版元ドットコム

探せる、使える、本の情報

文芸 新書 社会一般 資格・試験 ビジネス スポーツ・健康 趣味・実用 ゲーム 芸能・タレント テレビ・映画化 芸術 哲学・宗教 歴史・地理 社会科学 教育 自然科学 医学 工業・工学 コンピュータ 語学・辞事典 学参 児童図書 ヤングアダルト 全集 文庫 コミック文庫 コミックス(欠番扱) コミックス(雑誌扱) コミックス(書籍) コミックス(廉価版) ムック 雑誌 増刊 別冊 ラノベ
オールドスクール・デスメタル・ガイドブック 中巻 村田恭基(著/文) - パブリブ
.
世界過激音楽 11

オールドスクール・デスメタル・ガイドブック 中巻 ヨーロッパ編

発行:パブリブ
A5判
232ページ
並製
価格 2,400円+税
ISBN
978-4-908468-39-1
Cコード
C0073
一般 単行本 音楽・舞踊
出版社在庫情報
不明
初版年月日
2019年11月
書店発売日
登録日
2019年10月25日
最終更新日
2019年10月25日
このエントリーをはてなブックマークに追加

紹介

シリーズ第2弾はヨーロッパ
HM-2なスウェディッシュデス
グルーミーなフィニッシュデス
ドゥーム&アヴァンギャルドなダッチデス

ボルトスロウィング&ゴスなUKデス、ブラックメタル大流行のノルウェー
オカルト蔓延る南欧、共産主義の面影を残す東欧等々……

■ボードゲーム由来の名前でミドルテンポ重厚サウンドで突き進む Bolt Thrower
■ジャズ・フュージョンまで取り入れたテクニカル・ダッチ・デス Pestilence
■音楽の都ウィーンが生み出した悪趣味、SMスカムの変態伝説 Pungent Stench
■デスメタルに叙情美を確立したスウェディッシュ・レジェンド Dismember
■HM-2でスウェディッシュ・デスメタルのプロダクションを決定 Entombed
■元Nihilistのメンバーが非主流派ヴァイキングメタルの勃発点に Unleashed
■フィニッシュ・デスの異端、後世によって再評価され活動再開 Demilich
■爆速疾走感で世界を騒然とさせたポーリッシュ・エクストリーム Vader
■代表的イラストレーターやレーベル、オムニバスの紹介も
■Morgoth、Pestilence、Avulsed、Demilich、Mourning 等海外大御所インタビュー
■Coffinsの内野氏+はるまげ堂/Butcher ABCの関根氏(4万5千字)の大御所インタビュー

424アーティスト、593作品を紹介!

