版元ドットコム

探せる、使える、本の情報

文芸 新書 社会一般 資格・試験 ビジネス スポーツ・健康 趣味・実用 ゲーム 芸能・タレント テレビ・映画化 芸術 哲学・宗教 歴史・地理 社会科学 教育 自然科学 医学 工業・工学 コンピュータ 語学・辞事典 学参 児童図書 ヤングアダルト 全集 文庫 コミック文庫 コミックス(欠番扱) コミックス(雑誌扱) コミックス(書籍) コミックス(廉価版) ムック 雑誌 増刊 別冊 ラノベ
家で生まれて家で死ぬ 三砂 ちづる(著) - ミツイパブリッシング
.

家で生まれて家で死ぬ

四六判
144ページ
並製
価格 1,200円+税
ISBN
978-4-907364-07-6
Cコード
C0095
一般 単行本 日本文学、評論、随筆、その他
出版社在庫情報
在庫あり
初版年月日
2017年11月
書店発売日
登録日
2017年12月21日
最終更新日
2017年12月21日
このエントリーをはてなブックマークに追加

紹介

ゆたかな生と死は取り戻せるのか? 日本を代表する在宅医療の専門医と開業助産師、がん患者家族らが問う、少子高齢化社会への処方箋。

目次

はじめに

Ⅰ 家で生まれる、ということ 矢島床子
産む環境が大きく変わりました/感じるお産=フィーリング・バース
絶対に一人にしない/正気で赤ちゃんは産めません
寄り添うお産との出合い/自分がいとおしくなるお産
妻がいちばん美しく見えた/子どもたちとお産/おじいさんたちの涙
帰りたい場所/姉がおしえてくれたこと

Ⅱ 家で死ぬ、ということ 新田國夫
感動する死がある/病院と出産/生かす医療だけを追求
「病院で死にたくない」/病院医療への疑問/見ているだけでいい
生死を忘れる時代/病院のあり方も変わる/看取りはプロセス
家ってなんだろう?/どんなふうに死にたいですか?
家族で話し合う/死ににくい世の中/最期まで前向きに
最期まで豊かに

Ⅲ 地域で育つ、ということ 佐藤有里
野外教育に出合う/五人の自宅出産/赤ちゃんの生命力
あたり前の暮らしの中で/助産師さんの知恵/我が家の子育て
地域で育つ/保育者も保護者も一緒に/おじいちゃんのこと
義父と過ごした豊かな時間

Ⅳ 家で看取る、ということ 三砂ちづる
夫の打ち明け話/心の準備があった/二〇一三年、春の朝
ステージⅣ/けんちん汁と生ジュース/高額医療はしない
明確な方針のおかげで/話し合いと納得感/妻が決めること
延命とは?/さまざまなオプション/毎月の医療費
医療の進歩に感動/自筆でサインする/まだ外出するつもりでいた
医師の言葉/家族の時間/夫の隣で眠る/死に励まされる

Ⅴ ディスカッション
助産院がない/魚は水が見えない/一歩先の発想
ドイツ医療だった日本/一パーセントの奇跡/女性自身が知らない
女性の口コミが大事/超高齢化時代の医療
生きていてよかったと言える看取り/「主体的」に生きる
死に方がわからない/未来へ残すために

