版元ドットコム

探せる、使える、本の情報

文芸 新書 社会一般 資格・試験 ビジネス スポーツ・健康 趣味・実用 ゲーム 芸能・タレント テレビ・映画化 芸術 哲学・宗教 歴史・地理 社会科学 教育 自然科学 医学 工業・工学 コンピュータ 語学・辞事典 学参 児童図書 ヤングアダルト 全集 文庫 コミック文庫 コミックス(欠番扱) コミックス(雑誌扱) コミックス(書籍) コミックス(廉価版) ムック 雑誌 増刊 別冊 ラノベ
性売買のブラックホール シンパク・ジニョン(著) - ころから
.

書店員向け情報 HELP

書店注文情報

注文電話番号:
注文FAX番号:
注文サイト:

在庫ステータス

在庫あり

取引情報

取引取次: トランスビュー
直接取引: あり
返品の考え方: トランスビュー直取引書店は返品可(期限なし、了解不要)

出版社への相談

店頭での販促・拡材・イベントのご相談がありましたらお気軽にご連絡ください。
9784907239626

性売買のブラックホール 韓国の現場から当事者女性とともに打ち破る

このエントリーをはてなブックマークに追加
発行:ころから
A5変型判
縦198mm 横148mm 厚さ16mm
256ページ
並製
価格 2,200円+税
ISBN
978-4-907239-62-6   COPY
ISBN 13
9784907239626   COPY
ISBN 10h
4-907239-62-9   COPY
ISBN 10
4907239629   COPY
出版者記号
907239   COPY
Cコード
C0036  
0:一般 0:単行本 36:社会
出版社在庫情報
在庫あり
初版年月日
2022年5月25日
書店発売日
登録日
2022年3月11日
最終更新日
2022年5月31日
このエントリーをはてなブックマークに追加

紹介

「性売買が多すぎる」と言われる韓国において、性売買女性とともに状況変化を生みだそうと活動してきたシンパク・ジニョンの初めての単著を完訳。
日本の植民地支配に起源をもつ性売買の現状を伝え、ともに悩みながら女性たちの脱性売買を支援する立法や活動に携わってきた著者の言葉は、同じように性売買が多すぎる日本そして世界の性売買当事者とその支援者に届けられるべきものだ。
BLM運動を契機にスタートした「いきする本だな」の第二冊として堂々刊行!

目次

日本語版に寄せて
序章 性売買が多すぎる
第1章 性売買という常識のブラックホール
 性売買のどこが問題なのか
 有名無実の違法化
 女はみんな娼婦?
 性売買を禁止したから性売買が増えた?
 性売買を禁止したから性犯罪が急増した?
 性売買の違法化のせいで10代女性の性売買が増える?
 男性障がい者の権利のために性売買は必要?
 「いつでもどこでも性売買を可能にせよ!」
【韓国の性売買SCENE01】性売買実態調査

第2章 韓国の性売買の誕生
 性売買大国
 韓国の性売買のルーツ
 国家が助長した米軍「慰安婦」
 買春観光とホステス映画の全盛期
 人身売買から海外市場まで
 このままではいけない―「性売買防止法」の制定
【韓国の性売買SCENE02】2000年群山、そして変化の始まり

第3章 市場へと向かった性売買
 カネになるマーケット
 性売買市場の「業者」たち
 利潤のネットワーク――斡旋カルテル
 遊興という産業
 遊興接客員とは何か
 接待共和国――根の深い腐敗
 買春者、市場の奴隷
 買春者は「ご主人様」になれるのか
 ホモソーシャルな社会――強者と弱者の遊び文化
【韓国の性売買SCENE 03】2011年夏、浦項

第4章 商品にされた女性たち
 なぜ性売買をするかって?
 商品になって限りなく待機せよ
 他人の欲望の徹底した道具になるということ
 性暴力と性売買の境界
 性売買女性たちが「楽に稼げるカネ」
 コントロールの構造――前払金
 借金、奴隷化、暴行
 暴力と殺害に無防備な「市場」
【韓国の性売買SCENE 04】2017年「エイズ性売買女」、その裏