目次

2 前書き

5 西欧
6 Napalm DeathのBarneyも在籍していたNuclear Blastの古株 Benediction
9 Memoriam
10 ボードゲーム由来の名前でミドルテンポ重厚サウンドで突き進む Bolt Thrower
15 Anathema/Cancer/Cradle of Filth
16 Dark Heresy/Decomposed/Desecration/Desecrator
17 Deviated Instinct/Devoid/Gomorrah/Impaler
18 Korpse/Lord of Putrefaction/Malediction/Monolith
19 My Dying Bride/Napalm Death/Necropolis
20 Necrosanct/Nightmare Visions/Onslaught/Paradise Lost
21 Prophecy of Doom/Unseen Terror/Warhammer/Warlord (Warlord U.K.)
22 ドイツのスウェディッシュ・デスメタル・ウォーシッパー Fleshcrawl
26 デスメタル不毛国から実験的サウンドを試み続けた異端派 Morgoth
28 Morgoth Harald Busse(Gt) インタビュー
31 Accessory/Amboss/Apophis/Atrocity
32 Baphomet/Blood/Crematory/Dark Millennium
33 Dawn/Deathcore/Demantor/Depression
34 Eternal Dirge/Holy Moses/Immortalis/Incubator
35 Infected Virulence/Jumpin' Jesus/Lemming Project/Lunatic Invasion
36 Maledictive Pigs/Mangled Torsos/Mortal Decay/Obscenity
37 Orth/Poison/Polymorph/PostMortem
38 Protector/Purgatory/R.U. Dead?/Rest in Pain
39 Sarcastic Existence/Torchure/Traumatic Voyage/Vomiting Corpses
40 レーベル特集
44 ダッチ・デスメタルの激重先駆者、近年のリバイバルでレジェンド化 Asphyx
47 Soulburn
49 ダッチ・デスメタルの立役者、後年デス・エン・ロールに転身 Gorefest
52 ジャズ・フュージョンまで取り入れたテクニカル・ダッチ・デス Pestilence
55 Pestilence / ex-C-187 Patrick Mameliインタビュー
58 ダッチ・デスメタルのブルータリティを刷新したレジェンド Sinister
59 Monastery
60 Acrostichon/Altar/Antropomorphia/Arcane
61 Beyond Belief/Bluuurgh.../Burial/Castle
62 Centurian/Ceremony/Consolation/Creepmime
63 Cremation/Dead Head/Delirium/Dissect
64 Eternal Solstice/Etherial Winds/Excavation/Excision
65 God Dethroned/Inquisitor/Judgement Day/Korsakov
66 Mourning/Rouwen/Marc van Amelsfoort (Mourning-Rouwen)インタビュー
69 Morthra/Mystic Charm/Necro Schizma/Nembrionic
70 Nocturn/Obtruncation/Pentacle/Perpetual Demise
71 Phlebotomized/Polluted Inheritance/Sad Whisperings/Sempiternal Deathreign
72 Sexorcist/Swazafix/Thanatos/Throne
73 フランスでは英雄視されるタンパサウンド、音源毎に作風が変化 Loudblast
76 Agressor/Asgard/Catacomb/Crusher
77 Drowning/Krhoma Death/Massacra/Mercyless
78 Mortuary/Mutilated/No Return/Sepulchral
79 Sthygma/Sulphura/Supuration/Anesthesy
80 Blasphereion/Caducity/Chemical Breath/Exoto
81 音楽の都ウィーンが生み出した悪趣味、SMスカムの猛臭変態伝説 Pungent Stench
84 Deprešion/Disastrous Murmur/Disharmonic Orchestra
85 Heftschentis/Media in Morte/Miasma/Rampage
86 Raydead/Skull Crusher/Accelerator/Ambiguous
87 Amon/Azrael/Babylon Sad/Corruption
88 Damnation Call/Damnatory/Deflagration/Desecration
89 Disaster/Dissident/Excruciation/Exhortation
90 Fear of God/Manifest/Messiah/Misery
91 Moribund/Offering/Parusie/Reactor
92 Sickening Gore/Silent Death/Supremacy/Tiburon
93 Coffins 内野氏インタビュー

97 南欧
98 死、ゴア、カニバリズム、エロス、南欧のゴットファーザー Avulsed
101 Avulsed Dave Rottenインタビュー
104 Absorbed/Aggressor/Canker/Feretrum
105 Human Waste/Intoxication/Mortal Mutilation/Necrophiliac
106 Obscure/Pulmons Negres/Rotten Flesh/Rottest Slag
107 Sacrophobia/Total Death/Unbounded Terror/Aiwaz
108 Cenotaph/Electrocution/Euthanasia/Horrid
109 Maleficarum/Necrodeath/Sadist/Sinoath
110 Afterdeath/Agonizing Terror/Deification/Devileech
111 Disaffected/Gangrena/Genocide/Grog
112 Sacred Sin/Thanatos/Thormenthor/Acid Death
113 Death Courier/Horrified/Nightfall/Nordor
114 Nuclear Winter/Obsecration/Rotting Christ/Sadistic Noise
115 Sanctorum/Sarcastic Terror/Septicemia/Septicflesh
116 デスメタルにとってのスタンダード・ホラー

