版元ドットコム

探せる、使える、本の情報

文芸 新書 社会一般 資格・試験 ビジネス スポーツ・健康 趣味・実用 ゲーム 芸能・タレント テレビ・映画化 芸術 哲学・宗教 歴史・地理 社会科学 教育 自然科学 医学 工業・工学 コンピュータ 語学・辞事典 学参 児童図書 ヤングアダルト 全集 文庫 コミック文庫 コミックス(欠番扱) コミックス(雑誌扱) コミックス(書籍) コミックス(廉価版) ムック 雑誌 増刊 別冊 ラノベ
沈黙の海へ 髙﨑 紗弥香(著) - アダチプレス
.
詳細画像 0 詳細画像 1

沈黙の海へ

縦279mm 横406mm
重さ 950g
32ページ
上製
定価 5,000円+税
ISBN
978-4-908251-05-4
Cコード
C0072
一般 単行本 写真・工芸
出版社在庫情報
在庫あり
初版年月日
2016年11月
書店発売日
登録日
2016年9月6日
最終更新日
2017年6月24日
このエントリーをはてなブックマークに追加

紹介

初夏、山に登ったら4ヶ月降りてこない。その間、山の上で写真を撮り続ける。作家の「生き方」と作品が深く繋がっている。そこに彼女の写真の強さがある。髙﨑さんの潔さ、それはひとつの才能なんですよ。――南條史生(森美術館館長)
日本アルプスを縦断して出会った、崇高なまでに美しい自然。彼女に撮影されるまで、誰の目にも触れることがなかった風景。大型サイズ・高精細カラー印刷による、注目の新鋭のファースト写真集。写真を見る自分自身が風景の中に立っているかのような気持ちに包まれる1冊です。

前書きなど

本書より――

日本海から太平洋まで、日本アルプスを縦断した。
辿り着いた時、満たされた気持ちになったのは、静けさの境地、内的な静寂によるものだった。
それは海のように深く、穏やかに私の内なる境界を超えて広がった。
長い時間山の中にいたことで、感覚が研ぎ澄まされ、森の匂いにさえも感謝しながら歩いていた。
自然の圧倒的な美しさを前に、私はただただ「ありがとうございます」としか言えなかった。
感謝は祈り、そして沈黙の海へと向かう入口である。
感じ方ひとつで世界は一変する。

著者プロフィール

髙﨑 紗弥香  (タカサキ サヤカ)  (

写真家。1982年、東京都生まれ。法政大学社会学部社会政策科学科卒業。個展「木々の肖像」(GALLERYエクリュの森、2013)、「SNOW SUITES」(六本木ヒルズクラブ、2013)、「沈黙の海へ」(GALLERYエクリュの森、2015)、「Landscape」(Bunkamura Wall Gallery、2015)。本書が初の写真集。http://www.sayakatakasaki.com

上記内容は本書刊行時のものです。