版元ドットコム

探せる、使える、本の情報

文芸 新書 社会一般 資格・試験 ビジネス スポーツ・健康 趣味・実用 ゲーム 芸能・タレント テレビ・映画化 芸術 哲学・宗教 歴史・地理 社会科学 教育 自然科学 医学 工業・工学 コンピュータ 語学・辞事典 学参 児童図書 ヤングアダルト 全集 文庫 コミック文庫 コミックス(欠番扱) コミックス(雑誌扱) コミックス(書籍) コミックス(廉価版) ムック 雑誌 増刊 別冊 ラノベ
中東特派員はシリアで何を見たか 津村 一史(著) - dZERO
.

中東特派員はシリアで何を見たか 美しい国の人々と「イスラム国」

発行:dZERO
四六判
264ページ
並製
価格 1,700円+税
ISBN
978-4-907623-18-0
Cコード
C0095
一般 単行本 日本文学、評論、随筆、その他
出版社在庫情報
在庫あり
初版年月日
2015年11月
書店発売日
登録日
2017年2月13日
最終更新日
2018年2月28日
このエントリーをはてなブックマークに追加

紹介

012~2015年、共同通信社外信部記者としてカイロ支局に駐在した記者(著者略歴)による書き下ろし。

「米国の戦争」に巻き込まれるおそれは本当にないのか?
集団的自衛権の行使で日本はだれと戦うのか?
「邦人人質事件」をめぐる政府の対応に間違いはなかったのか?
「日本の悪夢」は本当に始まるのか?

中東に駐在し、危険な目に何度も遭いながらも
泥沼化するシリア内戦と「イスラム国」拡大をつぶさに現地取材。
そこから見えてきたシリアの真実とは。

目次

序 章 「日本にとっての悪夢が始まるのだ」
第一章 過激派の温床と化した美しい国
第二章 そして出現した「国家」
第三章 各国メディア、記者たちの苦悩
第四章 追走「邦人人質事件」
終 章 日本はだれと戦うのか

写真集「美しい国の人々と戦争」
脅かされる日常
争乱に負けない笑顔
美しい国々

著者プロフィール

津村 一史  (ツムラ タダシ)  (

共同通信社記者。1979年、鹿児島県に生まれる。東京大学法学部を卒業。2003年、共同通信社に入社し、横浜支局、宮崎支局、名古屋支社を経て、本社政治部で鳩山由紀夫、菅直人両首相番を担当する。2012年から2015年、カイロ支局員として「アラブの春」後の中東を取材した。2015年7月から本社特別報道室に。著書に『総理を夢見る男 東国原英夫と地方の反乱』(共著、梧桐書院)がある。

上記内容は本書刊行時のものです。