版元ドットコム

探せる、使える、本の情報

文芸 新書 社会一般 資格・試験 ビジネス スポーツ・健康 趣味・実用 ゲーム 芸能・タレント テレビ・映画化 芸術 哲学・宗教 歴史・地理 社会科学 教育 自然科学 医学 工業・工学 コンピュータ 語学・辞事典 学参 児童図書 ヤングアダルト 全集 文庫 コミック文庫 コミックス(欠番扱) コミックス(雑誌扱) コミックス(書籍) コミックス(廉価版) ムック 雑誌 増刊 別冊
旅の人、島の人 俵万智(著/文) - ハモニカブックス
.
【利用可】

書店員向け情報 HELP

書店注文情報

注文FAX番号:
注文メール:
注文サイト:

在庫ステータス

在庫あり

取引情報

取引取次: トランスビュー
直接取引: あり

出版社への相談

店頭での販促・拡材・イベントのご相談がありましたらお気軽にご連絡ください。

旅の人、島の人 (タビノヒトシマノヒト)

このエントリーをはてなブックマークに追加
四六判
240ページ
価格 1,700円+税
ISBN
978-4-907349-28-8   COPY
ISBN 13
9784907349288   COPY
ISBN 10h
4-907349-28-9   COPY
ISBN 10
4907349289   COPY
出版者記号
907349   COPY
Cコード
C0095  
0:一般 0:単行本 95:日本文学、評論、随筆、その他
出版社在庫情報
在庫あり
書店発売日
登録日
2023年8月29日
最終更新日
2024年1月4日
このエントリーをはてなブックマークに追加

紹介

沖縄の石垣島に、息子と移住して三年あまり。「旅の人」と言うにはやや長く、「島の人」というにはまだ短い、そんな時間が流れた。

震災のときは仙台に住んでいた。すぐさま小学生の息子と二人で避難。空路を乗り継いで西へ向かい、沖縄、石垣島まで飛んだ。たまたま空席があっただけで、まさかそのまま住みついてしまうとは思ってもみなかった。虫は怖いし、魚は裁けない。そもそもアウトドアは大の苦手だった。「旅の人」と言うにはやや長く、「島の人」というには短い沖縄・石垣島の暮らし。
「地方暮らし」のブームを先取りした9年前のエッセイ集にボーナストラックを増補して復刊。「サラダ記念日」以前に儚く消えた「幻の50首」があった! そんな秘蔵エピソード「やや長い失恋の話」など。

前書きなど

先日、久しぶりに石垣島を訪れた。変わらない風景、懐かしい人たち。ゆるゆるの島時間に身を浸していると、ここで息子と暮らした5年間は、たしかに今の自分の一部になっているなあと感じる。
いっぽうで「島の人」よりは「旅の人」に近いポジションにいることもまた現実だ。だからこそ、本書に収められたエッセイの一つ一つが愛おしい。
2011年の震災後、縁あって石垣島に滞在し、そのまま住みついてしまった。小学生男子には天国のような島だった。その後、息子の進学のため2016年の春に島を離れた。2014年に本書を出版した時には入れられなかったものを収録して、今回の増補版とする。

著者プロフィール

俵万智  (タワラマチ)  (著/文

1987年の第1歌集《サラダ記念日》はベストセラー。歌集に《かぜのてのひら》《チョコレート革命》《プーさんの鼻》《オレがマリオ》《未来のサイズ》《アボカドの種》、評伝《牧水の恋》、エッセイ《青の国、うたの国》など。2022年、短歌の裾野を広げた功績から朝日賞を受賞。読売歌壇選者のほか、宮崎で毎年開催される高校生の「牧水・短歌甲子園」審査員もつとめる。

上記内容は本書刊行時のものです。