版元ドットコム

探せる、使える、本の情報

文芸 新書 社会一般 資格・試験 ビジネス スポーツ・健康 趣味・実用 ゲーム 芸能・タレント テレビ・映画化 芸術 哲学・宗教 歴史・地理 社会科学 教育 自然科学 医学 工業・工学 コンピュータ 語学・辞事典 学参 児童図書 ヤングアダルト 全集 文庫 コミック文庫 コミックス(欠番扱) コミックス(雑誌扱) コミックス(書籍) コミックス(廉価版) ムック 雑誌 増刊 別冊
最後のモナ・リザ ジョナサン・サントロファー(著/文) - アストラハウス
.
【利用可】

書店員向け情報 HELP

書店注文情報

注文電話番号:
注文FAX番号:
注文メール:

在庫ステータス

在庫あり

取引情報

取引取次: ト|ニ|楽天   書店
直接取引: なし

出版社への相談

店頭での販促・拡材・イベントのご相談がありましたらお気軽にご連絡ください。

最後のモナ・リザ (サイゴノモナ・リザ)

このエントリーをはてなブックマークに追加
四六判
縦188mm 横128mm 厚さ25mm
496ページ
並製
定価 2,200円+税
ISBN
978-4-908184-48-2   COPY
ISBN 13
9784908184482   COPY
ISBN 10h
4-908184-48-8   COPY
ISBN 10
4908184488   COPY
出版者記号
908184   COPY
Cコード
C0097  
0:一般 0:単行本 97:外国文学小説
出版社在庫情報
在庫あり
初版年月日
2023年12月25日
書店発売日
登録日
2023年10月12日
最終更新日
2023年12月23日
このエントリーをはてなブックマークに追加

紹介

1911年にルーブル美術館から盗まれた〈モナ・リザ〉は、その後2年間行方不明だった。

主人公は、ニューヨークに住む画家で美術史家のルーク・ペローネ。彼の曽祖父は、100年以上前にルーヴル美術館から〈モナ・リザ〉を盗んだ窃盗犯だ。曽祖父の日記が見つかったというメールを受けとり、フィレンツェの研究図書館で日記を読み始めるルーク。人間味あふれる曽祖父の姿が浮かび上がってくる……。しかし、日記は肝心な部分が破り取られており、日記に関わった人が次々と死んでいく。
曽祖父が盗み、その後返却したというルーヴル美術館の〈モナ・リザ〉。
当時、何があったのか。そしてあの〈モナ・リザ〉は、贋作か、否か?
ルークは、自身が殺される前に〈曽祖父の真実〉を見つけなければならない。

さえない画家兼美術史家の主人公、フィレンツェで出会った美しい女性、インターポールの捜査官、美術品贋作者、億万長者のコレクター……。過去と現在が交錯するなか、濃やかな人間模様が描かれ、エキサイティングなアクションシーンが展開する。フィレンツェ、パリ、南仏プロヴァンスの村の描写も魅力的な、ジョナサン・サントロファーによる美術(アート)ミステリの真髄。

版元から一言

ルーヴル美術館に飾られている〈モナ・リザ〉は、オリジナルか⁉︎ 贋作か⁉︎

曽祖父は百年前の〈モナ・リザ〉窃盗犯。彼が残した日記の謎を追う主人公、ルーク。〈モナ・リザ〉最後の謎を求めて、日記を手にした人が次々と死んでいく。彼がたどりついた〈曽祖父の真実〉とは。

美術(アート)ミステリの真骨頂!
画家で美術評論家で作家
J・サントロファーの最高傑作

著者プロフィール

ジョナサン・サントロファー  (ジョナサン・サントロファー)  (著/文

【著者】ジョナサン・サントロファー(Jonathan Santlofer)
1946年アメリカ・ニューヨーク生まれ。画家として成功し、世界各地で個展を開催。作品はメトロポリタン美術館、シカゴ美術館、東京都現代美術館など多くの美術館に収蔵されている。シカゴの画廊の火事でおよそ十年分の作品を失い、美術創作をいったん休止して執筆活動をスタート。2002年発表のデビュー長篇『デス・アーティスト』(髙山祥子訳)は、22カ国で翻訳されるなど世界的なヒットとなる。火事から5年後に美術界に復帰し、執筆活動も継続。『赤と黒の肖像』(三浦玲子訳)でネロ・ウルフ賞(最優秀犯罪小説賞)受賞。犯罪小説に特化したクライム・フィクション・アカデミーのディレクターを務め、美術館や大学で講演をするなど現在も活躍中。2021年に発表された本作『最後のモナ・リザ(The Last Mona Lisa)』は6作目の長篇。

髙山 祥子  (タカヤマ ショウコ)  (翻訳

【翻訳】髙山 祥子(たかやま しょうこ)
東京生まれ。成城大学文芸学部卒。出版社勤務後、英米文学翻訳家。主な訳書に『マーロー殺人クラブ』(ロバート・ソログッド)、『宿命の法廷』(マーシャ・クラーク)、『ヒロシマを暴いた男』(レスリー・ブルーム)、『すべての愛しい幽霊たち』(アリソン・マクラウド)、『デス・アーティスト』(ジョナサン・サントロファー)ほか、多数。

上記内容は本書刊行時のものです。