版元ドットコム

探せる、使える、本の情報

文芸 新書 社会一般 資格・試験 ビジネス スポーツ・健康 趣味・実用 ゲーム 芸能・タレント テレビ・映画化 芸術 哲学・宗教 歴史・地理 社会科学 教育 自然科学 医学 工業・工学 コンピュータ 語学・辞事典 学参 児童図書 ヤングアダルト 全集 文庫 コミック文庫 コミックス(欠番扱) コミックス(雑誌扱) コミックス(書籍) コミックス(廉価版) ムック 雑誌 増刊 別冊 ラノベ
福音ソフトボール 三井 ヤスシ(著) - ミツイパブリッシング
.

福音ソフトボール 山梨ダルクの回復記

四六判
128ページ
並製
価格 1,300円+税
ISBN
978-4-907364-01-4
Cコード
C0095
一般 単行本 日本文学、評論、随筆、その他
出版社在庫情報
在庫あり
初版年月日
2013年9月
書店発売日
登録日
2017年12月25日
最終更新日
2017年12月25日
このエントリーをはてなブックマークに追加

紹介

「俺たち、生きていていいんだ」
山梨ダルク(薬物依存症回復施設)と山梨県警、常識はずれのソフトボール試合を軸に、薬物依存症から回復する人々を描く、心温まるノンフィクション。
「薬物依存症は病気です。精神力ではどうにもならない。正しい治療を受けてほしい。がんばらなくていいんだよ」
「ダルクでは〈クスリをやめろ〉とは言わない。〈よかったら生き方を一緒に変えてみよう〉と言ってくれる」
「ここには仲間がいるんだよ。世界中の仲間が。もう、独りじゃないんだよ」

版元から一言

薬物依存症はWHOの認定する精神障害です。日本には200万人の患者がいると言われています。国際的には患者はある意味社会的弱者であり、個人の問題ではなく社会的問題と認識されていますが、日本ではそうした理解はまだまだ広がっていません。

ダルク(DARC)とはDrag Addiction Rehabilitation Centerの略。当事者によって運営される民間の薬物依存症回復施設で、国内に約50カ所あります。どのエリアのダルクにもそれぞれのストーリーがあり、みなさん個性輝く人ばかりで書籍を刊行しているダルクもいくつかあるのですが、本書の魅力はなんと言っても山梨ダルク代表の佐々木広さんの言葉。
「がんばらなくていい」「人は変われる」と言ってどんな仲間の面倒もみる佐々木さん。そんな佐々木さんも覚せい剤で逮捕歴3回、受刑歴2回の薬物依存症当事者。佐々木さんは仙台ダルクで助けられ、今日一日をクリーンで過ごせたことに感謝しながら、毎日を生きています。
山梨ダルクで回復したスタッフは、山梨県内の中学、高校、大学などで予防啓発活動の講演をしたり、いま悩んでいる患者の相談対応にと活躍しています。
ダルクの人々の回復ものがたりは、薬物依存に苦しむ人に限らず、生きづらさを抱えるすべての人に何かをもたらしてくれます。

著者プロフィール

三井 ヤスシ  (ミツイ ヤスシ)  (

1976年、山梨県生まれ。イラストレーター。共著に『ねえ おそらのあれ なあに?』『はた はた はた ふれ』(共にユニバーサルデザイン絵本センター)。旭川在住。

著者公式サイトhttps://mitsui-creative.com/

上記内容は本書刊行時のものです。