版元ドットコム

探せる、使える、本の情報

文芸 新書 社会一般 資格・試験 ビジネス スポーツ・健康 趣味・実用 ゲーム 芸能・タレント テレビ・映画化 芸術 哲学・宗教 歴史・地理 社会科学 教育 自然科学 医学 工業・工学 コンピュータ 語学・辞事典 学参 児童図書 ヤングアダルト 全集 文庫 コミック文庫 コミックス(欠番扱) コミックス(雑誌扱) コミックス(書籍) コミックス(廉価版) ムック 雑誌 増刊 別冊 ラノベ
トカラ列島 秘境さんぽ 松鳥 むう(著) - 西日本出版社
.

書店員向け情報

書店注文情報

注文電話番号:
注文FAX番号:
注文メール:
注文サイト:

在庫ステータス

在庫あり

取引情報

取引取次: ト|ニ|中|沖縄教販|教文社|子どもの文化
直接取引: あり
返品の考え方: 返品は常時承ります。承諾書が必要な場合は内山宛で。

出版社への相談

店頭での販促・拡材・イベントのご相談がありましたらお気軽にご連絡ください。
9784908443251

トカラ列島 秘境さんぽ 島好き最後の聖地

文芸
このエントリーをはてなブックマークに追加
A5判
160ページ
並製
価格 1,400円+税
ISBN
978-4-908443-25-1   COPY
ISBN 13
9784908443251   COPY
ISBN 10h
4-908443-25-4   COPY
ISBN 10
4908443254   COPY
出版者記号
908443   COPY
Cコード
C0026  
0:一般 0:単行本 26:旅行
出版社在庫情報
在庫あり
初版年月日
2018年7月
書店発売日
登録日
2018年7月5日
最終更新日
2020年5月22日
このエントリーをはてなブックマークに追加

書評掲載情報

2018-10-02 J-CAST BOOKウオッチ  
2018-09-21 散歩の達人  10月号
2018-08-29 南日本新聞
MORE
LESS

紹介

屋久島と奄美のあいだに位置する「トカラ列島」のかつてないガイド&エッセイ本です。

鹿児島からフェリーに乗ること10数時間、
船が出るのは3日に一度、
少しでも海が荒れると、接岸できないので、それも出ない日が多々あります。
そうしてたどり着いた島は、まさに島好き最後の聖地と呼ぶにふさわしいところ。

旅はフェリーに乗ったところから始まります。
島は、温泉が湧き放題。
お店はないけど、みなさん集まって飲んでいます。
神社の鳥居にはサメの歯型のような文様があり、シュロの木で作った神様を纏って踊るお祭りは南方のよう。
宝島にはキャプテンキッドが宝を隠したという言い伝えもあります。
そんな7島の、自然も、物も、人も、食も、文化も、観光地もくまなく紹介しました。

巻頭には絶景写真と、2018年にユネスコ無形文化遺産に登録された「来訪神・ボゼ」のお祭りマンガ、各島の地図、もう眺めてるだけでわくわくすること間違いなし。
トカラに行く人も、すぐには行けない人も、ぜひ、手に取ってご覧ください。

-----

目次

・はじめに


・異世界からの来訪神 ボゼ降臨


・口之島ー野生牛と固有種タモトユリの島
・中之島ートカラ富士がそびえるトカラの中心島
・諏訪之瀬島ー大自然が魅力、活火山の島
・平島ーいにしえの風習が残る平家伝説の島
・悪石島ー来訪神が現れる神秘の島
・小宝島ーうね神が見守る奇岩の島
・宝島ー海賊の財宝が眠る!?宝の島


・トカラ旅の便利帳


・あとがき

著者プロフィール

松鳥 むう  (マツトリ ムウ)  (

イラストエッセイスト。滋賀県出身。
離島とゲストハウスと滋賀の民俗行事を巡る旅がライフワーク。20歳で初めて屋久島へ。青い海や巨大ガジュマルに感激し、島の人たちの温かいつながりに”なつかしさ”を覚える。その”なつかしさ”を探しに、以後、あちこちの島へ足を運ぶように。これまでに訪れた国内の島は84島。その土地の日常の暮らしにちょこっとおじゃまさせてもらう旅が好き。
著書に「島旅ひとりっぷ」(小学館)、「あちこち 島ごはん」(芳文社)、「日本てくてくゲストハウスめぐり」(ダイヤモンド社)、「ちょこ旅 沖縄+離島」「ちょこ旅 小笠原&伊豆諸島」「ちょこ旅 瀬戸内」(アスペクト)、「おばあちゃんとわたし」(方丈社)など。

上記内容は本書刊行時のものです。