版元ドットコム

探せる、使える、本の情報

文芸 新書 社会一般 資格・試験 ビジネス スポーツ・健康 趣味・実用 ゲーム 芸能・タレント テレビ・映画化 芸術 哲学・宗教 歴史・地理 社会科学 教育 自然科学 医学 工業・工学 コンピュータ 語学・辞事典 学参 児童図書 ヤングアダルト 全集 文庫 コミック文庫 コミックス(欠番扱) コミックス(雑誌扱) コミックス(書籍) コミックス(廉価版) ムック 雑誌 増刊 別冊 ラノベ
小松川叙景 小林 坩堝(著) - 共和国
.
詳細画像 0 詳細画像 1

書店員向け情報 HELP

書店注文情報

注文電話番号:
注文FAX番号:
注文メール:
注文サイト:

在庫ステータス

在庫あり

取引情報

取引取次: トランスビュー
直接取引: あり
返品の考え方: トランスビュー経由ですべての書店・帳合に納品いたします。トランスビュー経由の場合は返品を承りますが、取次経由の場合は返品(見計らい)不可となります。

出版社への相談

店頭での販促・拡材・イベントのご相談がありましたらお気軽にご連絡ください。
9784907986827

小松川叙景

文芸
このエントリーをはてなブックマークに追加
発行:共和国
A5変型判
縦210mm 横140mm 厚さ14mm
重さ 350g
104ページ
上製
定価 2,400円+税
ISBN
978-4-907986-82-7   COPY
ISBN 13
9784907986827   COPY
ISBN 10h
4-907986-82-3   COPY
ISBN 10
4907986823   COPY
出版者記号
907986   COPY
Cコード
C0092  
0:一般 0:単行本 92:日本文学詩歌
出版社在庫情報
在庫あり
初版年月日
2021年11月24日
書店発売日
登録日
2021年10月22日
最終更新日
2021年11月29日
このエントリーをはてなブックマークに追加

書評掲載情報

2022-03-12 図書新聞  第3535号
評者: 久保隆
2022-02-28 現代詩手帖  2022年3月号
評者: 野崎有以
2022-02-12 木槿通信  67号
評者: 吉田美和子
2022-02-11 週刊金曜日  2月11日号
評者: 五所純子
2022-02-07 京都新聞    朝刊
評者: 河津聖恵
2022-02-02 愛媛新聞
評者: 岸田将幸
2021-12-11 図書新聞
評者: 藤原辰史
MORE
LESS

紹介

詩集『でらしね』(思潮社、2013)で鮮烈にデビューした詩人の最新作品集。2020年~21年に『アナキズム』紙などに連作として掲載され、大きな反響を呼んだ表題作に、書き下ろし詩篇および著者撮影の写真を加えて、待望の単行本化。見慣れた町のひずみを切り裂き、言語によって一変させる黒の詩群。

目次

HOMEBODY
五月
六月
七月
八月
九月
 
NOWHERE
十月
十一月
十二月
一月
二月
 
NOWHERE
三月
四月

前書きなど

川向うからこちらへ電車の走って来る音が聴こえる。微振動する窓の外で朝がはじまってゆくとき、わたしはまだ暗い部屋に座して、川原で拾った石を並べている。ひとつひとつに名前をつけ、接続しえない無数の人生を想う。この部屋は磁場が狂っている。この部屋は時空が混濁している。きちがいのわたしは石を叩き割り、断面から血の流れだすことを期待する。重化学工業地帯の労働者たちが視なかったほうの夢がわたしの錯乱した今日だ。夢を叩き割ることは出来ない。ただ錆びだらけの時間のなかで、わたしはコンクリートで固められた地上を撫ぜている。故知れぬ、否、故を無視したが故の笑いがわたしの断面から溢れ出てやまない。
―「NOWHERE」より

版元から一言

小社では初の現代詩人の作品集であるとともに、武田麟太郎『蔓延する東京』、森元斎『国道3号線』の延長にあるような、都市/地域をディグしつつ普遍性の獲得を試みる、果敢な同時代表現です。
◎初版のみ、本表紙特殊造本+小口三方朱染めの特装仕様。

著者プロフィール

小林 坩堝  (コバヤシ カンカ)  (

1990年生まれ。詩作者。詩集『でらしね』(思潮社、2013)のほか、小詩集に『風船』(企画カニエ・ナハ、2015)、『エンド・ロール』(archaeopteryx、2017)がある。

上記内容は本書刊行時のものです。