版元ドットコム

探せる、使える、本の情報

文芸 新書 社会一般 資格・試験 ビジネス スポーツ・健康 趣味・実用 ゲーム 芸能・タレント テレビ・映画化 芸術 哲学・宗教 歴史・地理 社会科学 教育 自然科学 医学 工業・工学 コンピュータ 語学・辞事典 学参 児童図書 ヤングアダルト 全集 文庫 コミック文庫 コミックス(欠番扱) コミックス(雑誌扱) コミックス(書籍) コミックス(廉価版) ムック 雑誌 増刊 別冊 ラノベ
マクロビオティックの世界観 巻1 斎藤武次(著/文) - あうん社
.

マクロビオティックの世界観 巻1 桜沢如一先生が21世紀に残したもの

発行:あうん社
四六判
252ページ
並製
価格 1,800円+税
ISBN
978-4-908115-21-9
Cコード
C0095
一般 単行本 日本文学、評論、随筆、その他
JP-eコード
1920095018003
出版社在庫情報
在庫あり
初版年月日
2020年4月8日
書店発売日
登録日
2020年4月2日
最終更新日
2020年4月2日
このエントリーをはてなブックマークに追加

目次

 巻1 もくじ 

第一章 石塚左玄と「食養」
第二章 西端学と「身土不二」
第三章 桜沢如一と「マクロビオティックの世界観」
第四章 西洋文明への挑戦―― 東洋医学実践の試み
第五章 桜沢、年に一度の帰朝
第六章 新体制による「食養会」の再建
第七章「食養会よ! さようなら」
第八章 詩人の魂をもった自由人
第九章 現代の視点から戦前を振り返る
第十章「神ながらの国」から「神を知らぬ国」へ

前書きなど

食養と身土不二を基礎にマクロビオティックを広めた
食生活の革命児・ジョージ桜沢の世界観とは?
メイゾン・イグノラムス(愚か者の家)の生き残りとなった著者が、
「桜沢如一研究の第1段」として恩師に捧げるオマージュ。

食養生法の原典、石塚左玄の「化学的食養長寿論」と
西端学の「身土不二の原則」をベースに、
宇宙と人間のつながり、人間とは何かについて、そのナゾ解きをやった
桜沢如一のマクロビオティックの世界観(無双原理)とは何か?

激変する現代の食環境の中で、しかも世界のあらゆる国に於いて
その指導原理(無双原理)は教育、経済、政治の世界に活用でき、
また効果が極めて有効であると私は確信しています。
そのことを、読者の皆さんと共にあらためて考え直してみたいと思い、
戦前戦後40年にわたる桜沢と同志によるマクロビオティック運動の苦闘の歩みを
回想するオマージュとして綴りました。
本書はその第1巻目で、巻2も同時発行しています。

版元から一言

近年、マクロビオティックのことはある程度知っている人は、ずいぶん多くなりました。ところが、その創始者・桜沢如一のこと(世界観や生き様、哲学など)は意外と知られていません。本書は、若き日に桜沢の教えを受けた著者が、恩師への感謝の思いで綴った「桜沢如一研究」の第1段です。

著者プロフィール

斎藤武次  (サイトウタケジ)  (著/文

1935年、埼玉県生まれ。さいたま市在住。
19歳の夏、桜沢主宰「メゾン・イグノラムス」へ入所、
平和運動「世界政府」新聞の編集に携わる。
現在、私設「モニコド文庫」としてマクロビオティック関連本の収集と整理、
執筆活動に専念。
日本CI協会の「桜沢如一資料室」の設立にも参加、活動継続中。
自宅での料理教室は毎月1回開催。

上記内容は本書刊行時のものです。