版元ドットコム

探せる、使える、本の情報

文芸 新書 社会一般 資格・試験 ビジネス スポーツ・健康 趣味・実用 ゲーム 芸能・タレント テレビ・映画化 芸術 哲学・宗教 歴史・地理 社会科学 教育 自然科学 医学 工業・工学 コンピュータ 語学・辞事典 学参 児童図書 ヤングアダルト 全集 文庫 コミック文庫 コミックス(欠番扱) コミックス(雑誌扱) コミックス(書籍) コミックス(廉価版) ムック 雑誌 増刊 別冊 ラノベ
わたしはどこにいる? 道標(サイン)をめぐるアートとデザイン 富山県美術館(編集) - マイブックサービス
.
詳細画像 0

書店員向け情報

在庫ステータス

品切れ・重版未定

取次情報

直接取引: あり(トランスビュー扱い)

わたしはどこにいる? 道標(サイン)をめぐるアートとデザイン

このエントリーをはてなブックマークに追加
A5変型判
128ページ
上製
価格 2,500円+税
ISBN
978-4-907490-15-7   COPY
ISBN 13
9784907490157   COPY
ISBN 10h
4-907490-15-1   COPY
ISBN 10
4907490151   COPY
出版者記号
907490   COPY
 
Cコード
C0071
一般 単行本 絵画・彫刻
出版社在庫情報
品切れ・重版未定
初版年月日
2019年3月9日
書店発売日
登録日
2020年7月28日
最終更新日
2020年8月19日
このエントリーをはてなブックマークに追加

紹介

富山県美術館で開催の「わたしはどこにいる? 道標(サイン)をめぐるアートとデザイン」展の図録と展示記録集。

出品作家は、秋山さやか、色部義昭、葛西薫、康夏奈、佐藤修悦、田村友一郎、廣村正彰。


[展覧会情報]

わたしはどこにいる? 道標(サイン)をめぐるアートとデザイン

会期:2019年3月9日―5月19日
会場:富山県美術館

「サイン」とは、人を目的地に導く目印のこと。普段意識することは少なくても、駅や空港、商業施設、美術館などのあらゆる場所に、標識や案内板、矢印やピクトグラムといったさまざまなサインが存在しています。一方で、「人生の道標(みちしるべ)」という表現があるように、場所やそこに至る道程は人間の生き方とも分かちがたく結びついています。
本展では「サイン=道標」に注目し、グラフィックデザイナーによるサインデザインと、場所との関係性を追究した現代美術作品をあわせてご紹介します。本展出品作品を通して、人間がどのように場所や空間を理解し、伝えようとしてきたのか、そしてその中でめぐらされる「わたしはどこにいる?」という問いに、「アート」と「デザイン」の双方から迫ります。(富山県美術館ホームページより転載)

目次

ごあいさつ

柏木博「図像と表象についてのいくつかのこと」
碓井麻央「わたしはどこにいる?――道標、あるいは小砂利のようなものをたどって」

章立て
1. しるしをつける
2. わたしはどこにいる?
3. 開かれた空間とサイン
4. さあ、外へ

作家略歴
出品リスト

上記内容は本書刊行時のものです。