版元ドットコム

探せる、使える、本の情報

文芸 新書 社会一般 資格・試験 ビジネス スポーツ・健康 趣味・実用 ゲーム 芸能・タレント テレビ・映画化 芸術 哲学・宗教 歴史・地理 社会科学 教育 自然科学 医学 工業・工学 コンピュータ 語学・辞事典 学参 児童図書 ヤングアダルト 全集 文庫 コミック文庫 コミックス(欠番扱) コミックス(雑誌扱) コミックス(書籍) コミックス(廉価版) ムック 雑誌 増刊 別冊 ラノベ
写真アルバム 大阪市の昭和 橋爪 節也(著/文 | 監修) - 樹林舎
..

写真アルバム 大阪市の昭和

発行:樹林舎
A4判
288ページ
定価 9,250円+税
ISBN
9784908436253
Cコード
C0021
一般 単行本 日本歴史
出版社在庫情報
不明
初版年月日
2018年11月
書店発売日
登録日
2018年10月19日
最終更新日
2018年10月19日
このエントリーをはてなブックマークに追加

紹介

「読者の視線と共感がこれらの写真を、個人的な記録を越えた市民共有の財産へと昇華させていく。それらは後世に受け継がれていくべき価値あるものなのである」――(橋爪節也氏、巻頭言より)

大阪市全域を取材対象とし、「昭和」時代をとらえた写真を収録した圧巻のボリュームの写真集。
一般市民の応募、また関係諸機関からの提供により集まった約5,000点の写真から、未公開写真を中心に600点超を選び出し、懐かしい街並みや商店街、激変した郊外の風景、懐かしい鉄道駅や元気な子どもたちの姿など、テーマごとに10の章に分けて紹介した。
写真1点1点には、地元を深く知る執筆者による詳細な解説が付き、写っているものごとを多角的に読み取ることができる。
4,000部限定出版。増刷は一切行わない。

目次

〈巻頭カラー 〉
色彩の記憶──カラー写真でたどる昭和の情景
大大阪モダニズム――印刷物に見る都市の賑わい、美しさ
終戦直後の大阪――綿業会館の秘蔵写真から

1 躍動する大大阪
フォトコラム 御堂筋の整備と日本初の公営地下鉄
2 昭和の幕開きと人びとの暮らし
3 戦時下の大阪
フォトコラム 初代通天閣の炎上と解体
4 盛り場と商店街
フォトコラム 街を彩る建造物――いまも健在なりや
5 余暇を楽しむ市民――映画・デパート・遊園地
6 忘れがたい風景
7 交通網の整備と変遷
フォトコラム 橋と渡船――浪華八百八橋、水都の情景
8 寺社と祭礼、年中行事
9 戦後教育と追憶の学舎
フォトコラム わんぱく行進曲――戦後復興から高度成長期の子どもたち
10 おおさか喜怒哀楽――昭和の生活点描
フォトコラム 大阪万博の記憶――人類は進歩したのか、調和したのか

著者プロフィール

橋爪 節也  (ハシヅメ セツヤ)  (著/文 | 監修

■監修・執筆
橋爪節也(大阪大学教授 共創機構社学共創本部/総合学術博物館/大学院文学研究科兼任)

■執筆
伊藤 純(帝塚山大学非常勤講師)
駒井詩子(ピースおおさか専門職員)
武部好伸(エッセイスト、関西大学社会学部非常勤講師)
船越幹央(大阪市博物館協会学芸員)
古川武志(大阪市史料調査会調査員)

上記内容は本書刊行時のものです。