おわりに

前書きなど

はじめに 三砂ちづる

本書は二〇一六年一二月一一日、津田塾大学小平キャンパスで開催したシンポジ
ウム「家で生まれて、家で死ぬ」の記録に加筆修正したものです。シンポジウムの
きっかけは、この小平キャンパスのある東京都多摩地区に「家で生まれて、家で死ぬ」
という古くて、かつ、先進的な取り組みを進めてこられた、お二人がいらっしゃるこ
とでした。
矢島助産院の矢島床子さんは、国分寺で開業されている助産婦さんです。矢島助産
院での研修を経て、多摩地区のあちこちで開業する助産師の方がたくさんいらっしゃ
いますので、ここ多摩地区は、日本で一番、開業助産師の選択肢が多い地区になって
います。
矢島さんの活動はテレビや週刊誌でも紹介され、日本全国で知られています。日本を代表する開業助産婦のお一人です。
日本にいると、開業助産院というのは、どこにでもあると思われるかもしれません。
しかし、日本の開業助産院のようなところは、世界中を探しても、なかなかありませ
ん。嘱託の医師が必要ですが、問題ないケースであれば医師のいないところで、助産
師が自然なお産を介助することができる。そのような場所は、世界中でもほとんど見
当たらないのです。
助産師は医療介入ができません。開業助産院では、近代医療の確立前から、人間
がずっと続けてきたお産の姿をうかがい知ることができます。日本の助産院には、ア
フリカやラテンアメリカ、東南アジアなど世界中から研修に来られます。医療設備の
ないところで、こんなに安全に幸せなお産が行われていることに、みなさん目からう
ろこ、という感じで、非常に感銘を受けて帰られます。日本の開業助産院は、世界文
化遺産にしてもらいたい、と思うくらい、素晴らしいところです。
国立市で開業されている新田クリニックの新田國夫さんは、日本の訪問診療のさきがけのお一人です。国立市をベースにたくさんの方を家で看取ってこられました。
私の夫も、新田先生のおかげで家で看取ることができました。
家で死ぬということに関しては、今は日本中で話題になっています。しかしながら、
現実的には、まだ、なかなか難しい。その理由は、在宅での看取りに協力してくれる
医師、スタッフ、あるいはそうした施設がないから、ということになっています。国
立市には新田先生がおられますので、望めば、家で死ぬことが可能です。
「家で生まれて家で死ぬ」ということは、今の医療のシステムでは、もちろんマジョ
リティーがやっていることではありません。けれども、新しい動きとして発信してい
く時期に来ている、と言えないでしょうか。
シンポジウムでは右にご紹介したお二人のほかに、家で五人のお子さんを出産さ
れ、義理のお父さまを家で看取られた佐藤有里さん、それから夫を家で看取った私が
登壇し、最後にパネルディスカッションを行いました。
たいへん小さな試みですが、みなさまと一緒に考えていければと思っております。

版元から一言

生まれる場所、死ぬ場所は、その人の人生にどんな影響を与えるでしょうか?

いま「病院で最期を迎える」というイメージが、変化してきています。東京都の調査では約7割の人が、人生の最終段階で「自分のやりたいこと、生活を優先したい」と答えています。家で最期を迎えたいというニーズは、少なくないのです。

日本の開業助産院は、近代医療の確立前から人が続けてきたお産の姿を残す、世界的にも注目される場です。助産院出産の体験談からは、「出産とはよろこびである」ことがわかります。そこでのお産をつよく望む人が一定数います。

今後、さらに深刻な状況になる少子高齢化社会をより「人間的に」生きるために、「生まれる場所」と「死ぬ場所」の選択について、真剣に考えてみるきっかけに本書がなれば、幸いです。

著者プロフィール

三砂 ちづる  (ミサゴ チヅル)  (

1958年山口県生まれ。兵庫県西宮育ち。津田塾大学国際関係学科教授、作家。京都薬科大学卒業、ロンドン大学Ph.D.(疫学)。著書に『オニババ化する女たち』(光文社新書)、『昔の女性はできていた 忘れられている女性の身体に在る力』(宝島文庫)、『月の小屋』(毎日新聞社)、『五感を育てるおむつなし育児 赤ちゃんからはじめるトイレトレーニング』(主婦の友社)、『女が女になること』(藤原書店)、『女たちが、なにか、おかしい』(ミシマ社)、『死にゆく人のかたわらで』(幻冬舎)他多数。

新田 國夫  (ニッタ クニオ)  (著/文

1944年岐阜県生まれ。医学博士・日本外科学会外科専門医。1967年早稲田大学第一商学部卒業。1979年帝京大学医学部卒業。同大学病院第一外科・救急救命センター勤務。1992年から医療法人社団つくし会理事長。著書に『安心して自宅で死ぬための5つの準備』(主婦の友社)、編著に『家で死ぬための医療とケア在宅看取り学の実践』(医歯薬出版)他。

矢島 床子  (ヤジマ ユカコ)  (著/文

1945年岐阜県生まれ。矢島助産院院長。1970年日本赤十字社助産婦学校卒業後、日本赤十字社産院、高山赤十字病院勤務。1981年から三森助産院で助産婦修業を経て1987年独立。1990年矢島助産院開業。2002年NPO法人お産サポートJAPAN設立。2003年ハンズの会(地域医療連携システム)立ち上げに関わる。著書に『助産婦(仕事-発見シリーズ)』(実業之日本社)、共著に『新版フィーリング・バース 心と体で感じるお産』(自然食通信社)。

佐藤 有里  (サトウ ユリ)  (著/文

1974年千葉県生まれ。NPO法人くにたち農園の会監事。NPO法人森のようちえん全国ネットワーク連盟理事。森のようちえん谷保のそらっこ代表。2002~2011年に5子を自宅出産。2013年より東京都国立市谷保で森のようちえんを開設。0・1・2歳からの自然体験のほか、田畑とつながる子育て古民家「つちのこや」、都市モデル農園「くにたち はたけんぼ」の運営、乗馬キャンプの企画など、地域に根ざした活動を続ける。

上記内容は本書刊行時のものです。