版元ドットコム

探せる、使える、本の情報

文芸 新書 社会一般 資格・試験 ビジネス スポーツ・健康 趣味・実用 ゲーム 芸能・タレント テレビ・映画化 芸術 哲学・宗教 歴史・地理 社会科学 教育 自然科学 医学 工業・工学 コンピュータ 語学・辞事典 学参 児童図書 ヤングアダルト 全集 文庫 コミック文庫 コミックス(欠番扱) コミックス(雑誌扱) コミックス(書籍) コミックス(廉価版) ムック 雑誌 増刊 別冊 ラノベ
窓をあけて、私の詩をきいて 名木田恵子(著/文) - 出版ワークス
..
詳細画像 0

窓をあけて、私の詩をきいて

四六判
重さ 319g
192ページ
定価 1,500円+税
ISBN
9784907108304
Cコード
C8093
児童 単行本 日本文学、小説・物語
出版社在庫情報
不明
初版年月日
2018年12月
書店発売日
登録日
2018年10月3日
最終更新日
2018年11月19日
このエントリーをはてなブックマークに追加

紹介

大切な想いをそっと、抱きしめる――名作「赤い実はじけた」の著者がおくる、いまいちばん読みたい恋物語

主人公・水鳥(みどり)には咲野(さくや)と暁生(あきお)という大切な幼なじみがいる。
三人の仲間の中で、水鳥は秘密を抱えている。
ひとつは、詩を書いていること。もうひとつは、同性の咲野に特別な感情を抱いていること。
中学2年の秋、暁生の友人の眩(げん)が仲間に加わり、水鳥の詩が彼の目に触れたことで、三人の関係が少しずつ変わっていく……。
相手を想えばこそ言葉にできない切なさを鮮やかに描く、永遠・普遍の恋物語。

詩人・文月悠光氏絶賛! 本書に寄せるエッセイ「わたしたちの夜明け」を書きおろし。

目次


夜明け

著者プロフィール

名木田恵子  (ナギタケイコ)  (著/文

東京都生まれ。児童文学作品を中心に幅広く活躍。作品に『赤い実はじけた』(PHP研究所)「ふーことユーレイ」シリーズ『風夢緋伝』(共にポプラ社)『レネット 金色の林檎』(金の星社)『小説キャンディ・キャンディFINAL STORY』(祥伝社)『ラ・プッツン・エル 6階の引きこもり姫』(講談社)など。

上記内容は本書刊行時のものです。