版元ドットコム

探せる、使える、本の情報

文芸 新書 社会一般 資格・試験 ビジネス スポーツ・健康 趣味・実用 ゲーム 芸能・タレント テレビ・映画化 芸術 哲学・宗教 歴史・地理 社会科学 教育 自然科学 医学 工業・工学 コンピュータ 語学・辞事典 学参 児童図書 ヤングアダルト 全集 文庫 コミック文庫 コミックス(欠番扱) コミックス(雑誌扱) コミックス(書籍) コミックス(廉価版) ムック 雑誌 増刊 別冊 ラノベ
写真アルバム 碧海の今昔 天野 暢保(監修) - 樹林舎
..

写真アルバム 碧海の今昔

歴史・地理
このエントリーをはてなブックマークに追加
発行:樹林舎
A4判
304ページ
定価 9,082円+税
ISBN
978-4-908436-59-8   COPY
ISBN 13
9784908436598   COPY
ISBN 10h
4-908436-59-2   COPY
ISBN 10
4908436592   COPY
出版者記号
908436   COPY
 
Cコード
C0021
一般 単行本 日本歴史
出版社在庫情報
不明
初版年月日
2021年4月30日
書店発売日
登録日
2021年4月16日
最終更新日
2021年4月16日
このエントリーをはてなブックマークに追加

紹介

本書は、矢作川と衣ヶ浦(衣浦湾)に挟まれた現在の碧海5市(碧南市・刈谷市・安城市・知立市・高浜市)の、昭和戦後の風景と現在の風景を同アングルで対比した写真集である。
冒頭には、「明治用水通水以降の農業の進展」「自動織機に始まる自動車工業の隆盛」など、碧海5市に旧高岡町・上郷町・矢作町・六ッ美町を加えた旧碧海郡の明治以降のようすをまとめたプロローグを設けた。
また、「安城七夕まつり」「依佐美送信所」「知立まつり」「海水浴場」「衣浦大橋」など各地域に特色ある項目をフォトコラムとして特集。
付録のDVDには、8ミリフィルムの映像や、書籍未掲載写真のスライドショーを収録した。
初版2,000部限定、増刷なし。

目次

カラーで見る碧海情景スナップ

プロローグ 戦前を中心にした碧海郡の風景
「農都」から「田園都市」へ──安城
 フォトコラム 明治用水の開削とパイプライン化
 フォトコラム 安城七夕まつり
戦後のまちの発展と変貌──刈谷
 フォトコラム 「衣ケ浦に立つ一巨人」依佐美送信所
 フォトコラム 小堤西池のカキツバタ群落
 フォトコラム 刈谷市北部の農業
古からの交通の要衝──知立
 フォトコラム 知立まつり
暮らしのなかで
出来事散見
 フォトコラム 猛威を振るった伊勢湾台風
港町から港湾都市へ──碧南
 フォトコラム 碧南の海水浴場
黒煙にひるまず働いたあの頃──高浜
 フォトコラム 夢の架け橋・衣浦大橋の開通
ふるさとの祭り
学び舎の記憶
 フォトコラム 子どものいる風景
モータリゼーションと道路整備
碧海の鉄道
エピローグ 「日本デンマーク」と呼ばれた碧海郡

著者プロフィール

天野 暢保  (アマノ ノブヤス)  (監修

〈監修〉
天野暢保(元安城市歴史博物館館長)

〈執筆〉
天野信治(安城市教育委員会)
天野卓哉(名古屋民俗研究会・中部産業遺産研究会)
一柳尚子(知立市歴史民俗資料館学芸員)
伊藤利和(碧南市文化財保護審議会委員)
神谷友和(安城市歴史博物館)
川﨑みどり(安城市教育委員会)
河野和夫(刈谷市郷土文化研究会・依佐美送信所記念館ガイドボランティアの会)
杉浦 茂(知立市文化財保護委員会委員長・愛知教育大学非常勤講師)
鈴木 哲(刈谷市郷土文化研究会・依佐美送信所記念館ガイドボランティアの会)
内藤元久(小垣江町郷土の歴史研究会)
林口 宏(前碧南市市史資料調査員・鷹陵史学会会員)
村松輝一(高浜市文化協会会長・吉浜まちづくり協議会広報部長)
山田 孝(刈谷市文化財保護審議会会長)
山田 基(刈谷市郷土資料館)

上記内容は本書刊行時のものです。