版元ドットコム

探せる、使える、本の情報

文芸 新書 社会一般 資格・試験 ビジネス スポーツ・健康 趣味・実用 ゲーム 芸能・タレント テレビ・映画化 芸術 哲学・宗教 歴史・地理 社会科学 教育 自然科学 医学 工業・工学 コンピュータ 語学・辞事典 学参 児童図書 ヤングアダルト 全集 文庫 コミック文庫 コミックス(欠番扱) コミックス(雑誌扱) コミックス(書籍) コミックス(廉価版) ムック 雑誌 増刊 別冊 ラノベ
パウリ=ユング往復書簡集 1932─1958 ヴォルフガング・パウリ(著) - ビイング・ネット・プレス
.

パウリ=ユング往復書簡集 1932─1958 物理学者と心理学者の対話
原書: Wolfgang Pauli und C. G. Jung : Ein Briefwechsel 1932-1958

A5判
410ページ
上製
定価 6,300円+税
ISBN
978-4-908055-13-3
Cコード
C0011
一般 単行本 心理(学)
出版社在庫情報
在庫あり
書店発売日
登録日
2016年2月1日
最終更新日
2018年11月30日
このエントリーをはてなブックマークに追加

紹介

ノーベル物理学賞受賞者のヴォルフガング・パウリと心理学の巨人グスタフ・ユングが交わした往復書簡集。
本書に収められた書簡において、パウリはユングが唱える共時性の考え方を強く支持していたことが分かり、共時性の現象は心理的な現象であるとともに物理的現象としての性質を持つとする。
本書によって共時性問題の背景が明らかになるだけではなく、往復書簡を通して行われた物理学者と心理学者による共時性の研究は、科学と人間性の関係についての深い探求と洞察に満ち、今日的課題を投げかけている。

上記内容は本書刊行時のものです。