第5章 世界の性売買
 どの国をモデルとすべきか?
 合法vs違法の論争
 合法化以降の現実――ドイツ
 世界中のセックスワーカーを尊重せよ?――オランダ
 「セックスワーカー」という幻想――米国・ネバダ州
 性売買の合法化がもたらした災い――再びドイツ
 誰のための「完全非犯罪化」か――アムネスティ・インターナショナル
 私たちは失敗した――現場の声[ニュージーランド、南アフリカ]
【ANOTHER SCENE】ドイツで出会った活動家たち

第6章 より良き道に立つ
 すべてが性売買になる
 性売買に食われた人々
 当事者になること――ムンチの結成と実践
 その判決が残したもの
 変化は成し遂げられた
 より良き道に立つ
【韓国の性売買SCENE05】2019年、「お姉さんの写真がインターネットに掲載されているわよ」

おわりに 私たちみなが性売買のなかにいる
用語辞典(50音順)
『性売買のブラックホール』関連年表

なぜ本書は日本で読まれる必要があるのか(小野沢あかね)
日本の性売買の現場から(仁藤夢乃)
監訳者あとがき(金富子)

前書きなど

電話がきた。知らない番号だった。受話器の向こうの女性は「淪落街」のある店にい ると言った。現在は性売買集結地と呼ぶ場所だ。助けを求めてきたその女性は、「そこから抜け出したい、どうすればいいのか」と尋ねた。私が性売買女性の支援にかかわ る活動を始めたばかりの頃だった。
2002年夏。その女性を訪ねてバクバクする心臓を決然たる表情でごまかして、 店の立ち並ぶ路地をずんずん進んでいった。真昼の陽射しのもと、ひっそりと静まっていたその路地が、私たちの足音で一瞬にして目覚めた。人っ子ひとりいなかった通りに あっという間に数多くのまなざしが満ちあふれ、私と同行者はつきまとう人々の怒号と罵倒に取り囲まれた。
警察に同行を要請していたが、誰も信じられなかったから、現場に到着するまでは 具体的な店名と部屋番号は知らせていなかった。警察官は私たちの後ろを少し離れてついてきながら、顔見知りらしき店の経営者たちから会釈されていた。夜になると華やかに着飾った女性たちが買春者に選んでもらうために待機する店の前のガラス張り の部屋を過ぎ、なかへと入った。数え切れないほどのドアがびっしり並ぶ廊下があった。(本書序章より)

版元から一言

日本でも売春防止法の抜本的改正と困難の状況にある女性を支援する「女性新法」の成立が間近に迫っています。
そうした中、性売買当事者の支援で先行する韓国の現場からのレポートは、その課題を含めてとても貴重なものです。
性売買集積地の現場を知り、女性を支援してきたアクティビストでもあるシンパク・ジニョンの初の単著を完訳。日本語版限定で写真や年表を補い、また監訳者らの詳細な解説を付して刊行します。

著者プロフィール

シンパク・ジニョン  (シンパク ジニョン)  (

1965年生まれ。韓国「性売買問題解決のための全国連帯」前代表(現政策チーム長)。1990年代から出身地・大邱(テグ)広域市での女性運動やフェミニズム理論による性教育の普及、また戸主制の廃止運動を行う。2002年から「性売買防止法」制定運動に携わり、同時に性売買からの脱却を望む女性の支援活動を展開。2006年女性学大学院を修了。本書は初の単著。

金 富子  (キム プジャ)  (監訳

東京外国語大学大学院総合国際学研究院教授。おもな著書に『植民地期朝鮮の教育とジェンダー』(世織書房)など。

小野沢 あかね  (オノザワ アカネ)  (解説

立教大学文学部史学科教授。おもな著書に『近代日本社会と公娼制度』(吉川弘文館)など。

仁藤 夢乃  (ニトウ ユメノ)  (解説

一般社団法人Colabo代表理事。おもな著書に『難民高校生』(筑摩書房)など。

上記内容は本書刊行時のものです。