版元ドットコム

探せる、使える、本の情報

文芸 新書 社会一般 資格・試験 ビジネス スポーツ・健康 趣味・実用 ゲーム 芸能・タレント テレビ・映画化 芸術 哲学・宗教 歴史・地理 社会科学 教育 自然科学 医学 工業・工学 コンピュータ 語学・辞事典 学参 児童図書 ヤングアダルト 全集 文庫 コミック文庫 コミックス(欠番扱) コミックス(雑誌扱) コミックス(書籍) コミックス(廉価版) ムック 雑誌 増刊 別冊 ラノベ
ガザの空の下 藤原 亮司(著) - dZERO
.

ガザの空の下 それでも明日は来るし人は生きる

発行:dZERO
四六判
304ページ
並製
価格 1,800円+税
ISBN
978-4-907623-21-0
Cコード
C0095
一般 単行本 日本文学、評論、随筆、その他
出版社在庫情報
在庫あり
初版年月
2016年4月
書店発売日
登録日
2017年2月13日
このエントリーをはてなブックマークに追加

重版情報

2刷 出来予定日: 2018-08-07

紹介

紛争が長く続くなか、筆舌に尽くしがたい過酷な環境で生きるガザの人々の深い悲しみと強い怒り。
一方で、日本人の私たちと同じような日常と人生がある。

「それでも明日は来る」ことは希望なのか残酷なのか。

20年近くパレスチナとその周辺取材を続けているジャーナリストによる入魂のノンフィクション作品です。

目次

序章 一九八〇年代、大阪・在日の街
第一章 二〇〇二年冬、パレスチナ
第二章 二〇〇五年冬、メディアに飽きられた戦争
第三章 二〇〇六~二〇〇八年、ユダヤ人の声
第四章 二〇〇七年夏、レバノンのパレスチナ難民
第五章 二〇〇八年、大阪市生野区
第六章 二〇〇八年夏、停戦中のガザ
第七章 二〇〇九年冬、ガザ戦争
第八章 二〇一四年夏、ガザからの電話
終章 二〇一五年、目が覚めたらまた一日が始まる
Video on the Book 「パレスチナ、戦争と人間」

著者プロフィール

藤原 亮司  (フジワラ リョウジ)  (

ジャーナリスト(ジャパンプレス所属)。1967年、大阪府に生まれる。1998年からパレスチナ問題の取材を続けている。他に、シリア内戦、レバノン、コソボ、アフガニスタン、イラク、ヨルダン、トルコなどにおいて、紛争や難民問題を取材。国内では在日コリアン、東日本大震災や原発被害の取材を行っている。

上記内容は本書刊行時のものです。