117 北欧
118 デスメタルに叙情美を確立したスウェディッシュ・レジェンド Dismember
122 HM-2でスウェディッシュ・デスメタルのプロダクションを決定 Entombed
125 Nihilist
127 Entombed A.D.
128 進化と深化を続ける、激重なスウェディッシュ・デスメタル Grave
132 元Nihilistのメンバーが非主流派ヴァイキングメタルの勃発点に Unleashed
136 ヴァイキングメタルとUnleashedの関係について
137 Abhoth/Abruptum/Afflicted/Agretator
138 Altar/At the Gates/Authorize/Bloodstone
139 Captor/Carbonized/Cemetary/Centinex
140 Ceremonial Oath/Chronic Decay/Comecon/Crematory
141 Crypt of Kerberos/Crystal Age/Darkified/Dellamorte
142 Desultory/Edge of Sanity/Epitaph/Eructation
143 Eternal Darkness/Evocation/Excruciate/Furbowl
144 General Surgery/God Macabre/Goddefied/Gorement
145 Grotesque/Harmony/Hetsheads/Hypocrisy
146 In the Colonnades/Infestdead/Inverted/Leukemia
147 Liers in Wait/Lobotomy/Lucifer/Luciferion
148 Marduk/Mega Slaughter/Merciless/Morbid
149 Morpheus/Mourning Sign/Murder Squad/Necrony
150 Necrophobic/Nirvana 2002/Obscurity
151 Pan.Thy.Monium/Runemagick/Seance/Sorcery
152 Suffer/Temperance/Therion/Treblinka
153 Tiamat/Toxaemia/Traumatic/Uncanny
154 Utumno/Vermin/Vomitory/Wombbath
155 叙情的なメロディが伝説的に語り継がれたフィニッシュ・デスメタル Demigod
157 フィニッシュ・デスの異端、後世によって再評価され活動再開 Demilich
159 Demilich Antti Bomanインタビュー
162 Abhorrence/Adramelech/Agonized/Amorphis
163 Anathema/As Serenity Fades/Belial/Convulse
164 Depravity/Disgrace/Excrement/Festerday
165 Funebre/God Forsaken/Interment/Lubricant
166 Mordicus/Mythos/Necropsy/Obfuscation
167 Phlegethon/Purtenance/Putrid/Rippikoulu
168 Sceptical Schizo/Scum/Sentenced/Tenebrae
169 Thergothon/Unholy/Vomiturition/Xysma
170 ビートダウン的モダンヘヴィネス・デイニッシュ・アウトサイダー Konkhra
171 Daemon
173 Agonize/Caustic/Cinerator/Corpse Vomit
174 Deadflesh/Desexult/Detest/Dominus
175 Exmortem/Frozen Sun/Illdisposed/Infernal Death
176 Invocator/JEEL (Jeg Er En Lampe)/Lustration/Maceration
177 Panzerchrist/Sacrificial/Sardonic Death/Witch Craft
178 ブラックメタル超大国で前衛的なデスメタルで奮闘 Cadaver
179 Cadaver Inc
180 Balvaz
181 Algol/Darkthrone/Disgusting/Fester
182 Kvikksølvguttene/Mayhem/Molested/Mortem
183 Old Funeral/Thou Shalt Suffer/Vomit/Sororicide
184 イラストレーター特集

187 東欧
188 爆速疾走感で世界を騒然とさせたポーリッシュ・エクストリーム Vader
193 Armagedon/Betrayer/Celebration/Creation of Death
194 Damnation/Dead Infection/Death Sea/Dragon
195 Egzekuthor/Genital Putrefaction/Ghost/Golgotha
196 Hate/Hazael/Imperator/Lastwar
197 Magnus/Merciless Death/Monastyr/Morbid Vision
198 Mordor/Pandemonium/Parricide/Quo Vadis
199 Slashing Death/Sparagmos/Symbolic Immortality/Violent Dirge
200 共産主義時代から活動するチェコのイーヴル・マスター Krabathor
203 Chirurgia/DAI/Dark/Murrain
204 Scabbard/Tortharry/Tortura/Apoplexy
205 Dehydrated/Dementor/Dissonance/Embolism
206 Pathology Stench/Testimony/Extreme Deformity/Bloodbath
207 Mortuary/Aggressor/Forgotten Sunrise/Ghostorm
208 Regredior/Graveside/Mortem/Phantasm
209 V.A音源集
213 はるまげ堂/Butcher ABC関根氏インタビュー

231 あとがき

前書きなど

本書『オールドスクール・デスメタル・ガイドブック 中巻 ヨーロッパ編』は、オールドスクール・デスメタル・ジャンルのアーカイブ化を目指した『オールドスクール・デスメタル・ガイドブック』の第2弾であり、パブリブが発刊する世界過激音楽シリーズの第11弾である。
上巻では、オールドスクール・デスメタル・ジャンルのアーカイブ化を目指し、1980年代中期から1990年代末期にかけて、北米、南米、アジア、オセアニア一帯で登場したデスメタル・バンド、及び相関のあった類義ジャンルのバンドを検証した。本書では、その意図に基づいて、ヨーロッパ全域に登場したバンドを検証している。ディスクレビュー593枚、伝説的バンドのプロフィール21件、インタビュー7件を収録した。また、上巻に引き続き、デスメタルというジャンル自体が、スラッシュメタル、ブラックメタル、ハードコア/グラインドコアとの曖昧さの中で誕生しているため、一部ガイドとして誤解を招きかねない文脈や作品も敢えて掲載した。

