版元ドットコム

探せる、使える、本の情報

文芸 新書 社会一般 資格・試験 ビジネス スポーツ・健康 趣味・実用 ゲーム 芸能・タレント テレビ・映画化 芸術 哲学・宗教 歴史・地理 社会科学 教育 自然科学 医学 工業・工学 コンピュータ 語学・辞事典 学参 児童図書 ヤングアダルト 全集 文庫 コミック文庫 コミックス(欠番扱) コミックス(雑誌扱) コミックス(書籍) コミックス(廉価版) ムック 雑誌 増刊 別冊
ガラスの器と静物画 柴原 聡子(編集) - ブルーシープ
.
詳細画像 0 詳細画像 1 詳細画像 2 詳細画像 3 詳細画像 4
【利用可】

書店員向け情報 HELP

書店注文情報

注文電話番号:
注文FAX番号:
注文サイト:

在庫ステータス

在庫あり

取引情報

取引取次: 子どもの文化|トランスビュー
直接取引: あり
返品の考え方: 子どもの文化:買切、トランスビュー直取:随時返品可、取次経由:買切・返品不可

出版社への相談

店頭での販促・拡材・イベントのご相談がありましたらお気軽にご連絡ください。

ガラスの器と静物画 (ガラスノウツワトセイブツガ) 山野アンダーソン陽子と18人の画家 (ヤマノアンダーソンヨウコトジュウハチニンノガカ)

このエントリーをはてなブックマークに追加
B5変判
縦255mm 横180mm 厚さ14mm
重さ 543g
152ページ
並製
価格 3,200円+税
ISBN
978-4-908356-53-7   COPY
ISBN 13
9784908356537   COPY
ISBN 10h
4-908356-53-X   COPY
ISBN 10
490835653X   COPY
出版者記号
908356   COPY
Cコード
C0072  
0:一般 0:単行本 72:写真・工芸
出版社在庫情報
在庫あり
書店発売日
登録日
2023年10月6日
最終更新日
2023年11月22日
このエントリーをはてなブックマークに追加

紹介

ガラス食器をめぐり、連なるひとひらのように。
画家の言葉がガラスを、ガラスが絵画を、そしてガラスと絵画が写真を生み、
展覧会が生まれ、見る人と対話が生まれていく。

2018年、スウェーデン在住のガラス作家・山野アンダーソン陽子の発案で、山野が作ったガラスの器を18人の画家が静物画に描く「Glass Tableware in Still Life」プロジェクトが始まりました。
古くから身近なガラスという素材を介して、さまざまな文化的背景をもつアーティストたちは、言葉と想像力を通じた対話を経て作品を制作しました。そこから生まれたガラスの器と静物画を、写真家の三部正博が画家のアトリエで撮り下ろし、プロジェクトはアートブックとして結実。そして2023年11月、展覧会が行われます。

本書は、広島市現代美術館で始まり、全国を巡回する展覧会「ガラスの器と静物画 山野アンダーソン陽子と18人の画家」の公式図録です。図録のために撮り下ろした出品作品(絵画、ガラス、写真)の図版、全作品リストを収録するほか、山野のインタビュー、各会場のキュレーターによる論考、ガラス史の専門家によるコラムなど充実のテキストで、展覧会の全貌をまとめました。
宙吹きならではのわずかな歪みが美しいクリアーガラスの食器、それを受け取った画家たちによる親密な絵画、浮遊感をたたえたモノクロームの写真など、三者三様で表現され、それを見る人自身も、「ガラス食器」について無限の思いをめぐらせるような1冊です。

上記内容は本書刊行時のものです。