版元ドットコム

探せる、使える、本の情報

文芸 新書 社会一般 資格・試験 ビジネス スポーツ・健康 趣味・実用 ゲーム 芸能・タレント テレビ・映画化 芸術 哲学・宗教 歴史・地理 社会科学 教育 自然科学 医学 工業・工学 コンピュータ 語学・辞事典 学参 児童図書 ヤングアダルト 全集 文庫 コミック文庫 コミックス(欠番扱) コミックス(雑誌扱) コミックス(書籍) コミックス(廉価版) ムック 雑誌 増刊 別冊
映画監督 村川透 山本俊輔 (著) - DU BOOKS
.
【利用可】

書店員向け情報 HELP

書店注文情報

注文電話番号:
注文FAX番号:
注文メール:
注文サイト:

在庫ステータス

在庫あり

取引情報

取引取次:
ト・日     書店
直接取引:なし
返品の考え方: 了解返品になります。

出版社への相談

店頭での販促・拡材・イベントのご相談がありましたらお気軽にご連絡ください。

映画監督 村川透 (エイガカントク ムラカワトオル) 和製ハードボイルドを作った男 (ワセイハードボイルドヲツクッタ)

芸術
このエントリーをはてなブックマークに追加
発行:DU BOOKS
四六判
312ページ
並製
価格 2,000円+税
ISBN
978-4-907583-70-5   COPY
ISBN 13
9784907583705   COPY
ISBN 10h
4-907583-70-2   COPY
ISBN 10
4907583702   COPY
出版者記号
907583   COPY
Cコード
C0074  
0:一般 0:単行本 74:演劇・映画
出版社在庫情報
在庫あり
初版年月日
2016年1月
書店発売日
登録日
2015年12月4日
最終更新日
2016年1月22日
このエントリーをはてなブックマークに追加

重版情報

2刷 出来予定日: 2016-02-24
MORE
LESS

紹介

村川透・本人を初め、ご家族、映画関係者、出演者などに取材を行い、松田優作とタッグを組んだ名作・『遊戯』シリーズを初め、テレビドラマでは『探偵物語』、『あぶない刑事』など、数々のヒット作を世に送り出してきた映画監督・村川透の“モーレツ”映画人生に迫る初のドキュメント。
助監督時代の熱血的な仕事ぶり、師・舛田利雄監督とのこと、盟友・松田優作との出会いや別れ、『あぶない刑事』誕生に触れる逸話など、初めて明かされるエピソードも満載。

目次

序章:タフでなければ、撮っていけない

第一章:山形の異端児、東京へ
 山形の芸能一家
 やんちゃと映画と音楽と
 敗戦で生活が一変
 「アメリカ」の衝撃
 初めての挫折、大学受験
 バンド活動、学生運動
 憧れの日活へ、しかし……。

第二章:助監督奮闘記
 目指すは「東洋のハリウッド」
 新米助監督、走る!
 映画と喧嘩の日々
 助監督としてのこだわり
 大いなる映画の師匠たち
 運命的な結婚
 「鬼のマスさん」との出会い
 ハリウッドからの「挑戦状」
 嵐の船出
 全てが「規格外」の過酷な現場

第三章:監督デビュー、そして挫折
 日活の変質
 ロマンポルノでついに抜擢
 伊佐山ひろ子と荒木一郎
 初メガホンは自由闊達
 ポルノの常識を打ち破れ
 立ちはだかった「ポルノの壁」
 山形交響楽団への情熱

第四章:松田優作と作り上げた伝説
 石原プロ『大都会』で監督復帰
 待望の映画監督オファー、しかし……
 「東映セントラル」からの誘い
 インディーズ体制でアクション映画を!
 仙元誠三、参戦
 溢れだす斬新なアイデア
 前人未踏の長回し銃撃戦
 ヘリコプターを使い倒せ
 低予算のノルマを果たす
 大野雄二、松田優作の功績
 因縁の角川からオファー『蘇える金狼』
 廃墟島で伝説の銃撃戦
 村川流カーアクション撮影法
 『野獣死すべし』への布石 
 丸山昇一、デビュー
 丸山が見た村川の「凄み」
 優作、丸山の挑戦~『野獣死すべし』始動
 優作の試行錯誤、受けて立つ村川
 村川の『野獣』へのこだわり
 角川春樹、そして優作との対立
 袂を分かつ時が来た

第五章:舘ひろし・柴田恭兵『あぶない刑事』たちとの出会い
 新天地への進出
 『あぶない刑事』で新しいことを
 村川路線と長谷部路線
 柴田恭兵を発掘
 カリスマたちの洗礼
 舘ひろしの新境地
 優作との「対決」
 村川映画祭――二人が見せた男気と友情

第六章:さらば、永遠の戦友よ
 ハードボイルドの快作『ブレイクアウト』
 最後のコンビ作『華麗なる追跡』
 病魔との闘い
 惜別の言葉

終章:老兵は未だ、闘い続ける
 衰え知らずの量産ぶり
 監督の枠を超えた文化活動
 映画復帰を待望する声
 十八年ぶりの銀幕復帰――『さらば あぶない刑事』
 伝説の村川=仙元コンビ復活
 燃え上がる『あぶ刑事』村川組現場
 万感のクランクアップ、そして次なる目標へ――

あとがき

著者プロフィール

山本俊輔   (ヤマモト シュンスケ)  (

1975(昭和50)年、東京生まれ。
立教大学卒業後、映像の世界へ。監督作『カクトウ便/そして、世界の終わり』(2007)で劇場公開デビュー。映画監督業の傍ら、『デス・ゲーム・パーク』、『木更津グラフィティ』などの脚本や小説も多数執筆。主な著書に小説『テイクファイブ 名画と愛と大泥棒』、『脱獄学園島 ハイスクール・プリズナー』などがある。
2015年、初のノンフィクション『NTV火曜9時 アクションドラマの世界』を上梓。

佐藤洋笑  (サトウ ヒロエ)  (

1974(昭和49)年生まれ。
音楽雑誌編集者を経て、映画、音楽を主な執筆対象とするライター活動を開始。「映画秘宝」、「ミュージックマガジン」などに多数寄稿。並行して映画ZINE「映画時代」の企画編集に携わり、長年に渡り「NTV火曜9時」枠関係者への取材や、イベントの主催を手がける。
2015年『NTV火曜9時 アクションドラマの世界』を上梓。

上記内容は本書刊行時のものです。