中巻は西欧、南欧、北欧、東欧の4章立てとなり、同時代に生きた各国のデスメタル・レジェンド(全424バンド)に焦点を当てる。上巻と併せれば、いわゆる「初期デス」と呼ばれていた全世界のデスメタル・バンド達に触れてもらうことになる。国際的な郵送サービスを通じて繋がっていたシーンだけに、様々な国の関係性を知ることは重要だ。例えばスウェディッシュ・デスメタルでは、NihilistがR.A.V.A.G.E(Atheistの前身バンド)の音源から衝撃を受けて、それを象徴するHM-2サウンドを生み出した話や、DismemberがAutopsyから多大なる影響を受けていた話などがある。しかし、Bolt Thrower、Benediction、Morgoth、Pestilence、Asphyx、Gorefest、Pungent Stench、Entombed、Unleashed、Vader、Krabathor が、どういう活躍をしたバンドなのかを追うだけでも興味深い。上巻を読んでいただいた方にはもちろん、中巻で始めてシリーズを手に取ってもらう方にも楽しんでもらえる内容となった。

インタビューで回答してくれたのは、MorgothのHarald Busse、PestilenceのPatrick Mameli、DemilichのAntti Boman、Mourning~RouwenのMarc van Amelsfoort、Xtreem MusicのオーナーでAvulsedでも活動するDave Rotten。そして日本を代表するデスメタル・バンド、Coffinsの内野氏にドゥーム・デスメタル、Obliteration Records / はるまげ堂を運営し、浅草デスフェストをオーガナイズするButcher ABC の関根成年氏に「オールドスクール・デスメタル」を題材として参加していただいた。いずれもデスメタルの歴史や、それに携わる方の素性だったり、オールドスクール・デスメタルの本質に迫っている。

世界中のジンやインタビュー記事、データベース・サイト、国際的なインターネット・ショッピング・サービスや、日々のレコード屋での勤務を通じながら、先人たちのデスメタルへの愛に触れ、本書を書き上げることができた。そして近年にかけて過去の遺産となり、「知られざる」と呼ばれるようになってしまった音楽シーンを、ようやく日本の活字の場で紹介することができる。上巻に引き続きとなるが、上述した収録コンテンツを通じて、また隣接ジャンルを包括する兄弟書『ブルータルデスメタル ガイドブック』『ウォー・ベスチャル・ブラックメタル・ガイドブック』と併せて、全世界を席巻したオールドスクール・デスメタルの凄みを体験してもらいたい。

以下は上巻と重複となるが再度記載する。
昨今のデスメタルには、様々な細分化したジャンル(サブ・ジャンル) がある。テクニカル・デスメタル、ブルータル・デスメタル、メロディック・デスメタル、デスコア、ブラッケンド・デスメタル、アヴァンギャルド・デスメタル、サイケデリック・デスメタルetc……。多様な枠組みで語られることの多いこのジャンルであるが、元々は一つのデスメタルとして登場した。「オールドスクール・デスメタル」は、この元々の文化としてあった古い時代のデスメタルを指している。現代のレーベルやバンドが、敢えてこの古い時代のデスメタルをリヴァイヴすることで生まれた昨今の流れにより、今再び注目を浴びている音楽ジャンルだ。
元々、デスメタルに対する「オールドスクール」なる形容は、1990年代半ばに登場したニュースクール・デスメタル(ブルータル・デスメタル)の対義語として登場しているが、その当時はリスナー間で「普通のデスメタルだろ」と捉えられる形でジャンル化することはなかった。しかし、長年に渡る数多くのレジェンダリー・ミュージシャンやマニアの尽力、2006年Daniel Ekeroth著『Swedish Death Metal』の刊行、同時代のインターネット文化の急速な発展を受け、世界的にシーンの再興が進んだ結果、2000年代後期には「オールドスクール・デスメタル」というジャンルとして一般に認知されるに至った。

著者プロフィール

村田恭基  (ヤスモト ムラタ)  (著/文

1994年3月生まれ、北海道育ち。2015年末に上京後は、レコードショップに勤務する。その傍ら、エクストリーム・メタル系ブログを不定期更新中。ハンドルネームは、ゲルマニウム。

上記内容は本書刊行時のものです。