが運営していたCDショップで、メンバーの薦められるままにポストロックやエレクトロニカを聴き漁っていた結果、色々拗らせて今に至る。現在は関西屈指のメタルショップS.A Musicに通う日々。

上記内容は本書刊行時のものです。