版元ドットコム

探せる、使える、本の情報

文芸 新書 社会一般 資格・試験 ビジネス スポーツ・健康 趣味・実用 ゲーム 芸能・タレント テレビ・映画化 芸術 哲学・宗教 歴史・地理 社会科学 教育 自然科学 医学 工業・工学 コンピュータ 語学・辞事典 学参 児童図書 ヤングアダルト 全集 文庫 コミック文庫 コミックス(欠番扱) コミックス(雑誌扱) コミックス(書籍) コミックス(廉価版) ムック 雑誌 増刊 別冊 ラノベ
と号第三十一飛行隊 「武揚隊 」の軌跡 きむらけん(著) - えにし書房
.
<信州特攻隊物語完結編>

と号第三十一飛行隊 「武揚隊 」の軌跡 さまよえる特攻隊

発行:えにし書房
四六判
256ページ
並製
価格 2,000円+税
ISBN
978-4-908073-45-8
Cコード
C0021
一般 単行本 日本歴史
出版社在庫情報
在庫あり
初版年月日
2017年12月
書店発売日
登録日
2017年8月5日
最終更新日
2017年12月26日
このエントリーをはてなブックマークに追加

紹介

インターネットでの偶然から5年、ついに明らかになった武揚隊の全貌!
信州特攻隊四部作、完結編。
『鉛筆部隊と特攻隊』『特攻隊と〈松本〉褶曲山脈』『忘れられた特攻隊』(彩流社刊)出版を通して寄せられた情報がパズルのピースを埋めた。新資料と検証の積み重ねで辿り着いた真実は…。

目次

序 章 武剋隊と武揚隊
第1章 満州新京特攻四隊の発足 
第2章 新京から松本へ
第3章 松本浅間温泉での武揚隊
第4章 武揚隊の遺墨発見
第5章 山本家資料の発見
第6章 武揚隊松本出発の謎
第7章 菱沼俊雄手記
終 章 鹿児島知覧への旅

著者プロフィール

きむらけん  (キムラ ケン)  (

1945年満州(現中国東北部)撫順生まれ。童話作家・物語作家、文化探査者。
1996年『トロ引き犬のクロとシロ』で「サーブ文学賞」大賞受賞。1997年『走れ、走れ、ツトムのブルートレイン』で「いろは文学賞」大賞・文部大臣奨励賞受賞。 2011年『鉛筆部隊の子どもたち~書いて、歌って、戦った~』で「子どものための感動ノンフィクション大賞」優良賞受賞。
著作に、『トロッコ少年ペドロ』、『出発進行! ぼくらのレィルウェイ』、『広島にチンチン電車の鐘が鳴る』(いずれも汐文社)、『日本鉄道詩紀行』(集英社新書)、『峠の鉄道物語』(JTB)。『鉛筆部隊と特攻隊―もう一つの戦史』、『特攻隊と褶曲山脈―鉛筆部隊の軌跡』、『忘れられた特攻隊―信州松本から宮崎新田原出撃を追って』(いずれも彩流社)は信州特攻三部作である。これに加えて『ミドリ楽団物語―戦火を潜り抜けた児童音楽隊』(えにし書房)がある。
『北沢川文化遺産保存の会』の主幹として、世田谷、下北沢一帯の文化を掘り起こしている。地図『下北沢文士町文化地図』(改訂7版)を作成したり、ネット上の『WEB 東京荏原都市物語資料館』に記録したりしている。
この物語はこの活動から発掘されたものである。

上記内容は本書刊行時のものです。