版元ドットコム

探せる、使える、本の情報

文芸 新書 社会一般 資格・試験 ビジネス スポーツ・健康 趣味・実用 ゲーム 芸能・タレント テレビ・映画化 芸術 哲学・宗教 歴史・地理 社会科学 教育 自然科学 医学 工業・工学 コンピュータ 語学・辞事典 学参 児童図書 ヤングアダルト 全集 文庫 コミック文庫 コミックス(欠番扱) コミックス(雑誌扱) コミックス(書籍) コミックス(廉価版) ムック 雑誌 増刊 別冊 ラノベ
おいる 中山千夏(著/文) - ハモニカブックス
.
詳細画像 0 詳細画像 1 詳細画像 2 詳細画像 3 詳細画像 4

書店員向け情報

書店注文情報

注文FAX番号:
注文サイト:

在庫ステータス

在庫あり

取引情報

取引取次: トランスビュー
直接取引: あり

出版社への相談

店頭での販促・拡材・イベントのご相談がありましたらお気軽にご連絡ください。
9784907349158

おいる

このエントリーをはてなブックマークに追加
B5変型判
32ページ
上製
価格 1,500円+税
ISBN
978-4-907349-15-8   COPY
ISBN 13
9784907349158   COPY
ISBN 10h
4-907349-15-7   COPY
ISBN 10
4907349157   COPY
出版者記号
907349   COPY
Cコード
C0092
一般 単行本 日本文学詩歌
出版社在庫情報
在庫あり
初版年月日
2016年9月7日
書店発売日
登録日
2019年11月16日
最終更新日
2021年10月20日
このエントリーをはてなブックマークに追加

紹介

中山千夏が自らの「老い」に向き合う。
「あなたの心に」から47年、直木賞候補になった小説『子役の時間』から36年。いちばん新しい中山千夏がここにいます。
生きるとは老いること。成長とは老化なのだ。生きると老いるは生命の両面、と捉えることで、老人であることが人間であることと、確かに感じられるようになった。老いるは生きる。老人は人間。人間なのだから、ヒトさまざま。老人さまざま。

目次

生きるとは老いることなのだ。成長とは老化なのだ。生きると老いるは生命の両面、と捉えることで、老人であることが人間であることと、確かに感じられるようになった。老いるは生きる。老人は人間。人間なのだから、ヒトさまざま。老人さまざま。
私にとって私は、誰とも決して交換できない唯一無二の存在である。だから私は私にとって、絶対的な存在価値がある。私の存在価値は、「他」によって生じるわけではない。私が「私」であることによって、生じる。他の役に立とうが立つまいが「私」は存在するだけで存在価値がある。ひとはみんな、そこに存在するだけで、それぞれかけがいのない「私」の価値に、きらきら輝いている。人間は誰もみんな、存在するだけで尊い価値がある。
                            中山千夏 2018年5月記す

前書きなど

「老いる」からオイルを連想し、石ころのような「老い」よりも動きのある「老いる」のほうが言葉としてだんぜん好もしく思い、香油が流れるようにゆっくりと、死までを老いることを礼讃したつもり。
考えてみると、この詩が浮かんだ時から、わがこととして「老」を見つめ始めたのかもしれない。
詩をつくったあとで、「老いる」と「生きる」が完全に同義であることに、今更ながら気がついた。「人間は生まれてからずっと老いてゆく」というふうな警句だかなんだかを大昔に聞いた記憶があるから、少なからぬひとがとっくに気づいていたことに違いない。
ずいぶん若い頃から身心は「老化」を始める、とも聞いたことがある。
つまり、「生きる」とは「老いる」なのだ。成長とは老化なのだ。
「老いる」をオイルにひたして生きるに引き寄せれば、あらゆる「老」が息づく気がした。
それで、意気軒昂に、我が「老」と取り組み始めたのだろう。
中山千夏

上記内容は本書刊行時のものです。